忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

裏話:第五章#3~#4@ゲーム・オブ・スローンズ

第五章は大まかに言うと、多くのキャラクターにとって試練のシーズンでした。



◆第五章 第三話「雀聖下」
  • 新しく登場したキャラクター「ハイ・スパロー」の紹介のエピソード。
  • トメンと結婚したマージェリーの装いは、サーセイと似ている。これはマージェリーがサーセイに対して敵視する表れで、権力はサーセイからマージェリーに取って代わったことを強調させている。
  • このエピソードで、アリアは第一章最終話から着ていた衣装の変更。アリア役のメイジーは、今まで着ていた衣装との別れが寂しかったと話していた。
  • ヴォランティスのロング・ブリッジは、スペインのコルドバにあるローマ橋で撮影された。本物の橋の上にデジタルで建物を追加したショット。
  • ティリオンがヴォランティスで見かけた紅の巫女を演じたのは日本人の福島リラ(女優・モデルをやっている方です)ドラマでは初めて東アジアから起用した。
  • 第五章は新しいセットが多く必要であったため、ヴォランティス用のセットや衣装を作成する時間がなかった。そのため、今まで使用したセットや大道具を再利用した。ティリオンが入った娼館のセットは、第四章で登場したモールズタウンの娼館をそのまま再利用。エキストラが着ていた衣装は、ミーリーンと谷間で使用した衣装を併せたもの。
  • このエピソードで初めて「The North Remembers(北部は覚えている)」というフレーズが登場した。
  • ナイツウオッチの総帥となったジョン・スノウの命令に反発したジョノス・スリントへの処刑シーン。第二章ではイグリットへの斬首ができなかったが、今回は慈悲を乞うスリントに一瞬躊躇しながら、剣を振り下ろした。これは総帥としての義務を自覚したことを示す。
  • スリントを処刑するシーンでのジョンは、第三章でリカード・カースタークを処刑したロブと重ねている部分がある。
  • スリントは常々「王都には強力な友人がいる」と吹いていたが、誰を”強力な友人”として言っていたかは不明。「彼の脳内でサーセイを”友人”と勝手に思っていたのでは?」という意見がある。
  • ウィンターフェルのシーンで、ボルトンが大狼の像を壊したことがわかる。焼けた建物の修繕に忙しいため、完全に壊す余裕がなかったのか適当な感じで像が残っている。
  • トメンは第一章時、8歳の設定だった。ドラマはひとつのシーズンで約1年経過しているように描写されているため、第五章のトメンは12歳のはず。しかしドラマではトメンの年齢を調整して17~18歳に設定した。
  • サンサとボルトンのストーリーラインは、ラムジーのキャスティングが決まっていない段階の第二章で決定していた。




◆第五章 第四話「ハーピーの息子たち」
  • オープニングクレジットでドーンが初めて表示された。
  • 第四章でオベリン・マーテルは8人の娘がいると言った。彼女らは「サンド・スネーク」と呼ばれている。「サンド」はドーンに於ける落とし子の姓で、「スネーク」はオベリンが「赤い毒蛇」と呼ばれていることから「蛇(スネーク)」と名づけられた。
  • バリスタン・セルミーがハーピーの息子との戦いで死ぬが、バリスタンを死なせるかどうかは議論された。その結果、死なせることになった。
  • バリスタンの死は第六話に挿入される予定だった。しかし、シーズン全体の最終的な編集によって、第四話に移された。
  • 負傷したグレイ・ワームが目覚め、刺された時にミッサンデイに会えなくなる恐怖を抱いたと語った。穢れなき軍団たちは自己価値を抹殺している。そのことから、グレイ・ワームが自分の人格や自己価値を取り戻していることを示す。
  • 七神正教の”雀”に加わったランセル・ラニスター。彼が額に印を刻まれていたシーンで、痛みに耐えるために台に爪を食い込ませていた。ランセル役のユージンは役作りのため爪を伸ばし、実際に爪を食い込ませていた。そして指先から血が滲んだのは、ユージンの爪が割れ本当に血が出たため。
  • 原作によると、トメンが大聖堂へ向かっていた時に七神正教の雀たちに道を塞がれ、市民たちから暴言を吐かれたのは、彼の兄ジョフリーが聖なる大聖堂を血で汚したためと記述されている。彼らは、エダード・スタークの斬首を大聖堂で行ったことに関しても怒りを抱いている。
  • ジェイミーがドーンに来ていることをサンド・スネークにチクッたペントスの船長。砂に埋められていた時、彼のそばで動いていたサソリは本物。
  • サンサが墓所でリアナの像にキャンドルを灯した際、第一章でロバートがリアナに捧げた熱帯地域の鳥の羽を見つける。北部には生息していない鳥の羽であることから、サンサは不思議そうに見ていた。
  • その鳥の羽が落ちたままというのは、ブランたちがウィンターフェルから去った後、墓所は放置されていたことを示す。
  • ジョンが人員のための書類にサインをしているシーン。サムが次々に諸家の名を言っていたが、ドラマのプロデューサー「カールフィールド」も含まれていた。






★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR