忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

素朴な疑問シリーズ:キャスタミアの雨@ゲーム・オブ・スローンズ

今回は、「キャスタミアの雨」について触れたいと思います。

第三章でサーセイがマージェリーを半ば脅すような感じで「キャスタミアの雨」の説明をしました。
サーセイの説明通り、レイン家に関する歌だということはご存知だと思います。

まず、歌詞ですが
And who are you, the proud lord said,
that I must bow so low?
Only a cat of a different coat, that's all the truth I know.
In a coat of gold or a coat of red,
a lion still has claws,
And mine are long and sharp, my lord,
as long and sharp as yours.
And so he spoke, and so he spoke,
that lord of Castamere,
But now the rains weep o'er his hall,
with no one there to hear.
Yes now the rains weep o'er his hall,
and not a soul to hear.

大雑把な訳:
「お前は誰だ?」と言う主に跪く必要があるか?
違うコートを着てる猫でしかないのに
金のコートか赤のコートかの違い
主よ、獅子には爪があり、私の爪は長くて鋭い
あなたの爪の様に長くて鋭い
キャスタミアの主は語った、そう彼は語った
だが今は、誰も聞いていないホールで雨は泣き叫ぶ
そう、ホールで泣き叫ぶ雨を聞く魂は消えたのだ



そこで、こういう質問が。
◆「キャスタミアの雨」の歌詞の意味は何ですか?

最初に歌の背景を説明します。
レイン家とラニスター家は、どちらもウェスタロスで最も富裕で有名な一族でした。
ある晴れた日、レイン家はラニスター家に反抗し、トップポジションを主張しました。
タイウィン・ラニスターの父親は「The Toothless Lion(牙のない獅子)」と呼ばれ、彼に反逆しても成功すると思われていました。
しかし、タイウィン・ラニスターがレイン家の反抗を対処。
結果的にレイン家の者は全員虐殺されたのです。

歌詞の前半は、レイン家がラニスター家を打ち負かそうとしてる様子。
”金のコート””赤いコート”というのは、両家の旗印である獅子の色を指しています。
ラニスター家=金の獅子、レイン家=赤い獅子。



歌詞の終わりの部分。
レイン家の反乱が始まり、若きタイウィン・ラニスターは敵軍を粉砕し、キャスタミアの城を破壊。
歌は、天井が失われた城に雨が降っているが、その雨音を聞く者は誰もいない・・・つまり、レイン家は全滅したという意味です。






★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR