忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

第八章 撮影打ち上げ@ゲーム・オブ・スローンズ

第八章のすべての撮影が終わったわけではないでしょうが、ほとんど撮影終了となっていると思います。
既に自分の撮影分を終えた俳優も多いです。



で、6月30日(日本時間7月1日)にラップ・パーティ(打ち上げ)が行われた模様。このパーティには、過去シーズンに出演した俳優さんも参加。
オリー役とシリーン役の子もちょっと大人になった姿を見せてました。

D&Dのご挨拶↓

ミッサンデイ役のナタリーさんの別れのお言葉↓


まだVFX作業や編集作業は残っているでしょう。
表に出る情報もこれから益々減ってきます。
関心事は、いつteaser trailerが登場するか?ということになります。

個人的には、過去シーズン67話分の放送をいつスターチャンネルが始めるのか?ということも注目してるんですけどね(笑)

第七章の時は放送開始日にピッタリ合ってたんですよねー。
第一章から連続放送をスタートさせ、第六章の最終話は第七章開始のちょうど一週間前に放送しましたからね。
「第七章の放送開始日、早い段階で知ってたのか~」と思いました。

まぁ、テレビ局は放送スケジュールを計画しなければなりませんので、HBOは予め各国の放送局へ伝える必要がありますからねー。台詞の翻訳もありますし。

そういうことで、スターチャンネルがいつ第一章から連続放送を開始するか。
ちなみに昨年同様に一週間で2話ずつだと、約34週必要になりますね。
ひと月4週とすると、約8ヶ月半(9ヶ月くらい)必要です。

んん~、もしも来年の春から第八章の放送スタートだとしたら、週に2話ずつだと間に合わんなぁ~。
teaser trailerの登場に合わせて第一章~第七章を放送開始するでしょうかね?







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR

三つ目の鴉の言葉の謎@ゲーム・オブ・スローンズ

第四章の最終話、ブランは三つ目の鴉のもとへ辿り着きましたね。
その際、三つ目の鴉が言っていた言葉に疑問を抱くファンがいます。

 

では、ブランが三つ目の鴉と対面したシーンでの会話をザッと振り返ります。

三つ目の鴉は、ジョジェンが命をかけて旅を始めたこと、そして千と一つの目ですべてを見ていたことを話しました。

ブランはジョジェンが洞窟の手前で死んでしまったことを悔やむと、
三つ目の鴉「彼はお前が失ったものを見つけるために死んだ」
ブラン  「また歩けるようになる?」
三つ目の鴉「歩くことはできないが、飛べるだろう」

この会話の重要なポイントは、三つ目の鴉はブランが「失ったものを見つける」と言っていることです。

ブランは続いて「歩けるようになる?」と尋ねました。
ブランにとって失ったものは「歩けること」だからです。
しかし、三つ目の鴉は「歩けない」と答え、「しかし飛べるだろう」と告げていました。

普通に考えれば、「飛べること」はブランが失ったものではありません。
ならば、ブランは一体何を失ったのか?という疑問です。
しかも、それを「見つける」と三つ目の鴉は言いました。

これに関して「過去の記憶ではないか?」「森の子らと共存ではないか?」などの意見が出ています。

さぁどう思いますか?

その台詞の真意は第八章でわかるんでしょうかね?


emoji
さてさて、話は変わるんですが、
キット・ハリントンとローズ・レスリーの結婚式が23日に行われました
おめでとー♪(キットの髪や髭はそのままでしたね。まだ撮影が残ってるのかな?)

ローズさん、とてもいい笑顔~。
GOTのキャストも駆けつけてますね。
ソフィー・ターナーは、「その服どうなん?」と巷から突っ込まれてたみたいですけど。









★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

GIMPで簡単に背景を変える合成方法

合成って背景を変えることが主ですね。



通常、背景を変える時は切り抜きを行い、他の画像と合成していきます。
このように↓(合成加工スタート時)


こういう風な合成ですと腰が引け、「切り抜き面倒だしぃ~、簡単な合成方法ってないのぉ~?」と思う方もいるでしょう。

「なくはない」

人物の背景が街並みや自然風景ではなく、壁などでしたら雰囲気を変えるための合成はできます。
対象画像が限定的ですが、参考までに紹介します。

今回はわかりやすいよう、人物画像と花柄の画像を合成。



1. 合成するテクスチャ画像にレイヤーマスクを追加する。


合成するテクスチャ画像で右クリック。
「レイヤーマスクの追加」→「完全不透明(白)」を選択。
そして、テクスチャ画像のレイヤーモードはオーバーレイにします(画像によって、レイヤーモードは他を選択した方がいい場合もあり)

2. 人物と重なった柄を消す。


ブラシを用いてで消していきます。
そうすると、このようになります↓


3. 色を調整する。

この作業は必ずしも必要ではありませんが、合成したテクスチャ画像との色のバランスが悪い時は、馴染ませるために調整します。
馴染ませ方はこちらを参考にしてみて下さい。

背景画の色を調整する場合は、レイヤーマスクの追加がされている状態ですので、右クリックし「レイヤーマスクの適応」を行ってから。

完成♪
少しヴィンテージっぽい色合いにしました。


簡単♪







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★