忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」をより楽しむことを目指しています。写真の合成加工作品も掲載。

GIMP:合成加工で典型的なファンタジー画

バトルものばかりでなく、小綺麗なファンタジー画も合成してます。まぁ、私の場合は修行中なので、あれこれ合成してるんですけどね。


ディズニーな世界でしょ?(苦笑)
馬も城も雲も写真です。
とても素敵な白馬の写真なので、綺麗な合成をしたいなぁ~・・・と思いつつ、インスピレーション湧かずに数ヶ月も保留してました。
ようやく完成。


こういうグラデーションっぽい色彩にすると、平凡な構図の合成でも綺麗に感じるという(笑)
空は別画像で合成してます。
女の子の写真も切り抜いたまま数ヶ月放置してましたが、ようやく使用。


「だりぃ~」って感じのデジタルアートの女性。
綺麗にしようとムキになって合成しました(苦笑)


女の子の飛んでるポーズが可愛くて、「妖精にしたら良いかも」と思ってその通りに作成しました。
ファンタジーものは案外、光の加え方・使い方が難しいんですよね。
画を引き立てる要素でもあるので、光の使い方が合成加工の要かもしれません。その使い方の良し悪しが合成画像の良し悪しに繋がるのかもなぁ~と。


あとは、霧や煙などの「モヤっとしたもの」の使い方ですね。
意識して見てるとわかるんですけど、映画やドラマの映像をはじめ、デジタルアートとかでも霧や煙も演出として上手く使ってるものが多いです。

光や煙、霧などの使い方は合成加工する際、本当に悩みます(苦笑)
こうやって見ると、ファンタジー画はそれらしくしようと、キラキラを散りばめるという手抜きしてますなぁ~。
ま、いいや(笑)
女はキラキラが好きなんだよぅ。








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR

GIMPでの合成加工 「どこを目指してるの?」が肝心でしょ

今回は言いたいことを書きます。

GIMPのチュートリアルを紹介してるサイトは山ほどあります。
初心者として、ソフト自体をどう使いこなすのか?ってのはとても大事です。

そして、ロゴを作成するのか、写真を切り抜くのか、合成するのか・・・それらの目的によって、チュートリアルは局面を迎えます。

私はロゴ作成はやりません(できたらいいなぁ~とは思いますけど)
あくまでも「切り抜き→合成加工」です。
しかし「合成」と言っても色々ありますからねぇ。

私が目指す合成。
これを指南するサイトは、ザッと検索しただけですと日本にはありません。
一部、海外の方がyoutubeにチュートリアルをアップしてるだけです。しかしそれも、私が目指すクオリティさはないんですね。

「私が目指す合成加工って、やはりGIMPじゃ無理なのかな?」

そんな風に思っていた時、インドも含めた海外のクリエーターの方々がPhotoshopを使って合成加工しているチュートリアルを見たんですよ。
まさに私が辿り着きたい合成加工なんですね。
「だったらフォトショ使うしかないんかな?」と諦めかけましたが、GIMPでチャレンジしようと。


 ↑Photoshopでよくありがちな合成画をGIMPで作成したものです。クリックすると大きく表示されます。

「絵のような合成加工」を目指すなら


「合成」と言っても様々です。
どこを目指してるかで、その先が変わってきます。

GIMPで合成加工を指南してるサイトを参考にできるのは初期段階です。
「合成なんてしたことない」って人向けばかりです。
ファンタジー画像などを加工するためのやり方は教えていません。

「そこまでやりたいならフォトショ使えよ」ってことなのか、GIMPを使う人を見くびっているか、です。

やはりPhotoshopでなければ無理なのか?

ぶっちゃけ、GIMPでは簡単に作成することは無理です。
つまり「いちいち手間をかけなくてはなりませんが、できます」ってことです。
可能なんです。
それを指南してくれるサイトが日本では皆無なだけです。



「どうやったら、GIMPでそういう合成加工できるの?」という疑問がありましたら、Photoshopを使ってる合成クリエーターのチュートリアルを見まくれ・・・と言うしかありません。
Photoshopでやってる方法をGIMPに当てはめることになります。
何とか代替でやれることもありますし、機能的にGIMPには備わっておらず、無理なこともありますけどね。

GIMPではできないことも多々ありますけど、光の加え方、影のつけ方、色の調整具合なんかはとても参考になります。

国内で合成を指南しているサイトは、合成初心者時点までなら役に立つでしょう。
その段階を越えてるなら、独自でやるしかありません。



合成加工。
どこを目指してるのか?・・・これが肝心です。
「GIMPはこの程度できればいい」という感じで合成を指南してるサイトから脱却しましょう。そして、もっと日本でもデジタルアート並みの合成を目指す人が増えるといいなと思います。

「こんなこともGIMPでできるの?」と、何かしらの刺激を与えられたらな~ということで、今後も作品を晒していきます。

私は人物の「切り抜き」をやり始めたのは2年前です。
そして、テキトーに自己流で合成を始めました。
髪の毛の切り抜きで壁にぶち当たったりもしました。
たった2年です。初心者と何ら変わりません。
GIMPすら使いこなせてません(笑)

まだまだ途上ですけど、楽しみながら上達することを目標にしています。







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

GIMPで合成加工:人物のビフォー(オリジナル画)・アフター(加工後)

単に画像を重ねる合成だけではなく「加工」も重要ですね。
色調整やトーンだけではなく、レタッチも含めて色々。
加工していくとレイヤーの枚数がどんどん増えていきます。

普通に撮った写真をそのまま合成するだけってケースもありますけど、手を加えることの方が多いですね。
まぁ、どんな合成写真にするか?によりますけどね。
今回は、オリジナル画像を色々いじって合成したものを。



オリジナル画像は、
   emoji

どこをいじったか、わかると思います。
コスプレしてる写真ですけど、以前もやりましたがV系のメイクっぽくしました。
眉を含めアイメイクですね。
合成後、画像のコントラストを強くしました。

色のコントラストを強めると、不穏な印象を与えます。
映画「セブン」をご存知でしょうか?
その映画もコントラストを強めて、不気味で緊張感を与える効果を出してますね。
OPクレジットなんかは、コントラストの強さが強調されいます。

続いて、まずオリジナル画像。

3Dデジタルアートです。
アジアの女性・・・ってことなんですけど、個人的に「んんんん~~~!!!」
確かに「こういう顔の人いるよね~」ではありますが、「夢がなさすぎ」って感じ(苦笑)
顔デカイし、ゲジ眉だし、鼻低すぎだし(潰れてるじゃん)
これを「私好み」に変えました。


顔をいじってるうち、自分でもよくわからなくなりましたけど(笑)
白人さんって、典型的なユダヤ人顔をヒーロー顔にしないのにねっ!
アジア人だとテンプレート通りのまっ平らな顔にしたがる。

では引き続きアジア人不細工シリーズ(笑)
オリジナル画像は、

茶髪でこの顔である(苦笑)
筋肉質な身体はいいんですけど。

はいはい、顔を変えましたよ。

髪型もダサかったので、手を加えました。
小さいのでわかりにくいですけど(苦笑)
画像をクリックすると大きく表示されますので、それで髪型も手を加えたのがわかると思います。

次は、先日「アサシンクリード」に惚れた(笑)記事を書きましたが、インスパイヤされた加工画像です。
オリジナル画像は修道士のゴツい兄さん。


合成加工後。

戦う修道士(苦笑)
トロールは敵か味方か曖昧。
色やトーンは映画、ゲームなどの映像でよくある風に(頑張って)加工しました。

自分好みに変えて作成していくのも楽しいですね♪
画力があれば最初から自分でキャラクター作成できるのになぁ~。

 






★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★