忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」をより楽しむことを目指しています。写真の合成加工作品も掲載。

最終章 #2@ゲーム・オブ・スローンズ

字幕は「世界同時放送用」だって~。
そうなのかぁ~。だから変なのね。
それにしても「お前」呼ばわり多すぎだって。誰が字幕やってんのかしらね?

では、ネタバレですので未見の方は注意。



どうも今回のエピソード、事前に漏れちゃってたみたいですよ。
ドイツのAmazonプライムでの放送で、第一話の後に第二話まで見られる状態になってたらしいです。それでSNSなどでネタバレが拡散されてたらしい。

まったく、何やってんだか。

さて、今回の驚きはアリア~~~~~~!

第二話の中心は、死の軍団がウィンターフェルに近づいてる状況下、人生最後の夜になるかもしれないキャラクターの様子です。
もしかすると、生きている状態で目にするのは最後になるキャラクターも含まれているでしょう。
嵐の前の静けさの中、何気ない会話が大事に思えるエピソードです。
最後の夜になるかもしれない人々の描写と重なるポドリックの上手な歌が効果的でしたね。その歌もラミンさんの作曲だそうです。

このオフィシャル動画、絶対に見て!
私は泣いた。


エピソードの冒頭はデナーリスvsジェイミー。
彼女の父親を殺した男が目の前に現れました。
しかも、ジェイミーが一人だけでやって来た。
「軍の姿がないけど、どういうことよ」とデナーリスは問い詰めます。

ジェイミーはサーセイが協力すると言ったのは嘘だったことを話し、デナーリスの怒りはティリオンにも向けられた。
「あなたがやることなすこと、すべてダメじゃん」
デナーリスもサンサもジェイミーに対して懐疑的でしたが、そこへブライエニーが間に入り、ジェイミーは信用できると訴えました。

サンサはブライエニーを信用してますので、彼女の言葉を信じました。
シオンと共に逃げたサンサをボルトンの兵から守ったのがブライエニー。あの場所に行けたのは、ジェイミーのお陰だということを伝えたわけです。

サンサはジェイミーへの警戒を解きました。
しかしデナーリスは納得できていません。

そこでデナーリスはサンサに会って話をします。
サンサは依然としてデナーリスがジョンをコントロールしているんじゃないかと信用していませんでしたが、「私の目的は鉄の玉座であり、ジョンをコントロールしてるなら、わざわざ北部へは来ない」という言葉にサンサは納得。
しかし、サンサは「奪われた此処を私たちは奪い返し、二度と誰かに屈しないと誓った」という話をし、「あなたは北部の何を知ってんの?」とデナーリスを問い詰めます。

前回「ボタンの掛け違い」という風に私は表現したのですが、そのズレは解消されませんでした。むしろズレが大きくなったようです。
サンサは権力を握ろうとする者が裏切ることや、権力者が暴君化することを知っています。ですからデナーリスに対し、その危険性があるということを拭い去れないのでしょう。



そんな時、シオンが幾人かの鉄の兵を伴ってウィンターフェルに到着。
サンサとシオンの再会シーンは、視聴者に二人がラムジーから散々虐げられ、逃げ出すまでの苦難の道のりを思い出させるものです。

ブランとも再会したシオンは、ウィンターフェルを奪ったことを詫び、今度はブランを守ると告げます。

そして、今回のエピソードはとにかく「ジェイミーとブライエニー」
ジェイミーは、かつてブライエニーと一緒に王都へ向かっていた時のように、悪態をついたり皮肉を言うことがありません。
むしろ、自分はもう戦闘力が乏しくなってると認め、ブライエニーの傍で一緒に戦わせてくれと頼みます。
悪態をつくジェイミーばかり見てきたブライエニーは、そんな素直で実直な彼に戸惑います。

私が一番好きだったシーンは、ジェイミーがブライエニーを騎士として任命するところ。

嗚呼、この二人はやっぱり特別♪
男女関係の愛とかそういうのを越えてる気がする。
互いにリスペクトし、尊重し合うって素敵emoji

トアマンドがブライエニーに「何で騎士じゃないのか」と尋ね、「女は騎士にはなれない」って言ったブライエニーに対し、ジェイミーが「騎士である俺は任命できる」と言った瞬間からの流れ。
本当に良いシーンでしたemoji
心なしか、ブライエニーの目はうるんでたような気がします。
トアマンドが騎士になったブライエニーに拍手。

もうこのシーンだけで私は大満足ですemoji

ウィンターフェルでは死の軍団との戦いの準備が着々と進んでいます。

やはり、リアナ・モーモントとジョラー、従兄妹同士の会話シーンが入りました。
ジョラーはリアナちゃんが子供だから彼女が戦うことを危惧してましたが、リアナちゃんも戦うんですね。
彼女の母親も戦士でした。

ジョラーのところにサムが剣を持ってやってきました。そして、ターリー家で代々受け継がれてきたヴァリリア鋼の剣をジョラーに託します。
第七章が放送される前、知識の城にてそのシーンがあるんじゃないか?と予想されていました。第七章ではなく最終章ではありますが、その予想はビンゴでした。

終盤は、地下墓所でリアナの墓前にいたジョン。
そこへデナーリスが来ました。
彼女の兄レイガーがリアナを連れ去って・・・という話は、デナーリスも聞かされていたようですね。

ジョンはレイガーとリアナは愛し合って、秘密裏に結婚し、二人の間には子供が産まれたという話をします。
その子供はネッド・スタークが引き取り、ロバート・バラシオンから守るため、自分の落し子として育てたという話もデナーリスにしました。

デナーリス「!」
ジョン  「俺の本当の名前はエイゴン・ターガリエンだ」
デナーリス「!!マジで?誰がそう言ったの?」
ジョン  「弟が見たらしい」
デナーリス「見た??」
ジョン  「サムも知識の城にあった本で確認した」
デナーリス「ターガリエン家最後の嫡男ってこと?」

ジョン・・・自分がターガリエンと知っても、思いの外、特に葛藤はなかったようです(苦笑)
その件について、まだサンサは知らないみたいですね。

そして、放送前に予想されていましたが、ミッサンデイがデナーリスの元から去るのではないか?ということが「ビンゴ」になりそう。
グレイワームは生き残るかはわかりませんが、いずれにせよミッサンデイは自分の出身地に戻るかもしれません。
グレイワーム自身が行きたい所に行くことを望んでるっぽいので、彼がもし命を落としたとしても、ミッサンデイは彼の魂と共にナースへ戻るのかも。

いよいよ、死の軍団がウィンターフェルに到着します。


■関連記事■
最終章#2「A Knight of the Seven Kingdoms」を解説してみる



第三話の予告。


第三話は死の軍団とのバトルだけが描かれると思います(ゴーストまだぁ?)
何人か、次のエピソードでお別れしてしまうキャラクターもいることでしょう。
切ないですね。
来週の29日は運良く休日です。
放送時間も約一時間半と長くなりますので、トイレは済ましておきましょう。








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR