忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

GIMPで可愛いくコラージュ

先日は「コラージュ風におしゃれな合成」を紹介しました。
今回は、子供、家族、ペットの写真などを可愛くコラージュする方法です。


Youtubeにアップされている方法もあるんですが、ちょっと面倒くさいので自分流にやり方を変えています。

1. 背景にする画像を用意する。

私が利用してるCC0画像は「Pixabay」からです。
こういうサイトからチョイスするのも良いですよ♪

2.新しいレイヤーの追加。

レイヤー」→「新しいレイヤーの追加」→レイヤー塗りつぶし方法「
大きさは正方形になるよう、幅と高さに数値を入れます。
今回私は600×600にしました。

3.楕円選択で枠を作る。

ツールボックスの「楕円選択」を使い、円の大きさを決めます。
ドラッグしている時、下に「矩形」の数値が出ますので幅と高さが同じになるように円の大きさを決めて下さい。

4. 円を切り抜く。

選択」→「選択範囲の反転
編集」→「切り取り
で、一旦「選択」→「選択を解除」(解除しないままでもできますけど、混乱しないように解除した方がいいかも)

5. 選択範囲の設定を行う。

円の枠のレイヤーで右クリックします。
そこで「不透明部分を選択範囲に」を選びます。
その後、「選択」→「選択範囲の縮小」を選び、「画像の縁から縮小」にチェックがされてるか確認。
数値は10~15くらいに設定。

6. 枠内を黒く塗りつぶす。

ツールボックスの「塗りつぶし」を用いて、黒で円の内側を塗りつぶします。
塗りつぶしが終わったら「選択」→「選択を解除
これで写真の丸枠が完成です。

丸枠をツールボックスの「拡大・縮小」を使用して大きさを変更します。
その後、使用する写真の枚数分、丸枠のレイヤーを複製します。

7. 丸枠の位置を設定する。

今回私は3枚の写真を使用しますので、丸枠は3枚にしました。
大体の位置を決めます。

この後、写真をはめ込む作業をしますが、作業しない丸枠のレイヤーの「目」を消しておくと混乱しないと思います。

8. 写真を枠に重ねる。

丸枠の大きさに合うよう、写真の大きさを変更して下さい。

9. 写真を枠に合わせて切り抜く。

丸枠のレイヤーを選び、右クリックして「不透明部分を選択範囲に」をクリックし、次に写真のレイヤーを選び、
選択」→「選択範囲の反転
編集」→「切り取り
選択」→「選択を解除

10. 枠の白い線の内側に納める。

切り抜いたら写真のレイヤーのレイヤーモードを「スクリーン」にします。

レイヤーモードの変更が終わりましたら、写真のレイヤーで右クリックして「下のレイヤーと結合」を選びます。
これで丸枠と写真が一枚のレイヤーになりました。

ここまでの作業を写真の枚数分、繰り返していきます。

11. 影をつける。

丸枠と写真が一枚のレイヤーになったら、影を加えます。
フィルター」→「照明と投影」→「ドロップシャドウ
数値は影が濃くならない程度で良いと思います。
数枚のレイヤーがある場合、「フィルター」→「ドロップシャドウ再適用」で済みます。

この後、写真を移動させたり大きさを変えたい場合、写真とドロップシャドウのレイヤーを結合させるか、鎖で固定すれば大丈夫です。



丸枠ではなく四角い枠にする場合は、新しいレイヤーで大きさを設定し、そのまま「不透明部分を選択範囲に」で「選択範囲の縮小」にして下さい。
後のやり方は同じです。

コラージュ向けに素敵な素材を配布している「FAR FAR HILL」というサイトがあります。そちらの素材はおススメです。
どれを借りようか本当に迷うほど、素敵な素材が沢山あります。








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR

初心者でもできる。GIMPで写真を合成する方法

私は画像の加工を趣味程度で始めて一年です。
本格的に勉強もしてませんし自己流ですが、初心者だってここまで合成することはできますよ~ということで、今回は合成の過程を紹介します。
画像によって加工過程は異なりますけど、一例として参考までに。

まずは、合成の完成画像。


1. 背景画像に対し、切り抜いた人物画像の配置と大きさを決める。

(練習で切り抜いていた頃の画像を使用。雑な切り抜き部分を修正)
最初は背景に合わせて、切り抜いた人物の大きさを変更します。
背景の周辺にあるものとのバランス、あと遠近的な考慮も。

配置は必ずしも真ん中にするわけではなく、背景との兼ね合いで「ここがいいかなー?」という感覚で決めます。
デザインを勉強した人は、原則に基づいて配置するでしょうけどね。

今回のオリジナル画像、背景は暖色ですが人物画像は寒色気味です。
まず人物画像の色を若干変更します。

2. 人物画像を暖色に変えるためレイヤーを追加。

切り抜いた人物のレイヤーで右クリック→「不透明部分を選択範囲に」を選択してクリック。その後、私はテクスチャ画像を追加して重ね、「レイヤー」→「透明部分」→「アルファチャンネルの追加」
選択範囲は表示されています。
「選択」→「選択範囲の反転」を選び、「編集」→「切り取り」

これはテクスチャ画像でなくても、「新しいレイヤーを追加」で「透明」を選び、「塗りつぶし」でレイヤーに着色する方法が容易かも。

3. 人物の色を変更。

テクスチャ画像が人物の形に切り抜かれました。
その後は「選択」→「選択解除」
テクスチャ画像のレイヤーモードを「オーバーレイ」にします。

4. 色合い、コントラスト、輝度などの調整。

二枚の画像が馴染むように、人物と背景画像それぞれ「レベル」「トーンカーブ」で調整をします。
背景画の葉を紅葉っぽくなるよう深めな色合いに。

5. 暗室を使い影になる部分、光に当たっている部分の加工。
(ついでに人物の肌をいじる)

背景画の後方は少し光が射している感じなので、髪の毛の一部を「暗室」の「覆い焼き」で軽くなぞります。
これは光によって髪の毛が少し透いて見えるようにするためです。
影になって暗くする部分は「焼き込み」の方でなぞります。

それと調整したことで、テクスチャの模様が顔に斑となって目立ったため、「にじみ」を利用して誤魔化しました(苦笑)
これは、やらなければならない作業ではありません。今回の場合です。

6. 光を追加する。

人物に光が当たっているようにするため、「新しいレイヤーの追加」で「透明」を選びます。そこにブラシを利用して、光の線を描き込みます(光を描くブラシがあると便利)
その線は、「フィルター」→「ぼかし」→「ガウスぼかし」でぼかします。
今回は数値40に設定しました。

7. 完成。


加工前と後の比較。



合成で肝心なのは、色合い、コントラスト、輝度などの調整作業だと思いますが、これは自分の感覚を信じるしかありません(苦笑)
プロを目指すなら別ですけど、楽しめればヨシなので「自己満上等!」でいきましょう~♪












★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

GIMPでコラージュ風におしゃれな合成

雑誌の写真みたいな、おしゃれなコラージュの方法を紹介します。
これを覚えると、自分で撮った写真とかの演出にも使えますね。

ポラロイド写真を貼って飾っているような加工方法です。
まず完成画像。



1. 写真を貼る背景画を用意。

レトロっぽい雰囲気にしたかったので、板の画像をチョイスしました。

2. ポラロイド写真の枠用の画像。

これは特に画像を使用しなくてもいいんですけどね。
今回はレトロっぽさを出したいので、ヴィンテージの紙のテクスチャ画像を。

白い枠にする場合は「新しいレイヤーを追加」にてポラロイド写真としての幅と高さを設定し、「レイヤー塗りつぶし方法」は「白」を選んでください。

3. (テクスチャ画像を使用した場合)ポラロイド写真の枠として切り抜く。
「これくらいかな?」という大きさでいいと思います(苦笑)
ツールボックスにある「矩形選択」で大きさを決めます。
そして「レイヤー」→「透明部分」→「アルファチャンネルの追加」をし、「選択」→「選択範囲の反転」をしてから切り抜き。
その後は「選択」→「選択を解除


4. 写真が入る部分を切り抜く。

これも大きさは感覚でやりました(苦笑)
キチンと測って上と左右の枠の太さを同じにする方が良いですけどね。
さきほどと同じで「矩形選択」で行いました。
切り抜く際、「選択範囲の反転」はしなくていいです。そのまま切り抜きます。
切り抜いたら「選択を解除」

5. ドロップシャドウを行い、枠の内側のシャドウを消す。

フィルター」→「照明と投影」→「ドロップシャドウ」を選択。
数値は小さめの方がいいです。影が強すぎないように。
続いて、ポラロイド枠のレイヤーで右クリックし、「不透明範囲を選択範囲に」を選ぶ。

次はドロップシャドウのレイヤーをクリック。
選択」→「選択範囲の反転」を行い、枠の内側のシャドウを消しゴムツールを使って消します。消しゴムの不透明度は少し下げます。
作業が終わったら「選択を解除」

ポラロイドの枠のレイヤーを右クリックし、「下のレイヤーと結合」を選択。
これでドロップシャドウのレイヤーと結合し、一枚のレイヤーとなります。

その後に、ポラロイド写真として貼り付ける枚数分を複製します。
今回は3枚の写真ですので2枚複製し、ポラロイドの枠を合計3枚にします。

6. 挿入する写真の大きさを枠に収める。

挿入する写真の大きさを変更するなりして、ポラロイドの枠に合わせます。
はみ出す部分は、ツールボックスにある「自由選択」を使用して、上の画像のように切る部分を設定。
設定し終えたら「選択」→「選択範囲の反転」をしてから切り取ります。
切り取ったら「選択を解除」

7. ポラロイド写真の完成。

ポラロイドの枠のレイヤーと結合させ、完成です。
複数枚ある場合は、他の写真も同じに作成します。

8. 出来上がったポラロイド写真を配置する。

ツールボックスの「回転」を利用し、少し斜めにしました。
写真を重ねるのも良いですね。

9. テープを描き込むため一番上に透明なレイヤーを追加。

「新しいレイヤーの追加」から「透明」を選びます。
ポラロイド写真を全部覆うぐらいの大きさで設定。

10. 貼るテープを描き込む。

ツールボックスの「自由選択」を使い、長方形に線を引きます。
選択範囲となりますので、ツールボックスの「塗りつぶし」で「白」にします。


上の画像のようになります。
塗りつぶしたら「選択を解除」
また次のテープを同じ手順で作成。
繰り返し、ひとつひとつ行っていきます(面倒ですけど)

11. テープのレイヤーの不透明度を下げる。

テープを描き込んだレイヤーの不透明度を下げますと、色が半透明になっていきますのでテープらしくなります。
今回はポラロイドの枠と同様、ヴィンテージらしくするためにテープも少し黄色っぽくしました。

テープはパターンを用いて塗りつぶしても良いかもしれません。
可愛い柄のパターンをお持ちでしたら、マスキングテープっぽくなります。

可愛くコラージュしてみて下さい。










★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★