忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

第八章「結末への方向性は?」のまとめ@ゲーム・オブ・スローンズ

長きに渡り、「結末」に関する予想などを取り上げてきました。
今回は個々のキャラクターがどうなるかはさて置き、ドラマの物語自体、どこへ向かって進んでいくんだろう?という件に関してです。
とりあえず、現時点まで私が注目している予想をまとめておきます。


ドラマの結末に関する関係者の反応


HBOのお偉いさんが第八章の脚本を読み、結末に関しての印象は「叙事詩的である」と述べていました。
そして、出演俳優たちが脚本の読み合わせが終わった際、「涙ぐむ人もいた。そして全員が拍手をした」と。

結末に関して、出演俳優はインタビューで「驚いた」「素晴らしい結末ではあるが賛否は分かれるだろう」と答えているのが共通しています。
先日ティリオン役のピーターさんは、「今まで見たことがないものを見るだろう」と述べました。

当ブログで紹介した結末予想は?



私自身、海外のファン・ブログなどを読んだりして、興味深い視点に関することを都度当ブログで紹介してきました。
神話等に基づいたり、深い洞察力による予想が主ですけど、共通している結末の方向性がほぼ同じで「終末」「黙示録」などに言及してます。

当ブログの記事はバラけてますので、ここでまとめておきます。

「光の王」は終末を目指している

ドラゴンはホワイトウォーカーと戦わない?

「時の車輪」と「ゲーム・オブ・スローンズ」


また、そこまで悲惨にはならないだろうけれど「ウェスタロスから人間が脱出する」という予想も出ています。

映画「パンズラビリンス」との共通点



この映画は様々な解釈をされているほど深い作品です。
心理学的な見地からも解釈されているんですねぇ。
映像に於いても隠喩が多いとされてます。
上のポスターの木は「子宮」に似ており、中央部分は女性の陰部。そのことから、誕生や復活を意味しているのでは?と言われてますけどね。

◆共通点「目」

「パンズラビリンス」の主人公である少女は、牧神である角獣パンの像に出くわします。その像には片目がなく、少女はその目を探し出して像に戻します。
するとパンが現れ、少女は「黄泉の国の王女」であり、その国へ行ける方法として3つの試練を乗り越えねばならないと告げます。
その時から少女は魔法のような探求が始まります。

映画は「目」「見ること」を重要視している部分があります。
しかしそれは、視覚として見ることではなく「第三の目」で見ること。
これはGOTに於ける「三つ目の鴉」にも通じることです。

また、アリアも同様でシリオ・フォレルから「見ることと観察することは違う」と指導され、黒と白の館でアリアは盲目になり、視覚に頼らぬ見方を体得したと言えるでしょう。

そして「ホルスの目の神話」では、右目は現実を具体的に捉える役割があり、左目は霊的・精神的なものを感知するとしてます。
GOTの第七章のポスターは、キャラクターの左目の瞳に夜の王が映っていることに注目して下さい。


◆共通点「誰でもない者」

少女に「あなたは誰?」と尋ねられたパンは、「私は多くの名で呼ばれてきた。私は山、森、地球・・・」と答えた。
これと似たようなことを言ったキャラは「三つ目の鴉」「ジャクェン(仮名)」


◆共通点「犠牲・代償」

少女の母親は弟を出産した直後に亡くなりました。
母親の命が代償となった出産でした。
「パンズラビリンス」では犠牲・代償という要素が少女に対する3つの試練に組み込まれています。パンは少女が試練を乗り越えるために導いていく役割。



「黄泉の国の王女」として国に戻ることが少女の願望でした。
これはGOTのデナーリスと幾分重なっているようにも感じます。
・・・となると、デナーリスにも大きな試練が待ち構えているかもしれません。究極の選択、自己犠牲の方向になるかもしれません。
「ナイトランド(黄泉の国)」には、カール・ドロゴが待っている(?)
その国でカリーシになるのかも。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「パンズラビリンス」を「少女の単なる妄想の話」と片付ける人もいます。
しかし、精神的な目で見るべき映画とも言われてます。

パンが悪者に見えますが、少女を苦難の日々から解放するために導く役割を持っています。夜の王も悪者に見えますが、実は・・・ということはありそうです。
そもそも戦争を始め、人々を虐げているのは人間自身。亡者は人間同士の争いなどで死んだ者が大半でしょう。

そして、ヴァリスは「弱い者が虐げられない世界」という風に理想を語っていました。それはもしかすると、ウェスタロスに森の子らが復活し、再び自然と共存する世界になれば叶うなぁとも思います。

ヴァリスはそこへ辿り着くための旅なのかもしれません。

最後に、
ピーターさんが「今まで見たことのないものを見るだろう」とインタビューで語っていました。
まさに森の子ら生活するウェスタロスは見たことがないものです。
願わくば、そのようなエンディングが見たいと個人的には思ってます。

終わりは始まりに繋がっている。








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR

GIMP:レタッチ4連発~!

レタッチばかりやってる気がする(苦笑)

今回はレタッチ4連発です。
尚、基画のモデルさんを侮蔑しようとする意図はありません。


顔の輪郭を中心にレタッチ。
顔のパーツは、目の一部、鼻、口をいじりました。
少しリップカラーの変更はしましたけど、メイクはそのままです。
ごってりメイクはしない方が似合ってますので。



この方は、とにかくアイメイクですね。
パンダのようなアイメイクはどうなんだろう?と。
老け顔になっちゃってましたので、特に目の下のメイクは消しました。
そしてアイシャドウはパープル系を少し入れてみました。

基画の唇はカサカサなので、そのカサカサを消してリップを施してみました。リップカラーは、ストールの赤っぽい模様の色に合わせてます。
鼻は少しだけ小さくしました。



この方の第一印象が「ひし形」
それを軽減させるように顔の輪郭、髪型(頭の形も含め)いじりました。
顔のパーツは目の一部、鼻、唇(上唇)をいじり、ネイルの色も引き立てたかったので、アイシャドウにピンクも加え、それに合わせてリップカラーもピンクに。


最後です。
これは体型を変えるという、初のレタッチ。


やっていくうちに、何が何だかわからなくなってしまいまして(笑)
もうこれが精一杯です。
二度と体型のレタッチはやらない(苦笑)



今回は以上です。







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

GIMP:ダーク系とホラー映画のポスターもどき

どっちかと言うと、ダーク系は好きなんです。
幻想的で綺麗なのも好きですけど(どっちなん/笑)、たまに不気味なものを作りたくなるというか。

私は映画監督のティム・バートンの世界観が好きなので、「ああいう風に加工できたらいいなぁ~」と思ってます。

ではまず、ダーク系の合成加工画像から。


不思議な国のアリスをダークな感じにしました。


人物自体、最初から何か病んでる感じだったので・・・。
これは窓枠の向こう側に人物画像を置くのが面倒くさかったです。途中で止めようかとも思いましたが(苦笑)


適当に(笑)


ここからは、ホラー映画のポスターもどきです。
ちょっと怖く加工してますので、苦手な方は気をつけて下さい。
まぁ、私自身「エクソシスト」がトラウマなくせに「ようやるわ」・・・と思いながら加工しましたけどね。

最初は基画像です。

この方を恐ろしげな顔にレタッチ。


おっかないでしょ~(苦笑)
眉を消しました!って跡が残ってますけどねemoji

その画像でポスターもどきに加工。

タイトルロゴが適当すぎる(笑)

あともう一枚。
あまり恐ろしげではありません。


またもタイトルロゴが適当(ロゴ作成は苦手~emoji

ハロウィンにかこつけて、今回は陰気臭い合成加工でした。
以上です。









★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★