忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」をより楽しむことを目指しています。写真の合成加工作品も掲載。

最終章 #1@ゲーム・オブ・スローンズ

のっけからビックリ!!
・・・・では、ネタバレですので最終章未見の方は注意。


第一話のリキャップは後ほど。
(面倒だから書かないかも/苦笑)




OPクレジット思い切り変わってましたね。

赤の王城からではなく、ぶっ壊れた北の壁からスタート。
ウィンターフェルや赤の王城は内部まで映し出されてましたね。
最終章でOPが変わるのは驚きました。
若干、違和感も。

そして違和感と言えば、字幕
サンサはティリオンを「お前」呼ばわりですよー。
なんかサンサの口調が偉そうになってるし。
字幕で口調を変えたのは何故でしょうか?

鉄の民が口にする「死せるものは死なず」が「死者は永遠に死なない」みたいに変わってるし、最後になって色々変えるってどういうことよ。
過去シーズンを配慮して統一してもらわないと戸惑うじゃないですか!


さて、ジョンとブランの再会シーンは、第一章第二話でジョンが昏睡状態のブランに別れを告げた時の再現でしたね。
別れと再会は、おでこにキス。

デナーリスに対して不信感を抱いているであろう北部の方々。
特にデナーリスを見るサンサの視線がビリビリemoji
マジで嫌ってる風でした。
加えてリアナ・モーモントはジョンに激おこ。
「なんでリアナちゃんは怒ってるの?デナーリスに跪いたから?」と思ってる方は、当ブログの「ジョンからサンサ宛の手紙」をご覧下さい。


ジョンが初めてドラゴンに乗って飛びまくりましたが、そのシーンの長いこと長いこと。

気合入れたVFXだから長くしたんでしょうか?
まぁ見ていて楽しかったですけど(笑)
「そんなん、してる場合じゃないだろうに」とチョッと思えました。
たぶん「ファンのみんな!これを望んでたんだろ~?」ということで、サービス映像なのかも(苦笑)

第一話の山場は、サムが父親と弟をデナーリスに処刑されたと知ったこと。
デナーリスもまた、ジョラーの恩人であるサムの家族を処刑したと知ったこと。
そして、ジョンが自分の真実を聞かされたこと。
このラインでのジョン・ブラッドリー(サム役)は素晴らしかったと思います。

今回のエピソードでは、アリアの再会シーンが多かったですね。
ジョンとの再会シーンは良かった。

ジョンはサンサの話をし始めましたが、彼はサンサを少し見くびってる側面があります。だからか、アリアはサンサが家や北部を守ろうとしていることをジョンに話しました。
ジョンは「俺も家族だ」と言い、アリアは「それを忘れないで」という風に答えました。この会話はもしかすると、重要なポイントを示してるかもしれません。

サーセイはジェイミーとティリオンを抹殺するために、ブロンを刺客として送り込む計画。
ブロンは利己的な面がありますが、抹殺する指示に従うのかな?
事前情報でとりあえずブロンは北上することがわかってます。

第一話の終盤。
生きてたベリックとトアマンド登場♪
壁の近くに位置するアンバー家は死の軍団に襲われましたね。
ネッド・アンバーは気の毒な姿になっちゃって。
最終章に於ける退場者第一号になってしまいました。

火が点いたスパイラルは、ターガリエンの紋章にも見えますね。
あれも、何かのメッセージなんだと思います。


シオンによるヤーラ救出は、ビックリするほど呆気なく終わって驚き。
まぁいいけど。
壁が壊され、ヴィセーリオンが青い目になり、死の軍団が南下してるという情報を聞いてるのに、ジョンはデナーリスとイチャついてるとか・・・。
話の立ち上がりなので仕方ないかもしれませんけど。

ウィンターフェルに到着したジェイミーとブランの対面で終えるのは、第一章第一話のコールバックでしょう。
その第一章第一話もジェイミーとブランで終えてましたからね。
ブランがずっと外で待っていたのは、ジェイミーが来ることを知っていたから。

■関連記事■
最終章#1「ウィンターフェル」を解説してみる
【解説】最終章#1北部ではなぜもめているのか?


◆第二話の予告◆
 
「子供の頃、父上を殺した男の話を兄から聞いたわ」・・・デナーリス、ジェイミーをガン見。
隣ではサンサが冷ややかに見てるって感じでしょうか?
意見の衝突もあるみたいですね。

ウィンターフェルでは、更にギスギスした状況になりそう。
そんな中、死の軍団が迫ってきているようです。








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR