忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」をより楽しむことを目指しています。写真の合成加工作品も掲載。

「終わり良ければ~~」を台無しにした@ゲーム・オブ・スローンズ

最終章が終わり、「ゲーム・オブ・スローンズ」という物語を見届けました。
その最終章に関して「もしかしたら俳優たちも納得できていなかったのかも」と思えてきました。

以下はネタバレを含んでいます。未見の方は注意。

放送開始前のインタビュー。
俳優たちは口を揃えて「賛否両論になるだろう」と言っていました。「結末は素晴らしいが・・・」という前置きは、リップサービスだったでしょう。

「But(しかし)の前に言った言葉は重要じゃない」(byベンジェン・スターク)

ともかく、ツッコミどころ満載な最終章となりました。

◆何のために登場したのか・・・ゴールデンカンパニー
何の見せ場もなく終了。
可哀想過ぎる(苦笑)


◆「我が女王」しか言わなくなったジョン・スノウ
You are my Queen. She is my Queen. You are my Queen. She is my Queen. You are my Queen.
酷いものでした。

◆過去シーズンでジョンと夜の王が睨み合ったシーンに意味はなかった
堅牢の家と凍った湖で、ジョンと夜の王が向き合うようなシーンが挿入されていました。それで彼らが直接戦う伏線だと思い込んだファンが圧倒的だった。
「予想を裏切ってやったわ(ほくそ笑み)」by D&D

◆ブライエニーとジェイミーの絡みのシーンとは一体何だったのか
二人のむふふ♪なシーンから数時間後、ジェイミーは引き止めるブライエニーを振り切り、再びサーセイのもとへ帰ってしまいます。
コトが済んだら帰る男・・・最低!(苦笑)

◆ヴァリスの処刑は強引過ぎて唖然
第五話の冒頭のシーンから処刑に至るライン。
唐突過ぎて俳優もビックリし、呆れた様子だったらしいですね。
最も謎に満ちたキャラで、崇高な理想の世界を追い続けるヴァリスの真実に迫ることなく足蹴にされました。

◆なぜか急にアリアの比重が多くなっていた
展開上、明日死ぬかも・・・という状況だったにせよ、別に脱がせることもなかったんじゃないか?とも思いますけど。
ジョンの扱いが希薄になったり・・・偏りが過ぎる。

ブライエニーとアリアのロストバージンを描き入れなきゃ~って?
アホくさ。

◆六王国の王をアッサリ引き受けたブラン
「三つ目の鴉だから」と城主になることは否定していたけれど、六王国の「王」になることは、やぶさかではなかったらしい。

◆ジョンが「エイゴン」という名であることは重要じゃなかった
ジョンが「エイゴン・ターガリエン」という名であるとわかった際、ファンの間で色々な反応がありました。かなり盛り上がったんですよ。

このように、重要であると思わせただけで終了したことが余りにも多かったですね。死の軍団との戦いも、ハリウッド映画によくある使い古しのパターンでしたし(D&Dがスターウォーズに関わるからとか、そういう風にも言われ出してました)

原作を越えた第七章からガタガタになっちゃいましたねぇ。


海外ファンのキツイ指摘


◆無意味だったこと
・過去シーズンに於ける夜の王のストーリーライン
・ジョンがターガリエンである事実
・ブランが三つ目の鴉になったこと
・ヴァリスの処刑
・アリアが王都へ向かったこと
・ゴールデンカンパニー
・サーセイとジェイミーが一緒に退場したこと
・デナーリスの王都破壊
・最終章すべて
・D&D

◆最終話でなぜかドスラクと穢れなき軍団が大量にいた
第三話の戦いで相当数がやられたはずだったのに、最終話では圧倒するほどの人数が揃っていた。
これほどの矛盾を大々的にやらかすことに唖然とした。

◆夜の王は、我々ファンにとって正義の味方だったかもしれない
彼らは最悪なエンディングを防ごうとしていたんだろう。
夜の王が倒されてしまったのがファンにとって、不幸の始まりだった。

◆再び歩けないが飛べるだろう・・・ブランは単に鴉に潜っただけ
結局のところ、ブランが見たフラッシュバックは何の役にも立っていなかった。
ジョンが「エイゴン・ターガリエン」であるという真実さえも、ジョンの結末を見ればどうでもいいことだった。

◆スタークの子供たちは、結局再びバラバラになった
それまで描いてきたスタークの子供たちの過去シーズンのラインは、再びバラバラになるためのものだったことになる。
「孤独な狼は死ぬが、群れは生き残る」というネッドの言葉を無残にも踏みにじった結末。


       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

海外のファンは感情的になってると思いきや、冷静に過去シーズンのライン破壊を怒っているようですね。
そりゃ延々と長い年月をかけて見続けてきたのに、「それまでのこたぁ、どうでもいいんだよ」と言わんばかりな結末でしたからね(苦笑)








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR