忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」をより楽しむことを目指しています。写真の合成加工作品も掲載。

ウェスタロスが民主主義になる?@ゲーム・オブ・スローンズ

多くのファンは、「ゲーム・オブ・スローンズ」の最終的な結末を「ウェスタロスが民主主義になる」と予測しているそうです。
私も同じで、絶対王政は終わりを迎える・・・つまり、鉄の玉座には誰も座らないと思っています。
それは、多くのキャラクターの死を意味するというわけではありませんけどね。

たとえば、アメリカ合衆国のように。
日本の都道府県の首長とは異なり、アメリカの州知事は大きな権限があります。
州にはそれぞれ法律を制定していますし、中央政府ですらそれらを蔑ろにする権利がないほど、確立しているものです。
ウェスタロスも同様になるかも・・・というのが私の予想でもあるんですが。

夜の王との戦いによって、民衆の重要性を見出すでしょう。
デナーリスは奴隷解放を行ってきましたが、すべての人々には権利があるという流れでしたし、ヴァリスが”力(パワー)”について、ティリオンに「”力”はあると思うところに存在する」という話をしました。
真の戦いでは、デナーリス、ジョン・スノウたちのみで戦いきれるものではなく、全ての人々が結束してこそだと思います。

ジョン・スノウは、自ら王になることを望んではいませんでした。
彼の場合は、王ではなくリーダーとなる役割があるため蘇ったと思います。
ヒーローが出現して人々を救う~なんて展開より、私はそっちがいいな(苦笑)
真の戦いに勝利した場合でも、その後の復興も重要ですし。


さて、話は変わるんですが、ダヴォス役のリアム・カンニガムが宣伝のためにバンコクへ訪れたそうです。
ふむ、タイもアメリカと同時放映ですねー。
日本時間ですと7月17日の午前10時からですが、タイ時間では午前9時から。

そこでのインタビューで、「ダヴォスは視聴者の感情とリンクさせているキャラクター」という辺りの話が面白いです。
「ドラマでは道徳的な曖昧さが中心になっているが、ダヴォスの言葉はある意味”良心”の声だ」という点に納得ですね。
ジェンドリーを救い、ジョン・スノウが真の戦いで必要だと認識していたので、メリサンドルに蘇らせて欲しいと頼んだり。



リアム・カンニガムもまた、「ジョン・スノウは玉座を望まないだろう」と語っています。
もしも誰か玉座に就くとしたら?という質問には「サムウェル・ターリーが適任だが、誰でも座れるし、誰も座らない」と答えたそうです。
※記事です。
http://says.com/my/entertainment/exclusive-interview-with-liam-cunningham-ser-davos-seaworth-from-game-of-thrones





★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR