忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」をより楽しむことを目指しています。写真の合成加工作品も掲載。

最終章:シオンはあの時の言葉通りに@ゲーム・オブ・スローンズ

最終章のネタバレです。
未見の方は注意。


まず最初に、
ドラマのOPクレジットですが、あの映像はエピソードが進む毎に変化していることを気づいてますか?
下の動画は第一話と第二話のオープニングクレジットでの違いです。

ウィンターフェルの周りに堀ができたのは、私も気づいてましたけども、まだ色々変わっていたんですね。

第三話でも同様に、物語の進行具合に合わせて変化していました。
私が気づいた箇所は、
死の軍団を表現してるっぽい「薄いブルー」がウィンターフェルのすぐ近くに達していた。
地下墓所の様子が違っていた。

さて本題の”シオン・グレイジョイ”について。

今エピソードも細かしく、過去のコールバック的な要素が含まれていました。

シオンは第三話の死の軍団との戦いで、ブランの護衛に就いていました。
城の外でまずバトルが始まり、やがて亡者たちは城の壁を越えて入ってきた。徐々に「心の木」のある場所に死の軍団が近づいてきました。

夜の王も一緒。
ブランに近づく夜の王。
そこでシオンは阻止するため夜の王に突撃し、やられてしまいました。

この時のシオンと鉄の兵は第二章でウィンターフェルを占拠した際、シオンが「We die today brothers」と訴えた言葉通り、戦い死んだわけです。

そして第二章時、このようにシオンは続けました。
「We die bleeding from a hundred wounds, with arrows in our necks and spears in our guts. But our war cries will echo through eternity. They will sing about the Battle of Winterfell until the Iron Islands have slipped beneath the waves. Every man, woman, and child will know who we were and how long we stood」
訳:我々は首に矢を受け、腹は槍で刺され血を流し死ぬだろう。だが、我々の声は永遠に響き渡る。鉄諸島が波の下に沈むことになるまで、ウィンターフェルでの戦いは歌われるだろう。すべての男、女、子供たちは我々が誰であったか、どれほど戦い抜いたか知るだろう。


シオン・グレイジョイ。
彼ほど波乱万丈だったキャラクターはいませんでしたね。
人間の弱さを色々と体現した魅力的なキャラだったと思います。
アルフィー・アレンはそういう意味で演技力をかなり求められたと思いますが、見事に演じきりました。

シオンは第一章第一話から出演していたキャラクターです。
彼に対してムカついたり、同情したりと、こちらも感情が揺さぶられましたけど、彼の死は一抹の侘しさを感じます。








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR