忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

第八章 撮影情報のまとめと展開予想@ゲーム・オブ・スローンズ

昨年の10月頃から撮影が始まり、あと2~3ヶ月続くと思われます。
今までポツポツと撮影情報を取り上げてきましたが、細々としているため、現時点で一旦まとめてみたいと思います。

以下は第八章の撮影情報を含んでいます。
避けたい方は注意して下さい。


撮影情報


まず新しい撮影情報としまして、「ドラゴンピット」を設定しているイタリカ(セビリア)での撮影にアリア役のメイジー・ウィリアムズが含まれるようです。
これは、アリアがドラゴンピットに行くことになりますので、またしても色んな予測が出まくっています。

他のキャストの目撃情報はまだありません。
このセビリアでの撮影はあと10日ぐらいだと思います。

◆現時点での撮影情報のまとめ

・大々的な赤の王城のセットを建設。

・シオンとヤーラが一緒のシーンを撮影したらしい。

・ウィンターフェルのセットでバトルシーンを撮影。
(相手は死の軍団ではなさそう)

・ウィンターフェルが燃える。

・北部を設定していたのかは不明ですが、ジョン、ブライエニー、ジョラー等が冬のアイスランドでロケを行った。
(過去シーズンは壁の北側を設定しロケを行っていた)

・ドスラク人が死の軍団と遭遇。ドスラク人の一部は亡者となる。
(グリーンの衣装を着ているドスラク人に扮する人がいた)

・穢れなき軍団を撮影している時、投石器も登場。

・三本の炎の剣が登場。

・ジョンが赤の王城へ行く?
(赤の王城を設定していたクロアチアにてロケ)

・赤の王城のセットにドスラク人と穢れなき軍団がいた。

・赤の王城のセットに穢れなき軍団が占領している様子。

・ドラゴンピットを設定していたイタリカで再びロケ。

・パイクを設定し撮影した場所で、第二章以来再びロケ。

他、ほとんどのシーンはスタジオ内で行われているでしょう。
外で撮影を行っている部分しか情報が得られませんので、そこから何とか展開を紐解くしかありません。

第八章の展開予想


撮影情報から予想すると、赤の王城はデナーリスとジョンが占拠すると思えます。

サーセイは北部に協力すると嘘を言ったわけで、デナーリスたちと休戦する気はないことは第七章で明らかです。
死の軍団に対処するため、デナーリスも北部へ行くというところで第七章は終了しました。

第八章は死の軍団との戦いが始まり、それらとの戦いを全編的に描くだろうとの大方の予想でした。
しかし赤の王城にドスラク人、穢れなき軍団が到着した(らしい)撮影で、それらの予想は覆された格好。

私個人の想像として、ジョンは真の敵がサーセイであると知るのではなかろうか?と思ったりするんですよ。
当初は人類の共通の敵として「夜の王」を見据えて対処するでしょう。
しかし、私はよくあるSF映画の「宇宙人vs人類」みたいな展開にはならないと前々から思っていましたから、やはり「南に真の敵がいる」という展開になるんじゃないかと。

まず、ウィンターフェルが燃えるのは死の軍団によるものではなく、人間によって攻撃された結果では?と思います。
死の軍団に対処するため、ウィンターフェルを燃やして防衛するんじゃないか?という意見もチラホラありましたけども。

◆サーセイがジョンの怒りのスイッチを押す(?)


過去シーズン、ジョンの怒りのスイッチが入るケースが示されました。

そのジョンの怒りのスイッチが入ったシーンは、
第一章、アリザーが父エダードを馬鹿にした時。
第二章、”二本指”はジョンがキレて本気で戦うよう仕向けるため、親のことを侮蔑し続けて挑発。それにより、ジョンは我を忘れて二本指を本気で刺した。

ラムジーに対しては、リコンに行った行為への怒りで、指揮官としての任務を放棄して一人で突進しました。
そして、リコンやサンサを陥れた怒りでジョンはラムジーをボコボコに殴った。

第七章は「サンサを愛してる」と言ったリトルフィンガーに対しジョンは怒り、首を押さえつけ、「妹に触れたら殺す」と脅した。
同じく第七章、ジョンはデナーリスのドラゴン(ヴィセーリオン)を死なせた夜の王に向かって行き、睨んだ。

過去シーズンのジョンの怒りのスイッチを考えると、サーセイはジョンにとって大切な人を陥れる可能性があるかもしれません。

◆「勝つか死ぬか」


その台詞はドラマのベースになっていると思います。
権力争いに於けるラニスターの真理。
もしも赤の王城を実質的にサーセイが明け渡すとするなら、それは「敗北=死」に繋がっていることになります。
サーセイは生きたまま敗北を認めることはないでしょう。

ジョンたちはサーセイの死をもって勝ち取った展開になるかは不明であり、彼らはサーセイの「勝つか死ぬか」という考えを知りません。
城を明け渡せば、慈悲を示しヨシとするかもしれない。
血を流すことなく開城してくれれば平和的ですし(ジェイミーのリヴァーランでの開城と同様)

ラニスター家の敗北は「死」のみ。
サーセイが生存しているなら、それはラニスターの敗北には繋がらないことになります。
スタニスが王都を攻撃している最中、サーセイは敗北を予想し死を覚悟しました。
つまり、城を明け渡しただけでデナーリスの勝利ということにはならないと思います。以前予想が挙がっていたように、サーセイの罠である可能性はあります。

◆結末は第四章で示された


ファンの中には、「既に結末は第四章のジョジェン・リードによって示されていた」と予想している人もいます。

彼が「終わりが見える」として、燃えている右手を見ていました。


その後、三つ目の鴉のいる近くで亡者に襲われ、ジョジェンはミーラの手によって最期になったわけですが、森の子らが放った火の玉(?)で燃やされた。
自分の最期をジョジェンは見ていたとも捉えられますが、物語の結末の可能性もあるというものです。

つまり、炎によって終焉するんじゃなかろうか?ということです。

ファンが期待する展開にはならないかもしれない


サーセイに関して、魔女の占った言葉に固執するファンが実に多い。
それによって、サーセイはジェイミーによって殺害されるとの予想。もしくは、ジェイミーの顔を使ったアリアによる殺害。

原作ではサーセイの最期がどうなるのか魔女は予言しましたが、ドラマでは割愛していました。それでも尚、ドラマは魔女の予言通りにサーセイは首を絞められ終えると信じて疑っていないファンが多いですね。

私は原作を読んでいるファンが容易に予想できるオチになるとは思えません。
「ほら、やっぱりね」という展開をD&Dが採用するか、はなはだ疑問。

それと、ハウンドとマウンテンの決闘。
マウンテンは既に「人間」ではありません。
サーセイを守るための人造人間となっています。
個人的な感情でハウンドと戦う展開になるのは無理があります。
サーセイを守るための任務絡みではないと、マウンテンはハウンドと戦うことはしないでしょう。






★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR