忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

生きろ!ショーン・ビーン!

最近の映画「オデッセイ」や「ピクセル」では生き残っていますけどね。
「お~~、最後まで生存してたぁ~」と感激するほど、彼は映画やドラマでの生存率が著しく低いことでも有名。

なんと、ゲーリー・オールドマンやスティーヴ・ブジェミを抜いて死亡率№1だとか。

ということで、ショーン・ビーンの映画やドラマでの死に様でございます。

牛と一緒に落下・・・(笑)


「白雪姫と鏡の女王」は王の役で出てました。
魔法で消されちゃって「まさか・・・」と思ってましたが、魔法が解けて最後に再登場。
エンディングは皆が踊っていたのに、ショーン・ビーンは踊っていなかった(苦笑)

インド風な音楽で楽しいですよ♪





★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR

キット・ハリントン更なる新作映画「The Death and Life of John F. Donovan」

「ゲーム・オブ・スローンズ」のキット・ハリントン。
第七章の撮影は2月までですが、彼の新しいドラマの撮影も2月から始まるそうで、忙しいですね。

そんなキットさん、来年公開予定の新作映画「The Death and Life of John F. Donovan」の撮影は終えてるそうです。
彼の役はJohn F. Donovanで主役(また”ジョン”ですねー)
共演者が豪華なんですよ。
ナタリー・ポートマン、スーザン・サランドン、キャシー・ベイツ、ジェシカ・チャステイン、マイケル・ガンボン(ナレーション)
製作国はカナダで、撮影はアメリカNY。

監督の Xavier Dolanは、アデルの「Hello」という曲のPVを監督した人です。アデルはこの映画にカメオ出演したとか。
ちなみに、アデルの「Hello」
この曲、好きなんですよ~私。


そして、監督にとって台詞が英語である作品は、今回が初めてだそうです(モントリオール出身なのでフランス語圏だからでしょう)

話の筋ですが、
Johnはアメリカの俳優。彼は業界での成功を目指していた。
しかし、ゴシップ雑誌の編集者Moira(ジェシカ・チャステイン)によって、Johnが英国の少年と関係を持っていることを暴かれ、俳優としての道が閉ざされそうになる。
様々なメディアはJohnが小児性愛者であるとし、バッシングを始める。
・・・というようなお話だそうです。ディープだなぁ。

撮影風景です。NYロケっぽいですね。
そこでクランクアップだったのかな?







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

キット・ハリントンの新作映画「Brimstone」

「ゲーム・オブ・スローンズ」のキット・ハリントン(ジョン・スノウ)とカリス・ファン・ハウンテン(メリサンドル)が出演している映画「Brimstone」がオランダを皮切りに、フランス、アメリカで公開されます(日本は不明)

「Brimstone」はオランダ、ドイツ、フランス、スウェーデン、英国等の合作映画。
カリス(メリサンドル)のプライベートのパートナーであるガイ・ピアーズとダコタ・ファニングが主演(ダコタちゃん、すっかり大人っぽくなったわ~)
ジャンルは、西部劇、ミステリー、スリラー・・・となってます。





どんな映画なのか?ということですが、紹介文には「生き残りの叙事詩」とありまして、「 Fear not. Retribution is coming(恐れるな。報復の時が来ている」という文言が。

予告編

面白そう。
日本でも公開するといいですね。
単館系だと、公開するなら来年以降になるでしょうけど・・・。







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★