忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

GIMPでレタッチとメイクを駆使したらこうなった

CC0画像を眺めていたら、ある画像を見て「何か凄く、それじゃない感」
そこで「レタッチとメイク」を覚えたことだし(?)加工してみようかなと。

まずは、完成画像から。


ゴスロリさんです。
私はゴスロリ好きなので(自分ではそういう格好はしませんよぉ)、ヴィジュアル系のようなメイクを施してみたらどうなるかな?と。

変形は一切やらず、レタッチとメイクだけです(エフェクトかけて影が強くなった部分もありますが)

オリジナル画像はこちらです。

まぁ、これはこれでアリでしょうけども。

個人的には「ヴィジュアル系バンドの”女形”の方が可愛いじゃん」と思いまして、「それに近づけるように化けさせることができるのだろうか?」と、チャレンジしてみた次第です(苦笑)
なんとかサマになったと自己満足。


あと、ドールっぽく加工した画像です。
髪の色もオレンジに合うように変更。
フェアリーのような感じになったemoji


オリジナル画像は、


レタッチとかメイクは楽しいですね~。






★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR

GIMPで合成してファンタジー画像を作成

GIMPでレイヤーマスクを駆使し、エフェクトをかけてファンタジー画像を作成しました。こういったファンタジー画像は想像力を要するので、少々苦手なんですけどね。

年齢を重ねると想像力が乏しくなる(苦笑)

――なので、音楽を聴いてイメージを膨らませながら作成してます。
今回は、「Audiomachine」の音楽で。


この曲からイメージングした画像がこちらです。

※クリックすると大きな画像が表示されます。

去年作成したもの。
テキトーな感じで重ねて、なんとかまとめたという。
「これは何だ?」と問われても、私自身よくわかりません(笑)


作成方法は完璧に自己流です。
素材となる画像選びがポイントです。CC0画像は色々ありますが、画像を見た瞬間にイメージが湧きあがるものをチョイスしてます。
上の2枚は、共にCC0のデジタルアートの人物を利用させて頂いてます。

苦手な割に、なんとなくカッコいいイメージに近づいてくると嬉して一人で盛り上がってしまいますが(苦笑)

普通の写真から切り抜いてファンタジー風に仕上げたのはこちら。

風景画は2枚使用。切り抜いて合成してます。
そして本の画像と重ねてます。

ダークファンタジーは好きなんですけどね~♪









★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

GIMPで風景の空を変える方法

旅行で撮った写真など、加工する場合の参考にどうぞ。

旅先で風景写真を撮る場合、お天気に左右されてしまいますね。
せっかくの写真も曇り空とかでドンヨリ~という感じで、「せめて青空だったら・・・」と思うこともあるかと思います。

写真を眺めてガックリするようなら、加工すればいいじゃなぁ~い♪


このやり方は、髪の毛の切り抜き方法と同じです。
空の色と建物などの色に差があれば、建物は勿論、木などの枝も切り抜けます。

では、建物の画像を使ってザックリとやり方を紹介します。


1. 画像を複製


2. コントラストを強める

レイヤーの上の画像でまず作業します。
「色」→「トーンカーブ」等で建物の色が濃くなるように調節。

3. 画像をモノクロにする

「色」→「脱色」で画像をモノクロにします。

4. 色を反転させる

「色」→「階調の反転」

5. 建物をできるだけ白くする

「色」→「トーンカーブ」で建物は白く、空の部分が黒くなるように調節。

6. 建物を白く塗る

ブラシを使用し、白で塗っていきます。

7. 作業していない画像のレイヤーにレイヤーマスクを追加

レイヤーで右クリック。
「レイヤーマスクの追加」を選択。
次に「完全不透明(白)」を選びOKをクリック。
画像の隣に白いレイヤーマスクが並んで表示されます。

8. 切り抜き

白く塗った方のレイヤーを選択。
「編集」→「切り取り」
「編集」→「貼り付け」

これで切り抜きが出来ました。
「フローティング選択範囲」というレイヤーが現れますので、それを固定します。

その後は、ブラシを使用し細かな修正を行います。
消したい場合は「黒」
その逆は「白」で塗ります。

9. 空の画像を合わせる

別途用意した空の画像を重ねます。
この時、切り抜いた部分で修正が必要な部分があれば行います。

10. 色調整等をして馴染ませる

異なる画像を重ねる「合成」ですので、コントラストや彩度などが違って違和感が生じる場合があります。
「トーンカーブ」などで調整して下さい。


今回の画像の加工前と後を並べました。


風景の合成で自分なりの世界観を作り出すことができます。
ファンタジー風にもできますね。

映画やドラマでも基本、このように合成した風景が多いです。

写真を更に表現するツールとして活用してみては如何でしょうか。









★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★