忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」をより楽しむことを目指しています。写真の合成加工作品も掲載。

メインストーリーをクリア。私が「ウィッチャー3」に惚れ込んだ理由

メインのストーリーは終わりました。
子供の頃、「次はどうなるの?」と夢中になってページをめくりながら本を読んでたのを思い出させるゲームでした。

そして、ああいうバトルで締めくくるのは、お約束でもありますね。でも捻りのある終わり方が良かったですね。
プレーに関しては、リトライせずバトルを終えられたことに満足してます。

敵さん、硬過ぎ(苦笑)
剣がビックリするくらいボロボロになってた。
途中で剣を替えていたらもう少し早く倒せたのかなー?

プレーして印象深いのは、ゲラルトさんが旅をしてる感じに浸れる音楽と自然の音、足音の効果が素晴らしいことですね。

特に「The Fields of Ard Skellig」という曲が流れてる時なんて、気持ちが穏やかになりますね。ゲームでそういう風になれるなんて思ってもみなかった。

「頼むから今は怪物出てこないで~!」と(苦笑)
風景を堪能しながら、ひたすら歩かせていたい。
現実の自分ができない旅をまるで疑似体験してるようで、ホント幸せな気分になるんです。

そこでまた、曲からイメージした合成加工画を。

※クリックすると大きく表示されます。

The Fields of Ard Skellig


この曲はずっと聴いていられる。

鳥のさえずり、風の音、草や木が揺れる音。
怖いくらいの雷の音もですが(落雷のような音はビビる)
製作サイドの拘りを感じますねー。

もちろん、二周目を始めます。
初見では混乱してた部分も多かったので、今度はじっくりと。
あとはサイドストーリー的な話が二本ありますので、そっちもプレーし始めました。ゲラルトさん、顔の傷が増えちゃった。









★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR