忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

リトルフィンガーが踊る 映画「シング・ストリート 未来へのうた」

今月、スターチャンネルではジョン・カーニー監督作を特集しています。
日本では未公開の「オン・エッジ 19歳のカルテ」(2001年/アイルランド)も放送。キリアン・マーフィーが主演でした。

さて、今回は「シング・ストリート 未来へのうた」(2015年/アイルランド=英=米)の感想を。
ネタバレなしです。


【ストーリー】
1985年、アイルランドのダブリン。
不況下で父親が失業してしまったため、私立学校から公立学校へ転入を余儀なくされた14歳のコナー。学校ではイジメに遭い、家では両親の喧嘩が絶えなくなった。
コナーにとって楽しみなのは、ポップス好きの兄と一緒に見るMTV。
すっかりデュラン・デュランの虜になったコナーは、ある日、自称モデルのラフィーナと出会い一目惚れ。
思わず「バンドをやっていてPVを撮るから出て欲しい」と言ってしまう。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ジョン・カーニー監督作である、映画「ONCE ダブリンの街角で」と同様、音楽がたっぷりです。
何が嬉しいかって、80年代のポップスがバックに流れることですねー。懐かしい♪
それに、コナーたちのオリジナルソングもなかなか良い。

コナーの兄が流行のポップスやバンドの凄さを力説し、コナーがあっさり影響を受けたスタイルになってしまうのは笑ってしまいました。

アイルランドを舞台に、音楽を中心にしている青春映画の代表作は、アラン・パーカー監督作「ザ・コミットメンツ」だと思っていますが、ジョン・カーニーの作品は青春時代の切なさや痛みが丁寧に描かれているので、繊細さがありますね。

ですから、ジョン・カーニー作品は優しい視線を感じます。
「若者たちには可能性がある」といったメッセージが込められ、そのような作風が私は好きですね。

ハリウッド映画が80年代に置き去りにした青春映画。
「ランブルフィッシュ」とか「セイ・エニシング」等々・・・。
良い作品が多かったのに。

さて、この作品には「ゲーム・オブ・スローンズ」のリトルフィンガー役エイダン・ギレンがコナーの父親役で出ています。
劇中、踊っていたので「うぉぉぉぉぉ~!!!」と興奮したため、この記事のタイトルに入れちゃいました(苦笑)

踊るリトルフィンガー↓







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR

話題の「日の名残り」を読み始めたティリオン(ネタです)

英国のカズオ・イシグロ氏の作品が注目されていますね。



映画「わたしを離さないで」を見たことがあります(深いテーマでした)
で、映画の「日の名残り」(1993年/英=米)は、ずっと「見よう見よう」と思いながら未見でしたが、スターチャンネルで放送してくれました♪

アンソニー・ホプキンス主演で、エマ・トンプソン共演であることは知っていましたけど、他の情報は一切わからないまま鑑賞。
(「日の名残り」と「ハワーズ・エンド」がゴッチャになってた部分あり)

驚いた(苦笑)



レナ・ヘディが使用人役で出てました。
使用人として採用されたものの、同じ使用人の男性と「結婚します!」でとっとと辞めてしまって、登場は終了。

それとアンソニー・ホプキンス演じるジェームズ・スティーブンスの父親役に、メイスター・エイモン役を演じていたピーター・ヴォーンさんが出てましたね。

監督は「ハワーズ・エンド」に引き続き、ジェームズ・アイヴォリー。
品格のある作品を多く監督してますからねー。

↑こちらは「ハワーズ・エンド」

そしてジェームズ・アイヴォリー監督作「モーリス」に出ていたヒュー・グラントをはじめ、その映画に出ていた俳優さんが何人か出演してました。

ドラマ「ダウントン・アビー」でも屋敷の使用人が描かれていましたけど、執事って大変な仕事ですねぇ。
感想やレビューではないので、以上です(笑)







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

映画ネタ――家族が共演している作品

俳優の家族(親子、兄弟、夫婦)が同じ作品に出演しているものがあります。
その中から、いくつか紹介します。
尚、カメオ出演しているケースは省きます。

◆「ペーパー・ムーン」1973年/米

ライアン・オニール(父)、テータム・オニール(娘)
この作品は有名ですね。
テータム・オニールはアカデミー賞助演女優賞を史上最年少で受賞。

◆「黄昏」1981年/米

ヘンリー・フォンダ(父)、ジェーン・フォンダ(娘)
ヘンリー・フォンダの最後の出演作品で、アカデミー賞主演男優賞を受賞。


◆「センチメンタル・アドベンチャー」1982年/米

クリント・イーストウッド(父)、カイル・イーストウッド(息子)
中年歌手のロードムービー。
息子のカイルは甥の役で、歌手である伯父に憧れる。

◆「ウォール街」1987年/米

マーティン・シーン(父)、チャーリー・シーン(息子)
作品の中でも親子役。
お金の価値観が親子で異なるという設定。

◆「ヤング・ガン」1988年/米

エミリオ・エステベス(兄)、チャーリー・シーン(弟)
ビリー・ザ・キッドを題材にした作品で、エミリオ・エステベス主演。
トム・クルーズもカメオで出演してます。

◆「恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」1989年/米

ボー・ブリッジス(兄)、ジェフ・ブリッジス(弟)
ピアニスト兄弟と女性シーンガーのお話。

◆「ロッキー5/最後のドラマ」1990年/米
 
シルヴェスタ・スタローン(父)、セイジ・スタローン(息子)
作品の中でも親子役。

◆「評決のとき」1996年/米
 
ドナルド・サザーランド(父)、キーファー・サザーランド(息子)
同じ作品に出演していますが、二人が顔を合わせて会話するシーンはありません。

◆「ウィンター・ゲスト」1997年/英

フィリーダ・ロウ(母)、エマ・トンプソン(娘)
アラン・リックマンの初監督作品。
作品の中でも親子の役。
心を閉ざした娘と彼女を心配する母との対立や愛情の物語。

◆「ドニー・ダーコ」2001年/米

マギー・ギレンホール(姉)、ジェイク・ギレンホール(弟)
作品の中でも姉弟役。
一回見ただけでは理解できない複雑な筋立ての映画で、カルト映画になりました。

◆「シルヴィア」2003年/英

ブライス・ダナー(母)、グウィネス・パルトロー(娘)
作品の中でも親子役。
作家シルヴィア・プラスの半生を描いた作品。

◆「バンガー・シスターズ」2002年/米

スーザン・サランドン(母)、エヴァ・アムリ(娘)
作品の中でも親子役。
ゴールディ・ホーン共演で、昔グルーピー仲間だった友人と久しぶりに再会したことで巻き起こるヒューマンコメディ。

◆「幸せのちから」2006年/米

ウィル・スミス(父)、ジェイデン・スミス(息子)
ウィル・スミスの子供との共演が始まった作品(苦笑)
この頃のジェイデンは可愛かった。

◆「アイ・アム・レジェンド」2007年/米

ウィル・スミス(父)、ウィロー・スミス(娘)
ウィローは作品の冒頭に少し登場するだけですが。

◆「アフター・アース」2013年/米

ウィル・スミス(父)、ジェイデン・スミス(息子)
作品の中でも親子役。

◆「グロムバーグ家の人々」2003年/米(日本未公開)

カーク・ダグラス(父)、マイケル・ダグラス(息子)、キャメロン・ダグラス(孫)
マイケル・ダグラスがプロデュースした作品。
親子三代が初共演したという、ダグラス家の思い出作りのような作品ですね。

◆「ザッツ★マジックアワー ダメ男ハワードのステキな人生」
2008年/米(日本未公開)
トム・ハンクス(父)、コリン・ハンクス(息子)
親父が製作し、息子が主演。
親の望む道を嫌がり、自分なりの人生を生きていこうとする青年のお話。

◆「クリエーション」2009年/英(日本では東京国際映画祭にて上映)

ポール・ベタニー(夫)、ジェニファー・コネリー(妻)
作品の中でも夫婦役。
「進化論」で有名なチャールズ・ダーウィンの生涯を描いた作品。
宗教的に「進化論」は反発を受けやすいアメリカ。配給会社が配給を拒否したという、何とも言えないエピソードつき。



―以上です。
家族共演では、やはり家族の役が多いですね。








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★