忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

流行語大賞の件

日々生きていると、自分の思い通りにいかないことは多々あります。
理不尽に思えたりして、頭にくることもあります。
「なんでだよぉ~!!ムカつくわ!!」と。

しかしですね、ネットと言えども公共の場ですので、その怒りを書くにしたって言葉は選びますよ。脳内で「○ね!」と思っていても、こういうネット上でも「使っていい言葉と悪い言葉」があると思います。
なぜなら、ブログなんかで独り言のように書いていても、誰かに語りかけてることになりますので、不愉快になるような言葉は慎みます。
閲覧者が皆無であっても・・・です(苦笑)

それなのに、流行語に「○ね」が含まれる言葉が大賞に選ばれたとか。

その言葉が出た背景を考えるべきとか、文脈を考えれば~云々と訳のわからないことを言っている人もいますが(苦笑)

仮に、私がこの記事で「○ね!」という言葉を選ぶのは如何なものか?と、つらつら書いて「ヴァラー・モルグリス(皆、死なねばならない)」って締めくくったとします。その「ヴァラー・モルグリス」を書いた背景なんて、「ヴァラー・モルグリス」という言葉からイメージできませんわな。しかも文脈なんぞも(笑)
「ゲーム・オブ・スローンズというドラマを見ている人間のブログなので、ドラマ上のヴァリリア語を用いてる」という文脈をいちいち考えるか?っての。

トム・ハンクス主演の映画「ターミナル」
祖国でクーデターが起きて、政府が消滅・・・パスポートが無効となり、アメリカに入国することも、アメリカから出国することもできなくなった男の話ですよね。
国家、政府が消滅するということは、自分はどこにも属さない=存在してないことになるんだなぁ~なんて思ったんです。

国民あっての国家。
国家あっての国民。
ですから、国家を名指しして「○ね!」という言葉は、国民をも含めています。
浅はかで短絡的な怒りをネットに吐き捨てる。
机の中のノートに書くのと同じだと思ってるのでしょうか?
不特定多数の人が閲覧できるネットで吐く言葉じゃありません。

子を持つ親なら、言葉は慎重に選びましょう。
そして、そういう言葉を「流行語」として選定し、賞をあげちゃうような人たちに言いたい。

ヴァラー・モルグリス







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR

たまには雑記をば

ここのところ、ずっと「ゲーム・オブ・スローンズ」の情報を追ってきました。
「ドラマが放送されるまで待てばいいじゃん」と思われるかもですけど(苦笑)
まぁ、実は私もそう思ってはいます(笑)

しかし、この次章までの待ち時間ってのも、世界と同時進行で「あ~だこ~だ」やれるってのは、今まで経験したことがないので、どうせなら待ち時間も世界と共有したいって気持ちがあります。

「ゲーム・オブ・スローンズ」が日本で放送開始したのは、2013年の1月。
海外ではとっくに第二章まで放送済み。
そして私たち日本人が2013年の夏に第二章を見てた頃、海外では既に第三章が放送され終わってたわけです。
このズレってのは大きい。
なぜならば、私が「次章はどうなるのかなぁ~」と思っていても、海外ではとっくに放送が終わってますのでネタバレ全開なわけですよ。
憶測とかセオリーとかの段階は終わってる。
ですから、「ゲーム・オブ・スローンズ」に関する情報はシャットアウトしてました。

海外では「もしかしたら、こういう展開になるんじゃないか?」っていう話は先を進んでいたわけです。こっちが「第三章はどうなるの~?」という段階で、海外では「第四章はどうなるんだ?」って話になってましたから。
日本人は取り残されてたようなものですよね(苦笑)

私のアメリカに住んでる知人もGOTのファンで(原作も読んでいる)、私が見終わるまでネタバレになるような話をしないよう気を遣ってくれてましたよ。
でも「ジェイミーは案外良いヤツだとわかるよ」とか、チラッとネタバレ気味にはなってましたけど(笑)
第三章のあの衝撃のエピソードなんかは、私が見終わるまで黙っていたのは辛かったらしい。なんせ私はまだ「ロブは北の王!」とかで盛り上がっていましたし(苦笑)

・・・ということで、次章までの待ち時間に、このように「どんな展開になるんだろう?」と思いながら、セオリーを漁ったりするのが新鮮で楽しいんです。
第六章の放送開始前にそういった経験ができ、日米同時放送に歓喜。
アメリカの知人も気兼ねなく話せるようになって喜んでます(笑)
第六章で「日本も追いついたぞ~~~!!」って話をした時、お互いに喜んだりして。






★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

外国人のリアクションは派手

「ゲーム・オブ・スローンズ」第三章の”血の婚儀”(レッド・ウェディング)
そのシーンのリアクションがYoutubeに沢山upされてるんですけど、なんで外国人のリアクションはあんなに派手なんだ。

「お~まいがぁ~!!お~まいがぁ~!!」連呼です(笑)

まぁ、ビデオ撮影してるわけなので、意識して大袈裟にリアクションしてるのかなぁ?とは思うかもですが、ありゃ素ですよ(苦笑)

中には、叫んだり、転げまわったり、怒ったりの人も。

映画「ミスト」のエンディングのリアクションでも「お~まいがぁ~!!」
その言葉以外にないのかよ・・・と突っ込みたくなりますね(笑)

日本人はそこまで騒がず見てたでしょうね。
複数人と見てれば、何かしら声ぐらい出すとは思いますが、「えぇぇぇ!!」とか「うわぁ~!」とかぐらいでしょうね。






★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★