忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

マコーレー・カルキン、28年後の「ホーム・アローン」

マコーレー・カルキンと言えば「ホーム・アローン」(1990年)ですね。
日本では1991年の夏、劇場公開されました。

その映画の大ヒットで一躍有名子役になったわけですが、その後は両親のゴタゴタがあって、彼は映画界から一時引退。

10年後に「パーティ★モンスター」に出てましたけど、それもクセのある役でした。実在の人物を演じてたんですけどね。

そしてマスコミ等でも取り上げられたように、彼自身も色々ありましたね。
痩せ細って仙人のような容姿になっちゃったり、何か世捨て人のような雰囲気に。

音楽活動もやっていましたが、俳優に復帰・・・という流れ。
アメリカのトークショーなどにも出演し、すっかり健康そうな姿に戻ってます。
しかも「ホーム・アローン」の頃と変わらないような姿に驚き。

昨日アップされたGoogleの動画に出てます。
28年経ったマカリスター家では、相変わらずケビンはお留守番?
だけど今は便利なものが沢山~♪


アラフォーになったカルキン。
是非とも俳優で再び活躍して欲しいですねぇ。


■関連記事■
「子役はダメになる」って意見、どうなの?








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR