忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」をより楽しむことを目指しています。写真の合成加工作品も掲載。

「デススト」の実況動画?見るわけないじゃん

発売されてから一週間ですね。
どんなゲームなのか謎だし、買うかどうか決めかねてる人は実況動画などを見て参考にするでしょう。
ですから実況動画そのものを否定してるわけではありません。念のため。



で、発売されたばかりの「デススト」
誰よりも早くプレーしてみせようっていう実況者が多いこと多いこと(苦笑)
でも「デススト」って、プレーヤーによっては動き方が違いますよね。
どこをどう通るのか、荷物を届ける以外にも目的があれば当然行動も違ってきます。敵との遭遇にしたって、プレーヤーが四苦八苦することも含め物語なんじゃないかなぁ~?と思うんですよ。

自分でプレーした上で、別の人のプレー動画を見る分には「違う物語」に見えてきて面白いかもしれませんけどね。

実況ではありませんが、「おい、それはやめろ」ってのは、プレー後のレビューとしてネタバレに近いサムネを使用してる人がいることです。
加えて「ネタバレ」の注意書きをすることなく、ネタバレになるような映像も挟み込んでる輩がいる。

「レビュー」だからと気楽な感じで動画を見始めたら、ネタバレ映像を見てしまいました。こういうのホント性質悪い。
自分がクリアした自慢なのかどうか知りませんけど、まだ発売して間もないゲームなんですから気を付けてもらいたいですね。

で、結局のところ「向き不向きがあるゲーム」としか言わない。
そもそも「デススト」に限らず、どんなゲームであろうと向き不向きってのはあるでしょ。小島さんのゲームだから「MGS」みたいなゲームを期待する層はいるんでしょうけどね。

それとムービーが長いらしいですね。
そりゃ、あれだけの俳優を使ってるんだもん。ムービーにも力を入れたくなるのは当たり前でしょ。
文句言ってる人、著名な俳優を起用してる時点で気づかないのかね?

まぁ「MGSV:TPP」の英語版でキーファー・サザーランドを起用したせいで、ヴェノムの台詞が呆れるくらい少なかったわけですが。

個人的に気になっていたのは「MGSV:TPP」みたいにズサーズサーとなって、行けそうなのに行けないというストレスが有るのか無いのかってこと。
それに関しては、心配いらないようです。
だったら一安心♪

TPPでは、それがイライラの素でしたからね。
コンテナの上にはヒョイと上がれるのに、ちょっとした岩の段差ですら上がれずズサ~。坂を途中まで登っていくも、突然ズササササ~~~と下まで滑り落ちたり。
登れるか否かの見分けがつかないんですからね。
「デスストでもそうなん?」と気にするのは当然ですよ。

そして序盤は大した武器や装備がないから大変・・・ってことらしいですが、MGSでもそうでしたからね。同じじゃん。
TPPの場合、初期装備のC-4と手榴弾しかない段階で「装甲車排除しなさい」なんてミッションもあったくらいだし(苦笑)

ともかく私は、じっくり・ゆっくりと歩んでいきたい。
一期一会の出会いを大事にする旅でもいいじゃないですか。









★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR

MGSV:TPP サイドオプス「彷徨える傀儡02」での急展開に怒る連れ

「デススト」は無事に届きましたが、まだプレーできません(苦笑)
「はよPS4買えよ」とも思いますが、なんせ連れがまだMGSV:TPPを続行中なので様子見してます。まだまだチマチマとプレーを続けていくかもしれないし、飽きるかもしれないし。

ほとんど連れはフリーミッションをやってます。
メインミッションは、現時点で第一章の高難易度版とか完全ステルス(?)、痕跡残さずやれ!っていう要求版のみしかありません。

結局、難易度選択がないからこそ、熟達してるプレーヤー自身がMODなんかでわざわざ超高難易度とかでプレーするんだよね。そして初心者には敷居を高くして「下手くそなヤツは最後まで進めませんから~」ってシャットアウトしてんの。



で、サイドオプスで「彷徨える傀儡02」というのが登場したんですね(まだ01は登場してない)
他は以前にやった「才人を救え」とかのミッションを再プレーさせるのもばかり。「またこれかよ」と、飽きてる感じの連れでございます。

そんな中で新たなサイドオプスである「彷徨える傀儡02」に取り掛かった。
場所はヤーオ・ウブ補給基地ですので、敵兵が沢山いると身構えての出撃。
バディはクワイエット。

ところが、現地に着くと敵兵の姿はなかった。
「どういうことだ?」と言いながら進んで行くと、建物の中にゾンビのように動く兵士が(傀儡って呼ぶんですね)

「これを倒すだけか?」と、連れは傀儡兵を撃っていく。
そして全部倒したので「ミッションコンプリート」となった。
「楽だったな」と連れ。
しかし建物から出たら、それを待っていたかのようにトラックがやってきた。

そのトラックの兵士がヴェノムさんを見つけてしまった。
そしてあちこちから攻撃が始まった。
敵兵が一斉に持ち場に勢ぞろいの状況。予めマーキングできてないため、どこに兵士がスタンバってるかわからない。
てっきり敵兵はいないのかと油断していたら、急展開。
あ~あ、ヴェノムさん終了しちゃった。

「あのゾンビがいたから隠れてたのか?こいつら」とボヤく連れ。
「だったらさー、ゾンビ始末してやったんだから感謝してもいいんじゃねぇか?ゾンビいなくなった途端、水を得た魚みたいに勢いよく攻撃始めるって何なんだよ!」と憤慨しちゃった。

「あのゾンビはウロウロしてるだけで基地以外に害はねぇんだろ?むしろ兵士の方が害だ。もう放っておくことにする」と、今後「傀儡兵」の排除はやらないと決めたらしい(苦笑)
「ゾンビが邪魔なら自分たちで始末しとけ」だってさ(笑)

連れはMBから脱走した子供たちの回収ミッションも「放っておけ。そもそも海洋プラントでありながら、子供に逃げられるって間抜けすぎだろ。MBで子供の管理がいい加減なせいだからな」と、取り掛かろうとしません。

「だいたいが、少年兵にされた子供を兵士だらけのMBに置いておくってのが間違いなんだよ」との連れの持論。まぁ確かに一理ある。
自分たちで何とかできると思ってるカズは、そういう認識が甘い。
そのせいで「尻拭いプレー」させられるプレーヤーの構図。

まぁ、少年兵問題もイーライによって有耶無耶にされちゃってるし、ゲームのストーリーとしてはいい加減さは感じます。
単なるゲームのネタにしかなってない。問題提起してるつもりなんだろうけどね。

そうそう、クワイエットとヴェノムさんが雨のMBで戯れるイベントは見ることができました。あの二人の姿をずっと見ていたかったわ…。
ヴェノムさんが嬉しそうにしてるのって、これとバースディ・イベントぐらいなのかな?
あと、ちびっ子DDの時もそうだったですね。
そういう、ほっこりできるイベントがもっとあれば良かったのに。









★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

「デススト」届かず「Konozama」という言葉を知った日

Amazonで「デススト」を予約しました。
本日11月8日発売なので、お届け日もそのようになってました。

しかし昨日までに発送メールが来ませんでした。
ちょっと気になってチェックしたら、Amazonの方でも発送にはなってない。
ってことは発売当日のお届けは無理じゃん・・・と。



支払いの確認をしたら、本日11月8日付けでキチンと支払い済みになってる。

Amazonで予約するのは初めてだったので、そういうものなのかぁ~と。
我が家の場合、そもそもPS4がないので(笑)遅れても確実に届くのなら大して気にはなりませんが、発売当日に商品が欲しい人はムカつくでしょう。

こういう予約とかで残念なことになるのは、「Konozama」と呼ぶらしいですね。
「Amazon OK」を逆にして読むと「このザマ」になるからだって。
うまいな~~(笑)

そんな矢先、Amazonからメールが来た。
「発送遅れてんだけどさぁ、ごめんねぇemoji」って感じで。
本商品は発売日お届けとしてご注文を承っておりましたが、発送に時間がかかっているため、お届けが1日ほど遅れることが判明いたしました。
【PS4】DEATH STRANDING【早期購入特典】アバター(ねんどろいどルーデンス)/PlayStation4ダイナミックテーマ/ゲーム内アイテム(封入)【Amazon.co.jp限定】オリジナルPS4テーマ(配信)
商品発送の際にはEメールでご連絡いたしますので、恐れ入りますが、お届けまでいましばらくお待ちくださいますようお願いいたします。
このたびは、商品の発送が遅れ、お客様にご迷惑をおかけしますことをお詫びいたします。

――だってさ。
発売日にどうよ、これ(苦笑)
前日までにわかりそうなもんじゃん。

PS4をスタンバイして待っていた人なら怒り心頭だろうねー。









★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★