忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

第八章 再びアノ人が登場するかも?@ゲーム・オブ・スローンズ

第八章の中身に関わる情報です。
ストーリーのネタバレではありませんが、避けている方は注意して下さい。

「ゲーム・オブ・スローンズ」の撮影をしているスタジオのあるベルファスト(北アイルランド)
そのベルファストのホテルに、とある登場人物が宿泊していたという情報が。
それは俳優本人がインスタに写真をUPしたため確定です(投稿は削除したようです。注意されたのかな?)



インスタに「ベルファストにいる」という情報を誤って投稿しちゃったのは、第七章で登場したレイガーを演じた方です。
それにより、第八章でもブランのフラッシュバックによって、再び登場するんじゃないか?という予想がされています。

嘘が真実になる


第七章の最終話、「ドラマに於いて重要なポイントを示したのではないか」という話も出ています。
それは「ロバートの反乱は嘘の話で起きた争いだった」ということ。

しかしロバート・バラシオンは、レイガーとリアナが互いに惹かれ合っていたことを知っていたのでは?という予想も出ております。
彼のターガリエンに対する憎悪は、婚約していたリアナを信じたい気持ちが強かったことの表われかもしれない。
「婚約者の俺を裏切ってレイガーの元へ行くわけがない」と。

エダードの父リカードが王都へ出向きました。
リカードも娘リアナは自分の意思でレイガーのところへ行ったことを知っていたにせよ、婚約者がいたリアナを連れ戻さなければならない。
貴族にとって、婚約は家同士の同盟にも繋がる重要なことで、簡単に破談にするわけにはいきません。

キャトリンは婚約者だったブランドンが死んでも、スターク家との関係を確固たるものにするため、弟のエダードと結婚しました。

奇しくも、婚約を一方的に反故にしたロブとタリサの密やかな結婚のシーン、そして同じく密やかに結婚したリアナとレイガーの結婚のシーンは重なっています。


さて、ブランのフラッシュバックで再びレイガーが登場する場合、どんなシーンであるのかはわかりません。
リアナとの関係は明らかとなったので、父である王エイリスのシーンに関わってくるのかもしれません。
エイリスがマッド化した経緯や原因が明かされるんでしょうかね?



第八章の撮影情報によると、ウィンターフェルが燃えます。
エイリスが「すべて燃やせ!」と取り憑かれたのは、ウィンターフェルの混乱がブランを通して影響したからでは?という予想が出始めてます(ホーダーと同じような現象)

勝者が語ることが真実になる


もしかすると、ドラマの重要なポイントは「嘘が真になってしまう」ということも含めているかもしれません。
嘘も百回言えば真実になるとか?
昨今「フェイクニュース」が取り沙汰されていますけども。

そして、戦争に於いては「勝者が正義」です。
戦争というのは勝者側から語られることが多いので、敗者は「悪」として語り継がれていきます。
先の大戦についても、連合軍はヒーローですし(苦笑)

「ゲーム・オブ・スローンズ」でも、そういった風に描いています。


スタークをジョフリー自身が倒したように表現している銅像。


「王になれば、事実は思い通りになる」とジョフリーに教えるサーセイ。


サーセイを悲劇のヒロインで美化するよう演じていた劇団。

こういうのはドラマだけではなく、世の常ですからね。
ヴァリスが語っていた「パワーとは何か」の下りと同様に、この世は「人の心でそう決めていること」という真理に根付いているんだと思います。

物事自体には良いも悪いもない。
その良し悪しを決めるのは人の心だということでしょうね。
その辺はやはりGRRM的な感じがします。








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR