忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」をより楽しむことを目指しています。写真の合成加工作品も掲載。

GIMPで合成加工:どんな合成画像にするか?のイメージが重要

小出しにしている加工画像です(苦笑)

「合成加工」をする上ではイメージが重要になってきます。
イチから描く絵画と違って既にある画像を使用するわけですから、ゼロから生み出すイメージとは異なってくると思います。

なぜなら、自分で具体的なイメージを頭に思い浮かべて「こういった合成加工画像を作成したい」と思っても、合致する写真を探すとなると大変だからです。

私の場合ですが、被写体の人物を見てイメージする場合と風景などの背景写真を見てイメージする場合があります。
その上で色々と組み合わせていく写真を見つける時間の方がかかります。

これも合成加工したものです↓

3DCGのマネキンみたいな画像。これに合いそうな背景画像を探しました。もちろんCC0画像です。
「もう、これしかないだろう」という画像を見つけて合成しました。
まるで、最初からその二枚を組み合わせろと言わんばかりのピッタリさ・・・だと私は思いました、

合成加工自体は大した工夫してません(苦笑)

次も人物画像は3DCGです。
音楽を聴いてる感じがしたのと、何となく近未来的なイメージを持ちました。

自分でストックしていた画像(CC0)を複数合わせての合成。
女の子の髪色に合わせて色を統一。

あと、私はやはり音楽を頼ります。
特にEpic音楽なんかはイメージが湧きやすいですね。
SFやファンタジーっぽく合成加工したい場合、音楽を聴きながらやってます。

何を表現したいか?というのも重要になってきますよね。どんな世界観にするかってことですが。

上の人物画像(3DCGですが)を見た時、宇宙的規模のスピリチュアルをイメージしました。ただ、どう表現するかで悩んで音楽を聴きました。

その時に聴いたハンス・ジマーの曲。
映画「ダークナイトライジング」より。

Epic音楽や映画などのサントラは素晴らしいものが多いです。
イメージを膨らませるのに欠かせません。

次はオーソドックスな感じな合成加工です。
この人物は本物の人間(苦笑)

まず女性の写真を見た時にブワワ~っとイメージが湧きました。
それは、恋焦がれているようなイメージ。
そのための演出をどうするかは悩みましたけど(笑)

門みたいな建築物は3DCGなんですよ。
それを風景画像に馴染むように合成。そして手紙の画像も(恋文みたいなつもり)


合成加工してると方向性みたいなものが固定しちゃう人が多いですが、写真を見てイメージを膨らませる私はこのようにバラバラです(苦笑)






ゲームばっかりしてるように見えて、傍らで合成加工もやってます(苦笑)
でも最近のゲームのグラフィックは刺激を受けますね。










★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR

ゲーム「ウィッチャー3」のイメージ画像を作成してみた

ゴシック的な世界観が大好きなので、張り切って作成してみました。
このゲームはまだやり始めたばかり。
どんなゲームなのかは完全に掴めてません(苦笑)
プレーはチュートリアルの段階。操作もオタオタしております。

「とりあえず、薬草とか摘んでおけばいいん?」みたいな状態ですけどね(笑)

ですから、あくまでも冒頭に於ける私が抱いたイメージです。
ゲームをやり込んでる方からすると「違うわ」と思われるかもしれません。


※クリックすると大きく表示されます。

このゲームの世界観ってものがあると思います。それにピッタリかどうかは、ゲームを始めたばかりなので間違ってるかもしれませんが。

作成時に聴いてた曲も一緒に紹介します。
Epic音楽も「良さげ」というのがありましたが、怪物や魔物退治のバトルに合いそうだな~ということで、今回はギリシャのロックバンド「Rotting Christ」の曲。
明暗の付け方などのイメージを膨らませました。



基本、私は音楽を聴きながらイメージすることが多いんです。
切り離せない存在。








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

GIMPで合成加工:今回は人物中心。様々な感じで合成

ちょっと最近は風景に力入れていたので、今回は人物に合わせた様々な感じに合成。被写体は大概上半身のみ写ってるという画像。

上半身のみの被写体の画像(しかもカメラ目線)って案外難しんですよねぇ~。
どうしてもデザイン要素というか、演出力が必要になると思うんですよ。
私は表現の発想が乏しく結構悩むので敬遠しちゃうんですが。

最初の画像は「スチームパンク」です。
頭の中にあったイメージ(ペンで描いて薄く色付けしたような)を何とか表現できたかなぁ~?と。

挿絵のような、そんな雰囲気にしたかったのです。
お爺ちゃんは本物の人間です。

次は少しお洒落に。

イメージに合う背景を探すのが大変ですけど、良い画像が見つかりました。
私のレベルではこれが精一杯(苦笑)

続いて。
これは上半身だけじゃないですけどね。
3DCGのゲームにありがちな感じにしてみました。キャラはフィギュアかな?
よくわかりません(笑)

モヤッとした感じにするのがポイント(かな?)

最後は「レタッチ」してからの合成です。
最初見た時、作成者の方には申し訳ないんですが「あ~~~~~」と。
だって鶴太郎さんみたいな顔ですし…。

まずオリジナル画像。

ぶっとい眉毛に、この髪色のロン毛である。

レタッチ後の合成です。

少しはマシになったと思う(どうしても、こういう手の顔になるなぁ私)


今回は以上です。








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★