忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」をより楽しむことを目指しています。写真の合成加工作品も掲載。

第七章#1 気づきましたか?@ゲーム・オブ・スローンズ

ネタバレしてます。未見の方は注意。



スタートした「ゲーム・オブ・スローンズ」第七章。
私は気づかなかったんですが、驚くべき真実があったんですね。

ハウンドが旗印なき兄弟団と共に入った家。
家畜もなく、そこでは父親と娘の亡骸がありました。
もうずいぶん時間が経過したような亡骸の状態でした。

で、真実とは、その家はハウンドがアリアと共に第四章で訪れた家のようです。
覚えていますか?
ハウンドとアリアに声をかけた娘を連れた男がいましたね。
ハウンドとアリアは家に招待され、食事を振舞われました。
娘の作った美味しいシチューをご馳走になり、家の手伝いをして欲しいとハウンドたちは頼まれましたが、ハウンドがそこの家の金を奪って出て行った。

ハウンドが目撃した亡骸はその父と娘。


それで埋葬してあげたんですね。
そして、ハウンドが七神のお祈りをしてあげようとした理由も納得できます(慈母からの祈りがわからず割愛してましたが)

「どうせこいつらは死ぬ」とハウンドはアリアに言っていましたけど、現在のハウンドが二人の亡骸に対してどう思っているかが、あの埋葬のシーンに表されていたのでしょう。
恐らくは後悔の念が強かったかもしれません。
神が理不尽なのではなく、ハウンドが二人を死に追いやった。

レイが語っていた「死んだ者は生き返らないが、我々は善行を積むことができる」という言葉の通り、人々を救うために戦うことをハウンドは心から決意し、ミアのソロスはその気持ちを感じ取ったのかもしれません。






★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR