忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

音楽:Epic

久しぶりに音楽。

まぁ、少し映画にも関係するんだけども、「Epic」という音楽があります。
Epicっていうのは叙事詩を意味しているんですが、英語のスラングでは「最高だぜぇ~」みたいな意味で使われてたりするそうです。
「awesome」みたいなもんかな?
音楽の「Epic」というのは、壮大さなんかを表現することを目的にしてる音楽。

で、そのEpic音楽は映画の予告編で使用されることが多いんですね。
そもそも映画の予告編ってのは、映画制作会社ではなく予告編制作会社が作っているので、本編に使用されている音楽(サントラ)の権利は所有してません。
なので、予告編制作会社は独自で音楽を選び、使用許可なんかを得て予告編に使用してるケースもあります。

それと、映画音楽というのは(バックに流れる曲など)映画制作の最終段階の作業であり、劇場公開の数ヶ月前から映画館やテレビで流すための予告編制作には間に合わないから。
映画って、撮影後の作業の方が時間がかかるものなんですよ。
最初からメインテーマが決まってるような映画ですと、やはりメインテーマは映画のイメージに結びつくので、予告編でも流れたりしますけどね。

予告編で流れていた音楽が本編では流れないなぁ~、と思った人も多いかと思いますが、そういった理由からです。

映画の予告編っていうのは、映画の宣伝でCMなわけです。
だいたい90秒以下の長さですね。
その予告編によって「見たい」と思わせる必要があり、特にSFやファンタジーなどはその世界観を表現しなければなりません。
そこでEpic音楽は効果的に表現できますし、予告編音楽専門の会社が登場しました。

ということで、そのEpic音楽で有名なところを2つ紹介。
まずはTwo Steps From Hellです。



続いてAudiomachine


共に似たような姿が画像に用いられてますね。偶然です(笑)
この2つの会社は有名です。
聞き比べてみて下さい。

そして聞き覚えがあるかもしれない曲。
ディズニーの「シンデレラ」の予告編で流れていました。
Audiomachineの「AEON」という曲です。

あとAudiomachineは「アバター」の予告編の音楽も担当。



★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR