忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

映画ネタ――家族が共演している作品

俳優の家族(親子、兄弟、夫婦)が同じ作品に出演しているものがあります。
その中から、いくつか紹介します。
尚、カメオ出演しているケースは省きます。

◆「ペーパー・ムーン」1973年/米

ライアン・オニール(父)、テータム・オニール(娘)
この作品は有名ですね。
テータム・オニールはアカデミー賞助演女優賞を史上最年少で受賞。

◆「黄昏」1981年/米

ヘンリー・フォンダ(父)、ジェーン・フォンダ(娘)
ヘンリー・フォンダの最後の出演作品で、アカデミー賞主演男優賞を受賞。


◆「センチメンタル・アドベンチャー」1982年/米

クリント・イーストウッド(父)、カイル・イーストウッド(息子)
中年歌手のロードムービー。
息子のカイルは甥の役で、歌手である伯父に憧れる。

◆「ウォール街」1987年/米

マーティン・シーン(父)、チャーリー・シーン(息子)
作品の中でも親子役。
お金の価値観が親子で異なるという設定。

◆「ヤング・ガン」1988年/米

エミリオ・エステベス(兄)、チャーリー・シーン(弟)
ビリー・ザ・キッドを題材にした作品で、エミリオ・エステベス主演。
トム・クルーズもカメオで出演してます。

◆「恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」1989年/米

ボー・ブリッジス(兄)、ジェフ・ブリッジス(弟)
ピアニスト兄弟と女性シーンガーのお話。

◆「ロッキー5/最後のドラマ」1990年/米
 
シルヴェスタ・スタローン(父)、セイジ・スタローン(息子)
作品の中でも親子役。

◆「評決のとき」1996年/米
 
ドナルド・サザーランド(父)、キーファー・サザーランド(息子)
同じ作品に出演していますが、二人が顔を合わせて会話するシーンはありません。

◆「ウィンター・ゲスト」1997年/英

フィリーダ・ロウ(母)、エマ・トンプソン(娘)
アラン・リックマンの初監督作品。
作品の中でも親子の役。
心を閉ざした娘と彼女を心配する母との対立や愛情の物語。

◆「ドニー・ダーコ」2001年/米

マギー・ギレンホール(姉)、ジェイク・ギレンホール(弟)
作品の中でも姉弟役。
一回見ただけでは理解できない複雑な筋立ての映画で、カルト映画になりました。

◆「シルヴィア」2003年/英

ブライス・ダナー(母)、グウィネス・パルトロー(娘)
作品の中でも親子役。
作家シルヴィア・プラスの半生を描いた作品。

◆「バンガー・シスターズ」2002年/米

スーザン・サランドン(母)、エヴァ・アムリ(娘)
作品の中でも親子役。
ゴールディ・ホーン共演で、昔グルーピー仲間だった友人と久しぶりに再会したことで巻き起こるヒューマンコメディ。

◆「幸せのちから」2006年/米

ウィル・スミス(父)、ジェイデン・スミス(息子)
ウィル・スミスの子供との共演が始まった作品(苦笑)
この頃のジェイデンは可愛かった。

◆「アイ・アム・レジェンド」2007年/米

ウィル・スミス(父)、ウィロー・スミス(娘)
ウィローは作品の冒頭に少し登場するだけですが。

◆「アフター・アース」2013年/米

ウィル・スミス(父)、ジェイデン・スミス(息子)
作品の中でも親子役。

◆「グロムバーグ家の人々」2003年/米(日本未公開)

カーク・ダグラス(父)、マイケル・ダグラス(息子)、キャメロン・ダグラス(孫)
マイケル・ダグラスがプロデュースした作品。
親子三代が初共演したという、ダグラス家の思い出作りのような作品ですね。

◆「ザッツ★マジックアワー ダメ男ハワードのステキな人生」
2008年/米(日本未公開)
トム・ハンクス(父)、コリン・ハンクス(息子)
親父が製作し、息子が主演。
親の望む道を嫌がり、自分なりの人生を生きていこうとする青年のお話。

◆「クリエーション」2009年/英(日本では東京国際映画祭にて上映)

ポール・ベタニー(夫)、ジェニファー・コネリー(妻)
作品の中でも夫婦役。
「進化論」で有名なチャールズ・ダーウィンの生涯を描いた作品。
宗教的に「進化論」は反発を受けやすいアメリカ。配給会社が配給を拒否したという、何とも言えないエピソードつき。



―以上です。
家族共演では、やはり家族の役が多いですね。








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR

映画「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」

上質なサイコサスペンスと言える作品です。
原作はエドガー・アラン・ポーですし。
短編小説「タール博士とフェザー教授の療法」を基にした作品。

では、今回もネタバレなしでのレビュー。



監督:ブラッド・アンダーソン
出演:ケイト・ベッキンセール、ベン・キングスレー、ジム・スタージェス
製作:2014年/アメリカ

【あらすじ】
19世紀末、イギリス。
オックスフォード大学の医学生エドワードは、冬の雪深い山の丘の上に建つストーンハースト精神科病院へ訪れた。
エドワードは事前に実習させて欲しいと手紙を送っていたが、その手紙は病院へ届いておらず、改めてラム院長に実習の件を話して許可を得る。

病院での治療方針は、拘束や過激な治療ではなく、患者を自由に過ごさせるものだった。

院内を案内されたエドワードは、ピアノを上手く演奏していたイライザ・グレーブス夫人を見かけ興味を示した。

ある日、エドワードは自室で過ごしていると地下の方から何かを叩く音が聞こえ、彼は地下室へと向かう。そこでエドワードが目にしたものは…。


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もったいぶった”あらすじ”(苦笑)

「ベン・キングスレー、また医者の役かよ」と思えるキャスティングですけどね。
彼の息子がチョイと出てきてました。
日本では地味目に公開した映画ですが、出演している方々は豪華です。


で、なんとなくレオナルド・ディカプリオ主演「シャッターアイランド」を彷彿とさせますが、混乱することはありません。
演出も派手ではないですし、気構えることもなかったです。

話の構成としては二転三転する捻り(どんでん返し)があるんですが、作品自体が「謎解き」に重点を置いていませんから、「へぇ~」という感じでした(私は、ですが)

そういった捻りよりも、最後に差し掛かるシーンで「心の病」とは何か?というものを考えさせるショットが上手いな~と思いました。
自分の行ったことへの罪悪感から心を病んだ人。
人工的に心を空っぽにされた人。
その両者の違いは何か?という風な描写の方が、オチよりも大事な気がします。

19世紀末、今では考えられないようなことで精神異常とされていた時代、「まともであること」を強いられていた時代の息苦しさを感じさせます。
ラストはそういう意味で、自由に生きたいように生きることを否定されていた時代を皮肉るシーンですね。

英国映画「モーリス」
舞台設定として、19世紀末~20世紀になったばかりのイギリス。
この作品でもベン・キングスレーは精神科医を演じていましたが、同性しか愛せないモーリスにこう言いました。
「イギリスは人間性を否定する国だ」

※映画「モーリス」


「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」は物足りない!と思った方。
もっと狂気じみた展開にした映画がお望みなら、同じくエドガー・アラン・ポーの「タール博士とフェザー教授の療法」を”ゆるやかに”基づいて製作されたチェコ映画の「ルナシー」をお奨めします(や、あんまり奨めないけど/苦笑)
2005年製作でヤン・シュヴァンクマイエル監督作品。
かーなーりー、表現が過激でキツイです。
見てるだけで、こっちの精神が参りそうに…。






★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

映画「パッチ・オブ・フォグ―偽りの友人―」

「ゲーム・オブ・スローンズ」のヴァリスを演じてるコンリース・ヒル主演の作品な上に、”予測不能のショッキングスリラー”と銘打っていたので見てみました。
レビューと言うほどのものではありませんが、ちょっとした感想を(ネタバレなしです)

監督:マイケル・レノックス
出演:コンリース・ヒル、スティーヴン・グレアム、ララ・パルヴァー
2015年/イギリス
【ストーリー】
25年前に出版した小説がベストセラーになり、テレビ出演や大学の教授をしているサンディ。
そんなセレブな生活をしていながらもサンディは万引き癖があり、スーパーでいつものように万引きをするが、警備員のロバートに呼び止められた。
ロバートは防犯カメラが映した万引きの映像をダシに、サンディに友人になるよう迫る。

           ・・・・・・・・・・・
現在スターチャンネルで放送中の「TABOO」に出ているスティーブン・グレアムがロバート役です。大人しそうで何を考えてるのかわからない不気味さがありましたよ。
低予算映画でイギリス以外では公開されないかもねー~と言われてたそうですが、今年の一月にアメリカでも公開されたそうです。


私はコンリース・ヒル目当てで見ましたが、彼の細かい演技に目を見張りました。
語り口調はヴァリスの時とはやはり違います。
髪の毛はありますよ(苦笑)

弱みを握られた上にストーキングされてるような状態で、主人公サンディが何とかこの状況から逃れようとするんですね。
「予測不能」と言うだけあって、どういったオチになるかと思いきや・・・・。

緊張させるところと緩めるところのバランスが良いですね。
時折「この二人は何気に上手く付き合っていけたりするんじゃ?」などと思わせるようなところもありますが――その後は再び怪しげな展開になったりと、目が離せなくなるという構成の上手さがありました。

そして、「ゲーム・オブ・スローンズ」でバリスタン・セルミーを演じたイアン・マッケルヒニーも顔を出してました。
GOTでは二人のツーショットはなかったですよね。
ですから、二人が並んでるシーンに一人で盛り上がりましたよ(笑)


この作品自体、エンディングでとても複雑な気分になりました。
単なるストーカーの男とストーカーされる男の話で終わらないという、何とも胸が痛むとでも言いますか。
見る機会があったら、是非どうぞ。
なかなか良くできた作品だと思います。







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★