忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

裏話:第五章#1~#2@ゲーム・オブ・スローンズ

第七章が終了しましたので、裏話を再開します。




◆第五章 第一話「新たな戦いの幕開け」
  • 原題のエピソードタイトルは「The Wars To Come」で、マンス・レイダーがスタニス・バラシオンに対し言った「I wish you good fortune in the wars to come」と、ティリオンがヴァリスに対し言った「I believe men of talent have a part to play in the war to come」からきている。
  • このエピソードをもって、タイウィン・ラニスター役のチャールズ・ダンスのドラマ出演終了。
  • ミッサンデイ役、トメン役、ダーリオ役の俳優がオープニングクレジットに名前が表示。ミッサンデイ役のナタリー・エマニュエルには「サマー島」は蝶の島と言われていることから”蝶”のアイコンがついている。
  • 第五章では、ブランとグレイジョイが登場しない。ブランに関しては原作に追いつき、三つ目の鴉から訓練を受けていると暗に示すことにしたため。
  • サーセイの少女時代のフラッシュバックシーンが描かれたが、ドラマでは特定キャラクターのフラッシュバックは初めてとなる。
  • 少女時代のサーセイを演じた子は、過去シーズンのサーセイのシーンを見て言葉のアクセントや動作を似せるようにした。
  • サーセイのフラッシュバックシーンは放送された長さが4分間であったが、撮影に二週間かけていた。それはセットや照明などの調整を細かく行っていたため。
  • そのフラッシュバックシーンは、「ロバートの反乱」が起きる5年前の出来事。
  • 魔女が予言したサーセイの3人の子には、ロバートとの間に生まれた黒い髪の子は正式に含まれていないと脚本家ブライアン・コグマンは表明した。乳児で亡くなったためカウントされていないとみなされた。
  • 魔女が影の中に座って現れるシーンは、映画「地獄の黙示録」のカーツ大佐登場シーンの視覚効果をオマージュ。
  • サーセイはジェイミーが父親の望みに反して「王の楯」になったと語ったが、実際はサーセイがジェイミーをそばにいさせるため王の楯になるよう仕向けた(当時、サーセイはレイガーと婚約していたからだと解釈される)
  • ランセル・ラニスターは、ブラックウォーターの戦いで負った傷から命の危険に瀕する感染症を発症していたと原作で書かれている。その治療や体力回復のため、第三章と第四章では姿を消していたことになる。
  • ランセルは自分の罪を購うことを誓ったことで、七神が救ってくれたと信じた。
  • ランセルの父ケヴァン役の俳優は、スケジュールの都合で第三章と第四章に出ることができず、ドラマではランセルの状況が説明できなかった。
  • ケヴァンとランセルの父子が同じ場面に登場したのは初めて。
  • マンス・レイダーは元々ナイツウォッチであり、誓いを破って脱走した者となる。そのため、マンス・レイダーはスタニスに跪かないためだけではなく、ナイツウォッチから脱走した罪によって処刑される意味合いもある。
  • マンスの火刑のシーンでの炎はCGではなく、昔ながらの撮影方法で火の近くに俳優が立ち、カメラレンズの角度によって火の中にいるように撮影されたもの。
  • ティリオンが木箱に入ったままペントスまで運ばれるシーンで、木箱の穴から外を見ている一人称視点は脚本にはなかった。




◆第五章 第二話「黒と白の館」
  • エラリア・サンド役、ジャクェン役の俳優がオープニングクレジットに表示。
  • ミアセラの登場は第二章以来。キャストが変更されている。
  • このエピソードで初めてドーンが舞台として登場。今回はマーテル家の紹介。
  • サーセイに届けられたドーンからの箱は、キチンと開くまで15回もテイクを行うこととなった。
  • ナイツウォッチ総帥を決める選挙のシーンで登場したデニス・マリスターを演じた俳優は、そのシーンの撮影4日後に亡くなった。
  • ドラマで「灰鱗病」という名称に言及したのは初めて。第三章からシリーン・バラシオンは登場していたが、彼女がその病になった経緯が初めて明かされた。
  • アリアが訪れたブレーヴォスで、なぜか人々が低ヴァリリア語を話さない。
  • アリアは第一章と同じく鳩を捕らえた。
  • アリアのリストが簡潔になった。リストから削除されている中に「イリーン・ペイン」がいるが、イリーン・ペイン役の俳優が癌で入院のために降板したことで、リストから外されたと思われる。
  • 黒と白の館にいたのは「ジャクェンの顔」をした顔のない男であり、名前もジャクェンではない。第二章で登場した男と同一人物ではない可能性が高い。
  • ブライエニーがサンサを見つけることは、原作にはない(アリア発見も同様)
  • サンサがブライエニーの申し出を断った理由は、彼女はリトルフィンガーの捕虜であると認識しているため。これはブラックウォーターの戦い時、ハウンドが一緒に城を出ようと言ったことに同意しなかったことと同じ。サンサは逃ることで自分が危険に晒されることを回避した。






★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR