忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」をより楽しむことを目指しています。写真の合成加工作品も掲載。

デススト:ゲームクリア…そして感じたこと【ネタバレ】

毎日せっせとプレーしたわけじゃないですが、ゲームを開始してから2か月弱。Ep8で「指名なし依頼」を続けたことで、ストーリーの方は留まっていました。
そして、Ep9からは「指名なし依頼」をしてる余裕もなく話はどんどん進む。

Ep10でもストーリーそっちのけで配達しようと思いましたけど、天候の悪化によって阻まれたという感じ。

クラフトマンのシェルターがある地域では物凄い濃霧。
レイク・ノット付近は土砂降り。
荷物も劣化が激しく、とてもじゃないが配達できる状態ではありませんでした。
カイラル濃度の異変からかミュールもテロリストに変貌し、通常とは異なる区域にもBTが出てくる有様。
いくつかの依頼はやりましたが、諦めてレイク・ノットへ向かいました。

そこからもう、一気に終わりに向かいましたね。

私は他の人たちと違う場面で泣いたかも


「デススト」は興味深いゲームでした。
「死」も含めたテーマながら、主人公のサムは人を殺めません。
ですから、プレーヤーは「殺し」という行為を行うことなくゲームを進めていく(人を殺められる銃はあるけど、使用すると厄介になる仕様)

そしてこのゲームは「物流=配達」=「血流=生きる」という風に、生きることを遠回しに描いていたと思います。

いつも当たり前のようにある物。
家にある物のほとんどは色んな人を介して運ばれ、店頭に並んでいたものです。生活はそれで成り立ってるようなものだと、改めて気づかされた部分があります。

「どこかの誰かが支えてくれている」…私はこれが全てだと思います。

Ep10からも更に怒涛の展開へと突き進みます。
バトルが苦手な私はオタオタするばかり。


「もう、勘弁して・・・」という気分にもなりましたよ(苦笑)


そして最後の最後…

このデカいBTのキャッチャーが砕けたシーンで私は泣きました。

何故か?というと、どこかのサムが助けてくれたからです。
サムのひとりが差し出してくれたグレネードランチャーを拾い、それを撃ちまくりました。すると、どこかのサムも加勢してるような振動が伝わってきました。

私なんかが一発で倒せる相手じゃない。
血液グレネードを使い果たし、微々たるダメージしか与えられないアサルトライフル抱えながらプカプカ浮いてる車の上で「誰か助けて・・・」と思っていたら、本当に助けてくれた。
しかも私の下手な攻撃を見かねたかのように、加勢までしてくれた気がした。

「ありがとう、本当にありがとう」って泣いてしまった。

ストーリーは別として、構成や演出は「良かった」と言えぬ


私はハリウッドの娯楽映画よりは、単館系と呼ばれる映画をよく見ます。
世間では「つまんねぇ~」と思われる、地味~~な映画や難解な映画も数多く見てきました。

しかしゲームをしながら、奥深~いテーマやメッセージを読み取れっていうのは難儀なことです。いろいろ深く語ってる人もいますが、相手に伝わらないテーマやメッセージなら「無」に等しい。
映画でもそうですが、「読み取る」ことじゃなく「感じる」ことが大事なんです。頭じゃなく心にどう伝わるかじゃないの?

そんな私がこのゲームをやった上で注目してたのは、映画好きな小島さんがプレーヤーの配達していくプレー部分と、プレーヤーが脇に置き去りにされるストーリーをどう噛み合わせ、まとめ上げてるのか?ということ。

小島さんらしいと言えばそうなのだろうけど、話の肝心な部分は台詞頼りなのが相変わらずでしたねー。
しかも馴染みのない小難しい言葉が延々と続くのは、ちょっとなぁ~って感じ。
混乱するだけで、登場人物への感情移入や共感などは生じにくいです。

加えて青いサムのシーンでは、「で?」っていう感じ。


サムが立つ(操作で歩かせることが可能)、苦しそうにしながら座り込む・・・の繰り返し。
アメリが唐突に登場しながら自分語り。
それが終わるとクレジットが表示され、またサムが立つ~のループ。
プレーヤーが動かすカメラアングルによっては、喋ってるアメリが見切れちゃうという(苦笑)

プレーヤーが撮影カメラマンになった気分で、アングル決めていいよってことなんでしょうけどね。

最後の配送…マップが出ず「あれ?場所はどこだっけ?」
BBのテーマ聴きながら哀しがるどころか、サムをウロウロさせる間抜けな状況になったわ。だから「やっと到着した」って気分で、感傷的になれずに残念。

でね、私はダイハードマンを演じた俳優さんの演技に唸りましたよ。ウィル・スミスを凄く真面目な雰囲気にしたような俳優さんですよね。
あの時の演技では本当に泣いてたそうです。

パラレルワールド(並行世界)って考えるとシックリくる


「並行世界はある」と言う科学者もいますね。
「並行」という言葉ですから、横に並んでいるイメージを持ちます。しかし、中には紙が重なってるような感じだと考えてる人もいます。

「デススト」をそんな風に捉えると面白いですよ。
ページのように世界が重なっていて、別の世界のプレーヤーの落とし物が現れる。また自分が落とした物が数十ページ上の世界へ飛んでいく。

で、Ep10の序盤に出てきた水中に浮かぶ私自身。
この時サムと私は分離したんじゃないかな?と思います。

つまり、自由に配達操作していたプレーヤーとの別離の瞬間だったのかもしれません。その後辿ることは「私」の選択ではなくなるからです。

ストーリーの中盤辺りから、BB(ルー)はサム自身だろうと思っていました。
「過去・現在・未来は同時に存在する」とも言われていますからね。
並行世界ならば、BBのサムが大人になったサムと同時に存在していても不思議ではありません。サムは複数の自分と繋がっているんですから。

実際、ゲームは複数のサムが同時にいます。
プレッパーズの中にも複数サムがいるように感じる旨のメールを書いてました。

ジップラインで飛びまくるサム。地道に徒歩で配達するサム。バトルが得意なサム。ミュールにも手こずるサム。
山道でもバイクを滑走させるサム。よろけてバイクごと国道から落ちるサム。

Ep15は純粋に「配達ゲーム」となる


Ep15は「大統領就任式の二週間前」という設定です。その二週間前は、上の画像みたいにプレーヤーとサムが離れた状態ではない「別の世界」かもしれませんね。

「並行世界と時間」という観点からすると二週間前に戻らせたのは「有り」なんですが、ちょっと無理やりすぎますね。
配達依頼を全部終えてエンディングを迎える人は少数でしょうから、「Ep15からは、やり込みってことで」という作り。

でも結果的にサムはブリッジズから離れたと思わせるオチなので、違和感は生じてしまうなぁ~(気持ちの切り替えがいる)
プレッパーズが気の毒やんけ。
映画監督は「またキミが届けてくれるんだろ?」って言ってたのに。


とりあえず、私がクリアした時点での状態です。
プレミア配送をボチボチやってたところでした。
ゲーム進行がどうなるのかわからなかったのに、ここで区切られちゃうとはねー。










★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR

デススト:【ネタバレ気味】ようやくエピソード8を終える。そして…

このEp8に留まること約一か月(かな?)
勢い付ければ一気にできたと思いますけど、面倒だから下山しました(笑)
エピソード8最後・・・恐らくBT相手じゃないかと予想してましたので。なんせ”タール”があるところのようですし。

「悪夢」みたいな戦場じゃなく、今までにないデカいキャッチャーが現れるんじゃないかと。BTもゾロゾロ出てくるのか?とか。

いよいよEp8を終わらせる時がきた!


K7北配送センターでハートマン宛の依頼を受注(手ぶらで向かうのも何だし)
その配達でハートマンのところへ行き、いよいよダイハードマンの指示に従うこととなりました。


雪山を越え、テロリストに襲われないように「タールの海岸(?)」に辿り着きました。荷物の納品を済ませると、ダイハードマンは「向こう側まで渡って、K8北配送センターへ行け」と言ってきた。
メールでも渡るためのヒントが書いてありましたが、「そうは言っても、どうすりゃいいの?」と。

ぶっちゃけ、向こう側へ渡るまで何度かリトライしましたよ(苦笑)

●BTが登場し、それらを片付ける必要があるのかと思い、必死で攻撃。しかし次から次へと登場してきて地面に引きずり込まれ、大きなお魚さんにパクっとされてヴォイドアウト。

●BTは退治しきれないとわかり、ワザと引きずり込まれてみた。
そして大きなお魚さんに食われないよう大きな岩の上へ逃げるも、攻撃中に岩から落ちたところを追い詰められ、結局また食われてヴォイドアウト。

●お魚さんを退治するもんだと思って対処してましたが、やはりキリがなかった。武器が底をついたので自ら終了。

●お魚さんが登場すると壊れた建物が現れることに気づく(遅い)
ビクビクしながら避難先として向かった。そこでようやく、建物が橋代わりになることを知った。

やれやれだぜぇ~~~~!まったく( ˘•ω•˘ )

怒涛のEp9…最大の敵は足元の悪さ


今度はエッジ・ノットへ向かいます。
BTも厄介だけど、足元の悪さがキツかったですよ。
暗っぽいから足元が見えにくく、落下したり転倒したり。
繊細な動きが必要なのに大雑把に動くもんだから、段差を上がろうとしただけなのに飛び越えて落下とか、笑えないわ。


※宙に浮いてるヤツを撃つのは楽しかった。それで終わりなのかと思ってたのに。

金色のBT(ハンターと呼ぶらしいですね)が出てくるとは思わなんだ。ウカウカしてたら引きずり込まれて終了。K8北配送センター出発からやり直し。
あ~~!また、あの提灯みたいなヤツを撃たなきゃならんのか…。
最初は楽しかったけど、二度目は面倒くさくなった(笑)

金色のハンターが出てくる可能性を考え、グレネードランチャーを地面に撃ちまくり(苦笑)
様子伺いしてると間に合わないので、「なんか蠢いていそう」と思ったらサッサとグレネードランチャーを地面に向けてバンバン撃ってやった。

宙に浮いてるBTがいたら、すかさずアサルトライフルに切り替え。
武器の切り替えで忙しかったですねー。


※「乗り切った」と、マジでホッとしてるところ。
荷物はグレネードランチャーの山。積み過ぎ(苦笑)

この後はボス戦(?)となるんですが、かなり楽でした(笑)
「え?もう終わり?」って感じ。
股間を狙ってグレネードランチャー乱射。股間狙いに他意はない…と言いたいけど、意図的です。

ヒッグスが肩の辺りに引っ付いた時、「まだだ!まだ終わってなぁ~~い!!」が脳内で自動再生。
たぶん、その台詞が脳内で自動再生したのは私だけじゃないはず(笑)

ヒッグス…。
殴られた時のヒッグスの変顔、ありゃ可哀想だわ。
彼の出番が少なくて残念な気がする。
何か憎めないヤツだったし。
声優の三上さん、ヒッグスにピッタリでしたね。

でも素手でサムは相手しなきゃならんとはねー。
まぁ転がってた荷物でぶん殴ったりもしましたけど。
「配達人をなめんじゃねぇ~~!!」とサムが叫んでましたが、その通り!
私の場合、ミュールやテロリストなんかは殴る蹴るでやっつけてますからねー。
たまにショットガン(ゴム弾)をぶっ放す。

で、サムと一緒に私も一度死んだ模様。

荷物が漂ってるかと思ったら「私じゃん!」と(男の体つきだけど)
サムの視点を通して自分自身を見てたのでしょうか?
それともサムとプレーヤーは一対で、この時は離れていたという表現なのかな?



Ep9が怒涛の展開だったため、あっという間に終わっちゃった。
Ep10は「レイク・ノット」にすぐ戻らず、また指名なし依頼を続けます。
プライベートルームを出た直後は、武器装備がない状態です。テロリストの縄張りを避けて、古生物学者のシェルターへ行って色々と揃えました。









★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

デススト:祝・国道全面復旧

「K7北配送センター」から「マウンテン・ノット」までの国道をすべて復旧させましたっ!emoji
とりあえず、現在マップ上にある国道は全部繋がったわemojiemojiemoji

いやぁ~、あそこの一帯だけでどれだけのセラミックと金属を投入したやら。
最後の箇所はカイラル結晶も大量に必要で「これはチョッと無理かも…」と思っていましたが、レイク・ノットに渡る前の地域へ戻った際、何気にカイラル結晶稼ぎができたお陰ですわ。

やり遂げた感。



・・・と思ってたら、何故かK7北配送センター近くの国道の一画が綺麗さっぱり消えてたemoji
「どういうこと?復旧させたハズなのに!」
劣化したのかと思ったら「強化」ではなく「復旧」
素材投入量ゼロだってさ。何なん?

よくわからんけど、仕方なく素材を投入しました。

廃れ出した我が世界(苦笑)


最近はプレーヤーが設置した施設等が劣化しまくってます。
尋常じゃないくらい(苦笑)
たぶん私のいるマップはアクティブプレーヤーが減ってると思う。

一応、強化されてるのもあるにはありますけどね。
設置したプレーヤーが放っておくと、そのままって物が多いのかも。

それにしても、ハートマンのいるところの廃れっぷりよ(苦笑)
全部「劣化」していて使用不可。
ある依頼をやったらBB(ルー)が自家中毒になり、どうしても休憩が必要だったのにプライベートルームが劣化により使用不可。
BB(ルー)のために素材を投入して強化しましたけども。

ハートマンってEp8で中心みたいな場所なのになぁ。

まぁ、雪山の山岳地帯にいるプレッパーズのところへ行くのは、ホントに難儀ですからね。登山家、スピリチュアリスト、地質学者・・・この辺りは面倒ですね。
ロボット工学者のところへ行く場合、気象観測所から登っていくケースは楽かな。BTにも出くわさないし。

自分で決められる配達ルート


このゲームの面白さは、特に「指名なし依頼」なんかですと、自分独自のルートを決められる点ですね(私はジップラインを使いません)
サムの仕事は「荷物の配達」です。
時間制限ありな依頼もありますけど、重要なのは「綺麗な状態でキチンと届ける」ことです。

で、「指名なし依頼」の場合は、ミュール、テロリスト、BTを避けて行くことも選択できるんですね。
バトルに自信のある人は、わざわざ彼らが蠢く場所や縄張りを通って近道するでしょうけどね(苦笑)

私は勿論、避けられるルートがあるなら避けてます。
だって巻き込まれたら荷物が散乱しちゃうし汚れるもん(苦笑)

「お客様のお荷物第一」でございます。

遠回りになるにしても、そこは自分が決めたルートとなります。
たまに、誰かが同じ道を辿ったんだなとわかることがあり、そういうのもホッコリできる要素ですね。
また、私が通ったルートを辿って来る人もいるらしい(お知らせが入る)

トラックに荷物を載せ、急な坂道を下りて岩にぶつかったりして衝撃を受けたりすると、荷物の劣化が生じます。
私は荷物を「劣化率0%」で届けることを目標にしてるので、配送はとても慎重になります。雪山ではサムが滑り落ちたり等のリスクが上昇。
かなり神経を使います。

難儀な場所にいるプレッパーズ宛の荷物を無事に無傷なままお届けした時は、「ひと仕事を終えたぞ」とホッとしてお茶を飲むこともあります。
こういう楽しみ方もできるゲームなんですね。
その時はサムも休憩させてますが、休憩後の「さて行くか」というサムの言葉通りの気分に私もなっています

こういう楽しみ方を見出したがために、「ストーリーを先に進めよう!」って気にならないのがネックですねぇ(苦笑)
こんだけ時間かけて「指名なし依頼」をやっていても、まだ「未達成」の配達が残ってますし。

配達人グレードは上がりまして、現在は「エリート・デリバラー」でございます。ここまでくると、次のグレードへ上がるには相当な時間がかかりますね。
そろそろEp8を終わらせるかな(苦笑)
「カイラル通信拠点へ行け」みたいなダイハードマンからのご命令が残ってる。


あと、指名なしの時間制限付き依頼。30分以内とかが増えてきた気がします。
ジップラインを使用しなきゃ「S」は厳しいものばかり。特に山岳地帯からの配達は、徒歩だと良くても「A」ですね。14分以内で納品。


速度だけが伸びない(笑)









★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★