忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」をより楽しむことを目指しています。写真の合成加工作品も掲載。

GIMPで合成加工:2.10に少し慣れてきた

GIMP2.10に慣れてきた…とは言え、私が使う機能は限られてますけどね(苦笑)

最初は音楽からイメージしたものです。
オリジナル写真を使って「それをどう活かし、表現するか?」が合成加工の楽しさであり、醍醐味だと思います。
背景画は3枚使用してます。
飛ぶ鳥の画像も切り抜いて使用。

音楽は「Throw Off the Bowlines」
ちょうど槍を持つ少年(?)が両手を広げてる画像があったので、「これはいい!」と使用しました。


次は、3DCGの女性画像です。


実は同じ画像を使って別パターンの合成もしました。


背景に合わせて色の調整を行ってるのがわかると思います。
合成加工では一番肝心な「馴染ませ」です。
その色の馴染ませが上手くいってないと、思い切り「合成」という感じになってしまいます。切り抜いた境界をボカしただけで「馴染ませ」とは言えません。

今回の最後。

風景は2枚の画像を合わせてます。
あとは遠ぉ~くの方に人物画、鳥の群れを合わせました。
これは山のオリジナル画像の構図を活かし、壮大さと平和な雰囲気を演出してみました。


今回は以上です。








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR

GIMP:新たな世界を創造するのが合成加工の楽しさ

「合成」と言っても種類は様々です。
たとえば、写真にハートのイラストを重ねるだけでも「合成」です。

そこに「加工」を加える場合もあります。
レタッチなどは代表的な加工ですね。あとは、画像のコントラストや彩度などを調整するのも加工に入るでしょう。

私が当ブログで示す「合成加工」とは、複数枚の画像を重ねて新たな世界を表現する意味で使っています。

以前、「写真・画像の合成加工は静止画によるVFX」という記事を書きました。
そういうことからして、オリジナルの写真や画像はパーツみたいな位置づけとなるかもしれません。

絵を描く人ならゼロから描き出していきますけど、合成加工は既に画像として表現されているものを使用しますからね。
風景のアングルや構図、人物のポーズなんかは既に決まってますので、それを活かすというカタチになります。

まず、この画像。
典型的なファンタジー風味に合成加工してます。

ドラゴンも含めると4枚の画像を使用してます。
彩度は低め。

そして、同じお城の画像を使用しメルヘンチックにしたもの。

無駄にキラキラ☆彡を加えてます(苦笑)
コントラストは強め。

そのお城のオリジナル画像です↓

思わず、ファンタジーな世界観を醸し出したい!って気にさせる画像ですよね。
さぁ!これをどの画像と合わせましょうか?とチョイスするのも楽しいんですよ。自分の頭の中で思い浮かべる世界を再現できた時は、本当に嬉しい。

続いて、まずはオリジナル画像から。
3DCGです。

これは顔のレタッチが必要(苦笑)
日本のアニメっぽい顔ですが、「なんか雑だし、”これじゃない感”」という。
衣装は完璧なんですけどね。

で、レタッチして合成加工しました。

顔が微妙に異なってるのがわかると思います。海外の人は、どうしても顔をゴツい骨格にしがちなんですよね。
あとは光に照らされてるように加工。
紫色にしたのは、たまには良いかな?と(笑)

さて、最近の3DCGの進化は著しいですね。
しかもそのグラフィックの向上は、CC0画像にも!!

合成加工したものです。

本物の人間だと見紛うほど、肌の質感がリアルになってきてます。
ですので、ソバカスをレタッチで消さずにそのまま使用。

本物の人間の画像をレタッチすることで、3DCGみたいな感じに加工することもできますからね。
それはPhotoshopだけじゃなく、GIMPでも加工可能です。


今回は以上でございます。








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

GIMP:「2.10」使用でぼちぼち合成加工を再開

以前使用してたPCが逝ってしまったので買い替え。
今までのPCに比べ、画面のコントラストが強めになったようです。
そして、GIMPを「2.8」から「2.10」にしました。

このように色々と微妙に環境が変わったんですけど、その微妙な変化は合成加工を行う上で戸惑うことになりました。
特に色ですね。
加工作業では、自分なりの「調整加減」というものが染みついていたみたいです。ですから、今まで「こんな感じで~」と調整してきた加減でやると「あれ?」ってことに。

ま、そのうち慣れるでしょうけど。

PCの調子が悪かった頃、合成加工はお休みしてました。
加えてゲームにハマり込んでしまい(笑)、脳の創作スイッチも完全に休止状態でした。創作をする時、私は脳の切り替えを行いますので。
イマジネーションを高めるため音楽を聴きます。Epic音楽は最適。

さて、ぼちぼちと合成加工した画像をば。
※クリックすると大きく表示されます。


これはオリジナルの風景写真自体が本当に素晴らしい。
加工しなくたって、ファンタジーな世界を彷彿させる写真なんですけどね。
色を調整し、光を加え、強引にお城と飛行船を加えました。

次はちょっとスタイリッシュな感じにしてみた。

…これでも明るめに調整したんですよ。

3DCGの画像をレタッチで少々お直ししてからの合成。

ちなみにオリジナル画像↓ ウェスト細っ。頬骨逞しい(苦笑)



「ゲームのやり過ぎ」が如実に表れた合成加工かも(笑)

特に意味はないです。
ロボットみたいな画像を使ってSFチックにしたいなぁーと。
ただそれだけです(苦笑)
「SF」のお約束(?)青っぽい色。でも手間はかかってるんですけどね。

最後はガラリと変わって…。

風景写真は2枚使用してます。
あとは人物画像、小屋、ワンちゃんを重ねました。
夕日の画像って、和みますね。


今回は以上です。







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★