忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

映画「追憶の森」

ガス・ヴァン・サントがお届けする、死に向き合うお伽話。
ご都合主義的な印象もありますが、心の奥に何か残るものを感じた作品です。
原題は「The Sea of  Trees」で、思い切り「樹海」ですが邦題は「追憶の森」という、少しドラマチックなニュアンスにしましたね。
まぁ「樹海」ってタイトルにはできませんね。



2015年/米
【監督】ガス・ヴァン・サント
【出演】マシュー・マコノヒー、渡辺謙、ナオミ・ワッツ

【あらすじ】
アメリカ人のアーサー・ブレナンは、日本の青木ヶ原の樹海へやって来た。
森の中を彷徨ったアーサーは意を決したように薬を飲む。するとそこへ、一人の日本人男性が助けを乞うかのように現れた。
日本人男性はナカムラ・タクミという名で、家族の元へ帰りたいと泣き出す。



ガスさんの監督作「グッド・ウィル・ハンティング」や「永遠の僕たち」を彷彿させる作品ですが、今回は「傷ついた大人編」という感じでしょうか。

カンヌ国際映画祭で上映された際、ブーイングが起きたらしいです。
「はぁ?何でブーイング?」と思った人も多かったようですけどね。
お伽話のようでご都合主義っぽく感じたからでしょうか?
私はそんな現実離れなお話でも「いいじゃん!リアルに描けば良いってもんじゃないわ」と思いますけど。

「死ぬために森へ来たけど家に帰りたい」と訴えるナカムラのため、アーサーは奔走します。しかし、森の中で迷ってしまって大変!
徐々に弱っていくナカムラのために頑張るアーサーという様子が中心。
そして、なぜアーサーが日本の青木ヶ原へ来たのか?という理由が徐々に明かされていくという構成ですね。

青木ヶ原で撮影した部分もあるそうですが、大半はアメリカの似たような森での撮影だったそうです。
日本人ならどうしても樹海はネガティブさを感じる場所。
複雑な気持ちにはなります。

大雑把に総括すると、この作品はやや「素晴らしき哉、人生!」っぽい。

それにしても、マシュー・マコノヒーは俳優業を少し休んだ後の活躍っぷりが凄まじい。ロマコメ男優になりそうなところ、見事にモデルチェンジしましたねぇ。
彼の熱演で泣いてしまいましたよ。




ここから先、ちょっとネタバレ気味になります。注意。



奇しくも、ここ最近「家族を失った遺族」という題材の映画を続けて見たんですよ(偶然です)

アーサーが苦悩を吐露した時、亡き妻に謝ることができないと訴えていました。
そして「許してくれ」と何度も何度も。
人は苦しいと感じるのは罪悪感、そして自責です。

ガスさんの監督作「グッド・ウィル・ハンティング」
その作品の涙腺破壊のシーンは、「キミは悪くない」と繰り返し言ってたシーンでした。自分自身を責め続けていた青年に対して、精神科医はその言葉を繰り返しましたね。

「キミは悪くない」

そして「永遠の僕たち」の主人公の少年は、交通事故で両親を失い、自分だけが生き残ったことで罪悪感を感じていました。
少年は自分が生きている価値はないと感じ、やがて死に対して興味を持ち出した・・・という話でした。

私はその両作ともに好きです。
綺麗ごとでまとめてるというのはあるでしょうが、心にズシリと残るものがありました。今回の「追憶の森」も同様です。

ところで、
「キイロ」「フユ」
最初は「妙な名前だなぁ~、娘が”フユ”という名前ってやけに古臭いわ」と思いましたが・・・途中で「あ!!!」と気づきましたね(日本人ならわかる)

「アメリカ人は脇見運転の事故が多いな」という事故パターンはツッコミどころでしたけど(苦笑)
また、いきなり脇から車が突っ込んできたわ~と。
ジェイク・グレンホール主演の映画「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」も同じパターンでの事故でしたし(その映画にもナオミ・ワッツが出てましたねぇ~そう言えば)







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR

2018年度エミー賞!!@ゲーム・オブ・スローンズ

ピーターさん、おめでとうございます♪



助演男優賞でエミー賞を受賞しました。

エッソスにいる時のティリオンの軽さに、私は少々不満を抱いていました。
第七章でウェスタロスに戻ったティリオン。
久しぶりに(第四章以来)ジェイミーやサーセイとのシーンがありましたが、彼らの共演は素晴らしいのだと再確認しました。
特にサーセイとの密談のシーンは、「ティリオン!!」という感じでしたねー。




【追記】:
作品賞~~~~emoji
他、いろんな部門で受賞した方々おめでとうございます。

バックステージでのインタビュー。










★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

結末に一騒動起きる予感?@ゲーム・オブ・スローンズ

キット・ハリントンはまだ髪や髭はそのままですね。

昨年当ブログで紹介した、映画「The Death and Life of John F. Donovan」が完成し、プロモーションの場に登場。
彼の姿がまだ”ジョン・スノウ”のままです。
HBOとの契約は続行中の模様。
恐らく、追加シーンなどの撮影があった場合に対応できるようにだと思います。

ちなみに、過去シーズンで追加シーンとなってたのは、第一章のティリオン、シェイ、ブロンがテントの中でゲームをしたシーン。
第二章、シオンがロブ宛に書いた手紙を燃やすシーンなどです。



キットはいくつかのメディアからインタビューされ、勿論「ゲーム・オブ・スローンズ」に関しても質問されていました。

「で、結末はどんな?」みたいな質問に、
「みんなが喜べるものではないだろう」――的なお返事。

これは、他の俳優さんと同じようなニュアンスなんですよねー。
つまり「誰もが満足できる結末ではない」ということ。

「結末自体は素晴らしいが・・・」と前置きした上で、賛否が分かれるとも言っていました。キットも同様な見解です。

これはやはり、個々のキャラクターのファンを失望させることになる可能性が益々高まってきました。
過去記事にも書きましたが、様々な情報を踏まえると、デナーリスにどんでん返し的な何かが生じると私は思います。
善側にいたはずのデナーリスが荒ぶるのかも。

デナーリスのファンはホント多いですからねー。
そのファンたちも荒ぶるかもしれません(苦笑)
「デナーリスはそんな子じゃない!!何でよ!!!」と、ファンが怒りまくる展開になる可能性が高いと、私は予想してます。

第一章、あの妖女を火炙りにしてる炎の中でドラゴンが誕生した・・・その要素は無視できないという意見がありましたが、果たして??


上の画像を加工する際イメージした時の曲です。
    ↓
Children of the Sun

この曲も大好きです。
是非聴いてみてください。







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★