忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」をより楽しむことを目指しています。写真の合成加工作品も掲載。

「デススト」転んで荷物ぶちまけても伝説の配達人なのだ

やっとPS4購入(苦笑)
「デススト」が発売されてから3週間経ちますが。

連れは「MGSV:TPP」を相変わらず続けてます。
ところが、チョッと前からPS3のコントローラーの調子が悪くなっていまして、「コントローラー買わなきゃならんかも」という事態。
ステルスで身を潜めなきゃならんプレーなのに、勝手にヴェノムさんが動いてしまい、連れはイライラしてました。

そういうことで、幸いにも(?)PS3はお預け状態。
その隙に「デススト」やるぜ~~ってことにします(笑)

で、この「デススト」はオンライン機能がありますが、「PS Plus」に加入しなくてもOKですよ。


思っていた通りのゲーム


評価は色々ありますけど、個人的には楽しめてます。
よく「神ゲー」とか「駄ゲー」とか言われますけど、そういう二極的な考え方って好きじゃないですね。

このゲームは配達ごとに一応成績は出ます。
概ね重要なのは、荷物の劣化を最小限に止めさせて、綺麗な状態でお届けするってことでしょうかね。

実際にプレーして思ったんですけど、初見で自分が経験したことを役立てようと、二周目以降に他プレーヤーへ還元してる人もいるみたいです。
たとえばゲーム序盤の地域。
「ここはよく通るルートな上に大変」ということで、橋を架けてくれる人もいるみたい。苦労する道中では「頑張れ」っていうメッセージの看板立ててくれてたり。

私が遭遇したのは「必要なら使って」という感じで、ハシゴが荷物として崖の近くに置いてあったことです。
それ凄く助かりました。

他には、荷物の届け先の人との親密度を上げようっていうプレーヤーもいるでしょう。ですから「華麗なプレーで高レベルクリアぁ~~!」を目指す人には物足りなさは生じるでしょうね。
「MGS」みたいな「Sランク攻略法」っていうのは出回らないだろうな。
それはプレーヤー毎に目的も違いますし、何より自分で攻略していくこと自体が面白いからです。

旅とか冒険って、他人が示したルートや方法を辿って行ってもつまらないじゃん。ガイドさん付のパックツアー気分を望んでるのなら、またそれはそれですけど。

ムービーの長さも、私は大して苦になりません。

操作も難しくはありませんけど、ジャンプ(上る)で「×」を押さなきゃならないんですが、つい「MGS」のノリで「△」を押しちゃいますね。
中腰は「〇」なのに「×」押しちゃったりとか。

そういうことで、まだ全体の操作は不慣れです。
長押しとチョイ押しまでもあるし。
そもそもPS4は初めてなので、「いいね」を押すボタンはどれを指してるのかわからなかったです(苦笑)

あと難を言えば、「フォント小せぇ~~~」ってことですね。
台詞の字幕は別にいいけど、UIの文字が見えねぇんだよ~~。
冗談抜きで乱視と老眼のかすみ目にはキツイわ(笑)
テレビ画面にかなり顔面近づけ目を凝らして見ても「わからん」って、相当なもんよ?

今のところ険しい山道とかを大荷物背負ってひたすら歩く状態なんですが、不思議と私は全然ダルくなりません。
自分ならどこを通って歩いていくだろう?と考えながら、道を選びますね。自分が普段歩いてる時と同じような感覚になるから、ダルくならないのかも。

白いお花が咲いてるところもあり、わざわざその近くを歩いたり。

まだ、途中で落ちてた荷物を拾っても、個別に届けるというところまでやれてません。あと橋や道路の建設もよくわからない。
依頼人の荷物を届けることが精一杯です。

でも、なんか面白い。

小島さんが「泣くよ」と言ってた場面では…


東京ゲームショウで、小島さんが「ここでプレーヤーは泣くよ」って言ってた場面があるんですよ。たぶんあの場面だと記憶してますが、実際に私はどうだったか?

泣きませんでした(笑)

確かに、あそに辿り着くまで苦労しました。距離もあるし。
しかし、私のサムは膀胱がパンパンだったのです(苦笑)
そこまでの間にオシッコさせようとしたら、BTが・・・・。それにサム自身が「今はやめておいた方がいい」みたいに、我慢するというシチュエーションだったし。

その後に「泣くよ」の感動的な場面に繋がってましたけど、私はサムにオシッコさせてました(笑)
なので感動的な歌の最中に「オシッコ」を選択する操作をしたため、歌が一旦中断したし。
私自ら、感動的な場面をぶち壊してしまったということです。

膀胱パンパンだったので、大き目なキノコが生えました。もしもあそこで感動を壊すような大きいキノコがあったら、それは私のキノコです(笑)
ずいぶんオシッコ溜まっていたんだなというのが一目でお判り頂けるほどでございます。

それに加え、荷物が多かったのでバランス取りながら歩かせることに必死でしたから、歌に聴き入って浸る余裕はなかったですね(苦笑)
でも「やっとここまで来た」という気分にはなりました。

連れも苦手なタイプのゲームだと申しておりました


このゲームを「つまらん」という人がいても当然かも。
小島さんだからと「MGS」のイメージで取り掛かると、ガッカリすることは確実です。荷物背負って、行ったり来たりですからね。

連れは見ていただけですが、「デススト」のようなタイプのゲームはダメみたいです。経営シミュレーションゲーム好きの連れは、会社とか組織とかを大きくしたり発展させるのが好きなんですね。
ひとりの男がレベルアップしていくだけなのは、張り合いにならんそうで。

「MGSV:TPP」だと、ヴェノムさんの英雄度が上がってこそ、高レベルな兵士が現れ、各班のレベル上げに繋がってる。
まぁ、そういうのが好みなんですと。

大塚さんの台詞がいっぱい♪


「MGSV:TPP」のヴェノムさんは、トータル10分未満程度しか喋りませんでしたから、大塚さんの台詞が極少で寂しかったですねー。
しかし、このゲームではたっぷり大塚さんの声が聞けます。
MGS4ならオタコン、TPPならカズとかオセロットみたいにゲームをナビゲートしてくれます。



・・・・以上、Ep2を終了させた時点でのお話でした。









★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR

また、やっちまった「amazonプライムへようこそ」

ようやくPS4を注文。

私はポイントサイトでポチポチと地道にポイントを貯めてヘソくってるんですが、だいたい一年で4万円分くらいにはなります。
塵も積もれば…ってヤツですね(苦笑)
でも積もれば、そこそこまとまった額になります。

今回はそれをamazonギフトに交換して、PS4購入と相成りました。

そしたら、またやってしまった!
amazonプライム会員にさせられたぁ~!



気を付けてクリックしてるつもりなんだけど、「会員にならないで注文」というのはテキストだけのリンクなんですねー。
注文画面で「次へ」のボタンと同じ形態のボタンなんですよ、「会員になる」というボタンが・・・押し続けてしまうよう誘導してんのね。

ワンクリック詐欺だわ。

「会員にならず注文」とかいうテキスト自体がボタンの真上にあって、さも同じ形態のボタンを押していけばいいような勘違いをしちゃう。
「あ、もしかして、あのテキストリンクをクリックしなきゃならんかった?」と気づいた時には、もう手遅れ。

酷いわ。

ま、私はクレジットカードを登録してませんから、会費が引き落とされる被害には遭いませんが(主に某ドラッグストアのプリペイドカードで支払うため)

受注メールと共に「プライムへようこそ」が。
「”ようこそ”じゃねぇわ!emoji


さぁ、PS4が届いたら、さっそく「デススト」をプレーしてみます♪
評判が芳しくなさそうですが、意外と私は面白いと思えるかもしれん。移動がダルいお使いゲー的な展開は「MGSV:TPP」も似たようなもんだったし(個人的には)

テンポの悪さはTPPで予兆があり、「デススト」で極めたって感じなんでしょうかね?(苦笑)
TPPではミッション終了後、いちいちLZをチェックしてヘリ呼んで、ヴェノムさんを向かわせなきゃならん。
そしてヘリに搭乗後、現場を離脱する場面を毎回見せられる。

で、ムービーもやたら長いらしいですね。
MGS4だってOPクレジットが長々続いてたじゃん。映画ですら、あそこまでダラダラとOPクレジット流すことはあまりないですからね。

スネークをトラックの下へ潜らせると(クレジット)ムービー。
壁際を少し移動させると(クレジット)ムービー。
月光登場で、いよいよここから始まるか!と思いきや、最初の目的ポイントに着いたらまた(クレジット)ムービー。
やっとクレジットが終わったと思ったら、ムービー。

そんな「MGS4」をも「デススト」は超えてるらしいですが…。
ある意味、楽しみですわ(笑)









★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

MGSV:TPP 絶対おかしい!突然現れる敵兵

サイドオプスの終盤に位置するミッション。
装甲兵や装甲車を排除するヤツとか、番号が終わりの方のヤツ。

連れは割と時間かけて索敵するんですよ。
双眼鏡で敵兵の位置をじっくりチェックし、マーキング。
ここにきて遠くに潜んでいるスナイパーも出没してるようなので、360°チェックするようになりました。

それでも「お前、どこにいたんだよ!」というような敵兵が突如として現れることが多くなってる気がする。
進んでる最中でもチョイチョイ双眼鏡で索敵やってるのに、マーキング漏れがあるのかどうか知らないけど。

そういう敵兵に限ってリフレックスモードなし。
白い線も出ないまま、いきなり撃ってくるという摩訶不思議な状況。
まるでヴェノムさんが近づくことを予め知っていて、マーキングされぬような装備で待機していたかのような。
一旦はマーキングできるスカルズのスナイパーより凄いじゃん(苦笑)


異次元から敵兵がやって来た?(苦笑)


先日、連れはターゲットを排除してミッション完了させ、その界隈からヴェノムさんを脱するように移動させた。
しかし、どこまで行っても敵兵エリアに入ってるような怪しげな音楽が続いていたんですよ。
近くに監視所があるわけでもない、マップからはサイドオプスの青いエリア表示も消えてたというのに。

だから連れは慎重に辺りを双眼鏡で確認し続けていた。
そんな中、少し小高いところで2人組の敵兵がスタンバイしてるのを発見。
「スナイパーか?」と連れ。
周辺に他の兵士はいない。
大きな岩や樹もなく陰になるような箇所もない。
割と見通しは良い場所。

連れが2人組の兵士を麻酔銃で眠らせ、フルトン回収しようと匍匐しながら兵士の側まで来た途端、数人の敵兵がいきなり現れヴェノムさんを撃ちまくってきた。
不意を突かれるどころじゃない。

プレーしてる連れは当然ですが、見てる私も唖然。
「どこにいたの?こいつら」って。
それまで気配すらなかったのに、寝てる兵士に近づいたタイミングで現れるって、どういうことなん?

敵兵の「あっ!」というような異変を察知した声もなく、ヴェノムさんが見つかってしまった際のリフレックスモードもなく、発見された時の白い線も出なかった。
唐突にマシンガンで撃ってきた。
しかも寝てる兵士まで撃ってやがる。

だいたい、あの2人組は撃たれた時の反応も変でしたからね。
私が「人形じゃないの?」と言ったら、連れも「釣りかもなー」と。
でも兵士レベルのチェックには反応してる。その直後に「ZZZ」が表示された。
だから多少の不信があったせいで、連れは匍匐しながら近づいたんだと思うけど。

いきなり敵が目の前に現れ襲ってくるとか、ホラーゲームじゃないんだからさぁ。
バグなのかどうか知らないですけど、こういうのダメでしょ~~~。
ステルス前提で見つからないよう予め索敵してるのに、意味ないじゃん。

そしてリトライで別の場所に戻され、連れはさっきまでいた場所に辿り着く。すると兵士は一人もいなかった。2人組の兵士さえも消えてた。
何それ?

「それはそれ、これはこれ」状況設定なんて関係ねぇ~


展開がゴチャゴチャだよね。
ミッション完了後は、「それはそれ、これはこれ」って感じでシチュエーションが突然切り替わる。

メインミッションの少年兵だらけの村で少年兵のリーダーと捕虜も回収するヤツ。一旦ホットゾーン離脱しミッション完了させてから、再び村へ戻ると大人の兵士が勢揃い。このシチュエーションの切り替わりの極端さには笑うしかないわ。

サイドオプスの場合、連れが困惑したのが「彷徨える傀儡02」
傀儡を排除した後、ワザとらしくやって来たトラックの兵士に見つかったヴェノムさんがやられた。リトライしたら敵兵が施設に揃ってスタンバっていた状態に切り替わった。

連れは傀儡がいたから兵士たちは隠れていて排除後に現れたと思ったらしいけど、リトライで「それはそれ、これはこれ」って感じで通常に戻されたんでしょうね。
まるで並行世界へと飛ばされるようなもんだね(苦笑)

ややこしい!
物語の本筋も中途半端だけど、こういう個別ミッションという形態そのものがバラバラさを強調しちゃうんだよ。
連動してないもん。

そしてヴェノムさんが気の毒なのは「彼の物語として成立させてない」ということに尽きます。
FOBをやってる人は物語自体どうでもよくなるでしょ?実際。
ヴェノムさんはプレーヤーにとっても、単なるゲームの駒と成り下がってる。
ビッグボスやスネークとは大きく異なり、キャラクターの描き込みも薄い。

従来のMGSからは離れてるよね。
連れみたいに「ストーリーはどうでもいい」っていう感じで、経営ゲームみたいにMBを発展させることを重視してる人には面白いのは間違いないだろうけど。









★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★