忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」をより楽しむことを目指しています。写真の合成加工作品も掲載。

デススト:落ちる。転ぶ。流される。

「回収して届けろ」って荷物、ワザと一度に見つからないようになってるの?
も~~~、流れの早い川を何度遠回りして渡ったことやら。
川幅が広いのでハシゴを渡せず(ここに橋を造ろうかなー・・・)

ミュールに奪われた荷物も然り。
8個回収するのに3か所あるポストをチェック。
「2個足らないじゃん~~~」って再度ポストをチェックしなくてはならず。
で、残りの2個入ってるポストがあった。
こっちが6個回収した後、残りの2個をポストに入れてたってことのようで。手間かけさせやがって(苦笑)


※「MGS2」のオルガより、脇の毛が薄いサムさん。

最近ミュールは油(?)みたいなのを撃ってきやがりますの。
足元を狙って転ばせる作戦の模様。
滑って転んで何度も荷物をぶちまけてしまうわ(ミュールも転んでたけど)
何かもう、ワーワーやってる(笑)

そして今回は配達人指名なしの荷物を配達しましたが、エンジニアとお爺ちゃんのところを何往復もしましたわ(苦笑)
そのお陰で、お爺ちゃんとの親密度は高くなってきた。

「覚えた道だから、ついでに~」って思っていたら、止め時を見出せず。

そうそう、橋をひとつ造りました。
先日、思い切りサムが落下しちゃったクラックのある場所。
まだ橋を架けたい場所が沢山あるんだけど、材料運ぶのが面倒(苦笑)


※プレー中に来客。ゲームをつけたままにして戻ったら寝ていたサムさん。


※車とかバイクを乗り捨ててるように停めてあり、邪魔だったのでキチンと駐車しておいたわ(笑)
次に使う人のことを考えましょう~。
ってか、出入り口を塞ぐように停めんなよ!

只今、Ep5に突入中。
サム指名の荷物は後回し。








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR

MGSV:TPP トボトボ歩く敵兵に笑った

PS3のコントローラーが不具合。
それでPS3で使えるというコントローラーを買ったんですが、「全然使えねぇ!」ということで無駄になってしまった模様。

私もいじってみましたが、確かにスティックの動きがなめらかじゃない。カクカク動くので狙撃するにも焦点を定められない。

TPPをプレーできずにいた連れは、起動したついでに不具合のコントローラーを騙し騙し使ってプレーし始めました。
サイドオプスの「百戦錬磨~」ってミッション。
まぁこれは何度も何度もやったミッションですけどね。


「お前は蛇ではない。鬼となれ!ヴェノム!」by kakinomoto

連れは「ターゲットのレベルが低いんだよなー。回収する意味あんの?」と言いながら、ターゲットが気づくようデコイを投げた。
それに気づいたターゲットと、近くにいた一人の兵士。
彼らが近づいた時に△を押したようで、人形が出た衝撃で気絶したわ。

「今回は楽だったな」だって。

しかも拠点へ差し掛かる前、走行するトラックを引っ掛ける電磁ネット(?)を道に設置してたんですね。
で、引っ掛かったトラックは頂戴し、気絶してる兵士二人のレベルチェック。
連れは「あ、こいつらいらねぇわ」と放置(笑)

そして「ここに来たついでに色々回収するかな」と改めてヴェノムさんを攻め込ませます。拠点の制圧を済ませ、物色する連れ。
すると少し遠くの方で赤いマーキングが2つ動いていた。

私は狼などの肉食獣かと思ったんですが、「援護に来た奴らかもしれん」と連れが双眼鏡でチェック。
なんとトラックに乗ってた兵士が並んでトボトボ道を歩いてた(笑)
トラック奪われて、仕方なく歩いている感じ。
「トラックなくても、次の拠点に向かってんのか?任務に忠実で大したもんだ」と褒める連れ(苦笑)

初めて見ましたけど、こういうこともあるんですね。
細かいわ~。


私自身は「デススト」をやってますが、キャラへの感情移入はヴェノムさんの方が強いですね。「MGS」自体、好きなキャラが多いですけど。
「デススト」は展開自体が謎ばかりなので距離感が生じます。
キャラは実物の俳優さんってこともあるし、「演じてる」という感が拭えません。

やっぱ、私はヴェノムさんが好きなんだな~と、久しぶりに連れがプレーしてるのを見ながら再確認しました。








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

裏話:最終章 #6@ゲーム・オブ・スローンズ

第七章までの繋ぎで始めた「裏話」ですが、「ゲーム・オブ・スローンズ」自体の関連記事も終わりを迎えます。



◆最終章 第六話「鉄の玉座」
  • このエピソードでは、第六章以降登場しなかったエドミュア・タリーとロビン・アリンが再登場する。
  • ロビン・アリンは、ジョン・アリンが亡くなった第一章からアリン家の長であり谷間の主であった。ドラマの中では最も長い支配者だったことになる。
  • ブライエニーが王の楯としてジェイミーの功績を記述してるシーンには、「ゴールドロードの戦い」というネーミングが登場する。これはGOTのWiki管理人が独自につけたネーミングであり、それをドラマで用いたようだ。
  • ブランが王になり、王の楯の胸当ては「三つ目の鴉」の絵柄となっている。
  • ポドリックは従士から騎士に昇格した。彼は王の楯の一人となった。
  • ジョン・スノウが北へ追放されたことは、皮肉にもトアマンドがジョンと別れる際に言った台詞通りになったことを示す。トアマンドの言葉は「You never know. You've got the North in you: the real North」(お前は知らないだろうが、お前は北部そのものなんだよ。本当の北部のことな)…これは、野人の住む北部を指す。
  • グレイワームと穢れなき軍団がナース島へ向かうかどうかは不明。
  • そして、ドスラク人たちがその後どうなったのかも示唆されていない。
  • 死の軍団が壊滅し、ナイツウォッチはどうなるかジョンは尋ねた。ティリオンは「落とし子と壊れた者の居場所は必要だ」と答えた。ナイツウォッチは犯罪者や亡命者の行先として残るだろう。
  • この最終章最終話のラストシーンは、ドラマのスタート第一章第一話の冒頭のシーンと同じ。北の壁(黒の城)の扉が開き、そこから出ていくシーン。
  • ジョンの運命はエイモンと酷似している。二人ともターガリエンで鉄の玉座の真の後継者だったが放棄した。異なるのはエイモンは自らナイツウィッチとなり、最終章のジョンは罰として送られたこと。
  • 最終章の終了時点で生存者のいる貴族は、スターク家、ラニスター家、アリン家、タリー家、グレイジョイ家、ターリー家、そしてバラシオン家。ジョンが生存していることで、一応ターガリエン家も残ったことになるが、北部に追放された彼は家名を受け継ぐことはないだろう。
  • ブライエニーはドラマ上で王の楯の指揮官となった描写はされていない。しかし、小評議会の一員であること、王の楯(ジェイミー)の功績を記述していたことで、彼女が指揮官であろうと推測できる。
  • ジョンはサンサとアリアに別れを告げ、新しい王ブランに跪いた。これはかつてウェスタロスを征服したエイゴン・ターガリエンに北部の王スタークが跪いたことの逆転を示す。
  • ヤーラ・グレイジョイはデナーリスに忠誠を誓ったにも関わらず、死の軍団との戦いにも王都への侵攻にも加勢しなかった。
  • 第七章のみ外れているが、シーズン毎に少なくとも一人の君主が死ぬという伝統(?)が最終章では復活した。
  • デナーリス・ターガリエンは、ドラマ上で一番最後に死ぬメインキャラクターとなった。
  • 世界から更なる破壊を防ぐため、愛するデナーリスを刺したジョンは、原作で言及していた「Azor Ahai」を表現しているとも言える。
  • ジョン・スノウが愛した2人の女性(イグリットとデナーリス)の酷似点。最初は敵視していた相手。「炎」に関係している(イグリットは赤毛で、野人はそれを”炎にキスされた”と言う)。二人ともにジョンの腕の中で死ぬ。
  • 原作から基づいた未検証のファン理論が存在している。それは「ジェイミーとサーセイは狂王エイリスの子供である」ということ。理論が正しいと仮定した場合、ジェイミーとジョンは共通する側面があったということになる。
  • サムとティリオンは2人とも父親から疎外され続けていた。そして皮肉にもサムは上級メイスターとなり(メイスターを目指すことを父親から馬鹿にされていた)、ティリオンはラニスター家の主となった。
  • ウェスタロスは封建社会から民主社会へと移行したが(君主をその都度選ぶこと)、それを前々から取り入れていたのはナイツウォッチと鉄諸島。
  • ウェスタロスはかつて七王国としてそれぞれが独立していた。北部だけが独立に拘っていた理由が明確にされていない。
  • 北部が独立することは、他の貴族や諸侯が認めていることがハッキリしている。叔父であるエドミュア・タリー、従弟のロビン・アリン、アリアの友人ジェンドリー・バラシオン。ティリオン・ラニスターも容認しただろう。
  • ヤーラはデナーリスに鉄諸島が独立することを願ったが、結局独立はせずに六王国の一員となった。
  • 過去シーズンのラインと重なる点として、
    • デナーリスはカール・ドロゴが七王国を征服すると宣言した際に言っていたことを実行した。
    • デナーリスに幻滅したティリオンは、ロバートの計画に呆れたエダードと同じように王の手のピンを外した。
    • ヴァリスがエダードにジョフリーを真の王だと宣言させるため、「娘たちの命は大事ではないのか?」と言ったことと同様、ティリオンはジョンを説得するために「次に狙われるのは妹たち」と言って危険性を持ち出した。
    • デナーリスはジョンに反乱を起こした者に対し、あなたならどうするか?と尋ねた。それはナイツウォッチ総督だったモーモントを殺害した者や自分を殺害したアリザー・ソーンをジョンはどうしたか思い出させる。
  • サムが「氷と炎の歌」にティリオンに関する記述はないと告げたことは、かつてヴァリスが「我々は歴史に残らない」と言及したことと重なる。しかし実際の小説「氷と炎の歌」ではティリオンの記述は他キャラより多いので、ジョークである可能性がある。
  • ダヴォスはブロンの文法の誤りを指摘した。第七章ではジョンの文法の誤りを訂正した。彼はスタニスから的確な文法の重要性を受け継いだようだ。
  • アリアはレディ・クレインに言ったことを実現する旅に出る(西へ向かう)
  • エラーとして、ドラゴンピットのシーンでいくつかプラスチックのボトルが映り込んでいた。HBOはデジタル修正したが、ストリーミングサービスの映像によっては残ったままのものがあるかもしれない。
  • ツッコミどころ其の一:ジェイミーとサーセイの遺体は崩壊した建物に圧し潰された割に綺麗だった。
  • ツッコミどころ其の二:ブライエニーはジェイミーの功績の記述を書き終えると、すぐに本を閉じた。インクが乾くまで待つべきだった。


     *・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*

以上で、「裏話」を完了します。
読みにくい記述だったとは思いますが、ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

「ゲーム・オブ・スローンズ」に関しては2016年の第六章から本格的に記事にし始めました。ドラマを見始めたのは、日本で放送開始した2013年からです。
自分でも「よくぞ見続け、書き続けてきたもんだ」と思ってます。

当ブログの「ゲーム・オブ・スローンズ」関連は600ページ以上となりました。自分でも何を書いてきたか忘れてます(笑)

気が向いたら、海外のサイトを巡り続けてきたことの思い出なども含め、「覚書」「余談」みたいな記事を書くかもしれません。

ひとまず、世界中のGOTファンの皆様ありがとう。
そして、さようなら。
貴重な三年半でした。









★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★