忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

第七章で気づかなかったかもしれないこと@ゲーム・オブ・スローンズ

第七章は、それまでのシーズンで描かれた”コールバック”っぽいことが多々ありましたね。これを海外では”イースターエッグ”と呼ぶ場合がありますが、私は「パンくず拾い」と呼びました。

当ブログで、それらのいくつかは既に紹介しました。

第一話目ではハウンドたち、旗印なき兄弟団が訪れた家


他にはジョンとジェンドリーが初対面したシーンアリアがナイメリアと再会したシーン、ウィンターフェルに戻った時の門番との絡みなど。
まだまだ”コールバック”や”イースターエッグ”の類はあったんですけど、過去記事で紹介してますので漁ってみて下さい(不親切)

今回はコールバックも含め、言われて初めて「そういうことだったのか」と気づくことを改めていくつか紹介します。

第七章、細かすぎて気づかなかったかもしれないこと


◆ロバート・バラシオンが言った愚か者はジェイミーになった

第一章第五話。
ロバート・バラシオンとサーセイが二人で向き合い、話をするシーンがありましたね。その時、ヴィセーリス・ターガリエンがドスラク人を率いてウェスタロスに乗り込んでくるかもしれないという話をしていました。

ロバートは、「ドスラク人と平野で出くわすのは愚か者だけだ」という風に語っていましたが、その愚か者がジェイミーたちになったというオチです。

更にデナーリスに向かって突進するジェイミーをティリオンは「愚か者」と言いながら、危惧していましたね。


◆狂王エイリスとデナーリスを結びつけた

ジェイミーはサムの弟であるディコンの名を二度に渡って間違えました。

これらは、ディコンが狂王エイリスに処刑された「リカード・スターク」のように処刑されるという、前振りのような描写ということでしょうね。(リカード=リコンなので)
リカード・スタークがエイリスに処刑されたように、ディコンは娘デナーリスから処刑される繋がりを示すラインとなりました。


◆イーストウォッチに乗り込んだデナーリスの衣装

デザイナーによると、ドレスの柄はホワイトウォーカーの皮膚のシワシワ模様を施したんだそうですよ。
言われてみれば・・・という(苦笑)

加えて、ドレスの背中の施されている部分はゴールドっぽい色。
それは夜の王に倒されたヴィセーリオンの色であり、死の軍団側に加わることを示唆してたデザインだったとか。
ドレスにヒントがあったとは!


◆喜びの塔にアーサー・デインがいた理由が明確になった


若きエダード・スタークが喜びの塔へ到着し、ターガリエンの王の楯アーサー・デインがいましたね。
アーサーはレイガーの命令でそこにいたわけですが、王もレイガーも死んだのにエダードに対して戦いを挑みました。
自分たちの君主が死んだのに、アーサーは「ここから始まる」と言って戦いを始めた。その理由がわからなかった方もいたかと思います。

その理由が第七章で明確になりました。

レイガーとリアナは正式に結婚し、塔の中には後継者である子供(ジョン)が誕生しようとしていたからです。
つまり、アーサーにとって君主は健在であるということでした。



ついでに…


以上ですemoji






★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR

物語の終わりは驚きの結末?@ゲーム・オブ・スローンズ

最終シーズンの撮影が始まってから半年が経過。
中には既に自分の分を撮影し終えた俳優もいますが、撮影期間でも様々なメディアで俳優の皆さんはインタビューを受けています。


ちなみに、赤の王城のセットではまだ撮影は行われていません。
その赤の王城には、第七章で使用した対ドラゴン兵器「サソリ」が設置されたという情報も(クァイバーンが頑張って改良したようです)

結末に於ける俳優の見解


ドラマに出演している俳優たちのインタビューをいくつか読みましたが、インタビュアーは気になる「物語の終わり」のヒントを聞き出そうとしてます(苦笑)
当然、具体的な内容は俳優の口から言及されることはありません。

そして、「そう答えよ」と指示されてるのか、本当に自分の感想を述べているのか不明ですけど、彼らが物語の終わりに関して共通して述べていることがあります。
それは「(少し)驚いた」です。
想定していなかった展開になるというニュアンスが共通しているんですね。

加えて「(ファンにとって)好きなエンディングかどうかは意見が分かれるだろうが、素晴らしい結末である」ということも、俳優たちは答えています。
恐らく物語としての結末は素晴らしいけども、個別のキャラクターファンにとってキャラクターの辿る結末に不満を抱く人も出てくるんじゃないか?ということかもしれません。

もっとも、万人が納得できる結末を作り出すのは不可能です。

結末は衝撃的?


ショーランナーのD&Dが言っていたそうですが、原作者のGRRMから衝撃的なことが3つ示されたそうです。
それは「シリーンの死」「ホーダーの運命」そして「結末」

シリーンの死とホーダーの真実は既に放送されましたが、確かに衝撃的でした。いずれも「死」に関わっていることでした。
そうなると、残す「結末」もそういう傾向かもしれませんねぇ。

第一章で主役的な役割のあったエダードの処刑を見てもわかるように、GRRMは容赦ありません。
アリアとジェンドリーが結婚して、ストームズエンドの城で幸せに暮らしましたとさ・・・というディズニー映画のような結末は望めないということですね(苦笑)

GRRMは、ファンの中には既に結末をわかっている人が何人かいると述べていました。それはネット上での「セオリー(理論)」の中にあるのかもしれません。

過去シーズンで家長を亡き者にしてきたライン


結末を考えるには、67話もの間に描いてきた流れも無視できません。

7シーズンに渡って描かれながら、忘れてしまいがちな共通点があります。
それは「家長・領主・城主の死」です。

ドラマはジョン・アリンの死で動き出しました。
そして、ロバート・バラシオン、エダード・スターク、レンリー・バラシオン、ホスター・タリー、リカード・カースターク、スタニス・バラシオン、タイウィン・ラニスター、ドーラン・マーテル、メイス・タイレル、ベイロン・グレイジョイ、ルース・ボルトン、ランディル・ターリー(他にまだいるかな?)

デナーリスが「車輪」として語った各名家の家長たちは、全員亡くなったことになります。これは古い体制の象徴だったのではないか?と思います。

ドラマでは過去二回、「古いものを壊す」というような台詞がありました。
第四章、高巣城にてサンサが雪で作ったウィンターフェルを壊したロビンに怒った後、リトルフィンガーは「良きものを作るには古いものは壊さなくてはならない」と言いました。


第六章、クァイバーンが小鳥たちを使ってパイセルを誘き寄せた時、「新しいものを採用するには古いものは邪魔になる」という風に言いました。

ロビンと小鳥たちが共通してる点は「子供」であり、将来を作り出すであろう世代・・・ということかもしれませんね。

このようにピックアップすると、過去シーズンは何を描いてきたかが垣間見れ、一貫性があることに気づくと思います。
デナーリスの「車輪を壊す」という台詞は、それらを示しているような気もします。

ですから、最終シーズンは「戦乱の時代」そのものに終止符を打つんじゃないか?と思えます。加えて君主制の崩壊。
しかしそれは、一人の英雄が成し遂げ万々歳という訳ではないでしょう。

(多くの者が倒れるだろう。だが我々は何者だと?我々は名もなく、家族もいない。ひとりひとりは貧しく無力だ。だからこそ団結し、帝国を倒すことができる)
             ハイ・スパロー







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

第八章 グリーンスクリーンでの撮影は続く@ゲーム・オブ・スローンズ

4月に入りましたが、グリーンスクリーンを張った撮影現場での撮影はまだまだ続いているようです。
恐らく、場所設定が沢山あるんだと思います。
撮影は夜間が多いんですけど、照明によっては昼間のシーンとして用いられてるケースもあるらしいです。

今回の撮影は穢れなき軍団のシーンらしい。


※デナーリスが「激おこ」であるとは限りません(苦笑)

まず、ツイッターにアップされている写真。
凄くわかりにくいんですけどね(苦笑)
向かって左端に穢れなき軍団の格好をした人たちがいます。
そして、投石器らしきものも写ってるということですが。

第四章第三話、ミーリーンに到着した時に投石器がありましたね。


ミーリーンからウェスタロスに持ち込んだのかどうかはわかりませんけど、投石器を使用して攻撃するシーンがあるのかもしれません。
相手は誰なのかは不明ですが、死の軍団かラニスター軍しかいませんし(ゴールデンカンパニーかもしれないですが)

それと、このような話も――。
デナーリスたちが北部へ集結しますが、食糧問題が生じるのではないか?という意見もあるんですねー。

ドラゴンストーンでは食糧が豊富にあったのかは知りませんが、デナーリスたちは自分たちの食糧確保が充分であるとは限らない。
ですから、デナーリスたちがウィンターフェルに到着すると、まず食糧問題が生じるのではないか?という予想を立てている人もいます。

ウィンターフェルでサンサは備蓄を開始していましたけども、死の軍団が現れたことで想定以上の北部の人々がウィンターフェルに殺到。
備蓄はまったく足りないのではないかと。

北部の諸侯たちはジョンがデナーリスに跪いたことより、そういった食糧問題によって反発が生じるのではないか?ということですけどね。

そして、死の軍団によってパニックになった北部の人々がウィンターフェルに殺到した場合、混乱は生じますね。
ウィンターフェルのセットで穢れなき軍団の撮影が行われましたが、相手が死の軍団やラニスター軍だとは限らないのではないか・・・という意見も。


さて、先日「第八章でドラゴンピット再び」で書きましたが、スペインのセビリアでの撮影情報です。


地元のメディアによると、セビリアの自治体は撮影で使用するイタリカの遺跡を5月3日~5月18日まで閉鎖すると告知したそうです。
約2週間ですね。

その2週間は撮影準備のためにセットを作ったり、機材の搬入などを行い、撮影本番。そして撤収作業までの期間だと思います。

昨シーズンは準備に割と時間を使っていた記憶。
今回は期間が短いですので、第七章並のセットじゃないかもしれませんねぇ。
全体を使うわけではなく、一部だけを使用するのかも。

どんなシーンの撮影なのか色々と憶測が飛んでいるんですけど、そこでのシーンを撮影する俳優が誰なのか情報が伝わってきたら、更に大騒ぎになるでしょう.








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★