忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

裏話:第四章#9~#10@ゲーム・オブ・スローンズ

第七章までの繋ぎネタですが、粛々と・・・(苦笑)



◆第四章 第九話「黒の城の死闘」
  • 原題のエピソードタイトルは「The watcher on the wall」で、ナイツウォッチになる際に宣誓する言葉から。
  • このエピソードは、第一章「王の道」、第三章「キャスタミアの雨」と同様に王都が登場しない3つ目のエピソードになる。
  • 第二章の「ブラックウォーターの戦い」に引き続き監督はニール・マーシャルで、今回の黒の城の戦いのエピソードは、取り掛かりから完成させるまで9週間要した。撮影は3週間で、戦いのシーンは2週間かかった。
  • 黒の城での戦いで360°のショットは、すべての俳優を配置したリハーサルを行ったが、完璧になるまでリハーサルは7回行われた。
  • イグリットが死ぬシーンでは、珍しくスローモーションを用いたが、そのシーンはジョン・スノウの主観となっている。ジョンたちの周りでは戦闘が続いていたが、無音にしたことで効果が出た。
  • そのイグリットが死ぬシーンは、イグリット役のローズにとって最後の撮影だったため、感情移入ができたと本人の弁。
  • 劇中に登場するフクロウは思うように動いてくれず、CGのフクロウにしようかと話をした時に、上手くフクロウは演技をしたらしい。
  • 驚いて逃げ出すマンモスを追いかける巨人が矢を撃たれて崩れ落ちるシーンは、映画「フレンチ・コネクション」の有名なシーンへのオマージュ。
  • マンモスに火の樽を投下し、マンモスをコントロールしていた野人に火が点いたシーンはデジタル加工ではなく、実際にスタントマンによる火だるま。そして逃げ出すマンモスに引きずられる野人のシーンは、スタントマンがトラックで引きずられていた。



◆第四章 最終話「世継ぎたち」
  • このエピソードは、これまでのシリーズの中で最長放送時間となった(66分)
  • エピソードの内容にも関わらず、皮肉にも2014年の父の日に放送された。
  • タイウィン・ラニスターが殺害され、バックには「キャスタミアの雨」が流れる。その曲はレイン家に対するラニスター家の勝利の歌だが、タイウィンの無慈悲な虐殺と自身はトイレで殺される屈辱を皮肉る側面がある。
  • 原題のエピソードタイトルは「チルドレン(子供たち)」で、血縁関係の娘・息子だけではなく、デナーリスにとってのドラゴン、ハウンドが保護者代わりになっているアリア、リトルフィンガーと関わるサンサ、そして森の子らを指している。
  • マウンテン役のビョルンソンは、こん睡状態で横たわっている撮影中に本当に寝てしまった。サーセイ役のレナが演技している時、イビキをかいて撮影を中断させることになり、スタッフから起こされた。
  • ドラゴンの「ドロゴン」は、言語学者によると文法の規則により「ドロゴ」と言うべきだとしていたが、D&Dは混乱を避けるために「ドロゴン」と呼ばせることにした。
  • ハウンドとブライエニーが戦うシーンはアイスランドで撮影された。その場所の岩はとても硬くて鋭かったので、二人は撮影中に怪我を負った。
  • ハウンドがブライエニーを蹴るシーンは蹴っているフリをしているように見せないため、クリスティー(ブライエニー役)の膝の間にベルトを渡した。それによって、ハウンド役のマッキャンはクリスティーを蹴ることなく全力でベルトに向かって蹴ることを可能にした。
  • ブライエニーに剣を突きつけられたハウンドが手で剣を握るシーンは、映画「ロブ・ロイ」のリーアム・ニーソンのシーンを参考にした。
  • 北アイルランドのロケ撮影で使用した馬をアイスランドへ輸送することは法的に制限されているため、ブライエニーとポドリックが朝目覚めたら馬がいなくなったという設定にした。二人が朝起きたシーンは北アイルランドで撮影したが、ブライエニーがアリアを発見したシーンはアイスランドでの撮影だったため。
  • 谷間の山岳地帯はアイスランドで撮影している。
  • アリアのシーズン最後の台詞は、第二章、第三章に引き続き、第四章も「ヴァラー・モルグリス」だった。
  • ブランたちを襲う亡者は、それまでとは違い骸骨のような姿で動きも速かった。その亡者はストップモーション・アニメーターの巨匠レイ・ハリーハウゼンによる「シンバット七回目の航海」「アルゴ探検隊の大冒険」に出てくる七人の骸骨騎士へのオマージュ。
  • その骸骨のような亡者はCGではなく、グリーンの服を着たスタントマンによる。
  • 赤の王城には秘密の通路が多くあり、ティリオンはそこを通って王の手の部屋へ行った。エダード・スタークとヴァリスの会話をリトルフィンガーが知っていたのは、その通路を使ってスパイが部屋での会話を傍受していたことがわかる。
  • ティリオンがシェイの首を絞めることになった金のネックレスは、第三章でティリオンがシェイに贈ったもの。
  • 原作とテレビドラマでは、ティリオンが父タイウィンを殺害する動機が大きく異なる(ドラマではティリオンが王の手の部屋へ行った理由が不明なまま)







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR