忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

夜の王の罠、そして人間に学ばせてる@ゲーム・オブ・スローンズ

第七章のネタバレです。未見の方は注意。



先日、当ブログで「夜の王はすべて知っている」にも書きましたが、やはり夜の王はブランを利用してイーストウォッチの北へジョンたちを誘き寄せた・・・という意見が多いですね。

しかし、夜の王は殺害や陥れることだけを行っているようには感じません。
振り返ると、ホワイトウォーカーと直接戦うことで人間が学ぶよう仕向けているのかも・・・と思えるところがあります。殺さずに、あえて逃がすことも。

「戦い方を知る必要があるな」byスタニス・バラシオン

第三章:
サムはジリの赤ん坊を奪いに来たホワイトウォーカーと対峙。
サムは剣で果敢に立ち向かいましたが、剣は粉々に。
しかしホワイトウォーカーはサムを払いのけただけで、殺すことはしませんでした。
それでサムは持っていたドラゴングラスを背後から刺し、ホワイトウォーカーを倒せることを知った。

第五章:
堅牢な家。
野人たちを船に乗せてる最中に夜の王が現れました。
これもジョンたちがそこへ来ることを事前に知っていて、絶妙なタイミングで現れたと言われています。

ホワイトウォーカーが現れたことで、ジョンはドラゴングラスを拾おうとします。
そのドラゴングラスに手を伸ばしていたジョンは、やはりホワイトウォーカーから払いのけられます。殺そうとするなら、そこで刺すはずです。
ホワイトウォーカーはジョンを突き飛ばしたりしながら、外に出たジョンを追いかけ、ジョンはロングクロウで応戦。
結果、ヴァリリア鋼の剣によってホワイトウォーカーを倒せることを知った。

第七章の第六話は重要なエピソードだった



ジョンが率いるグループは亡者狩りへと向かいました。
これはまさに、夜の王が誘き寄せたことです。
ブランは自分が見たヴィジョンが夜の王に見せられていたことを知らないようです。

ハウンドが炎の中で見た矢じりの形をした山。
これも夜の王が見せたことになります。
結果、ジョンやベリックらはイーストウォッチへと集まった。

彼らが最初に発見した、一人のホワイトウォーカーと少人数の亡者。
これはジョンたちにとって目的を達成できるようにと夜の王が与えた獲物であり、そして夜の王も必要なものを得るための罠でした。

ホワイトウォーカーをジョンが斬ると、亡者も一斉に崩れました。
しかし、一体だけ崩れませんでした
まるでジョンたちに「こいつを連れて行け」と言わんばかり。
ですから、一緒にいたホワイトウォーカーと繋がっていない亡者をあえて一体加えていた可能性があるとも言われてます。

その後、ジョンたちは亡者たちに追いかけられ、凍った湖の真ん中で立ち往生。


幸いにも亡者たちの重みで氷が割れ、中央へまで行けない状況となったのですが、ここで疑問を抱く人もいるようです。

「夜の王なら、湖を凍らせることなど容易ではないか?なぜ湖を取り囲んだまま亡者を待機させてたのか?」

その疑問への答えは、「夜の王はドラゴンが来るまでの時間稼ぎをしていたから

夜の王は壁を越えるためにドラゴンが必要だった。
しかも最初からヴィセーリオンを狙っていたので、地上に降りていたドロゴンを狙うことなく上空を飛んでいたヴィセーリオンを目掛けて槍を飛ばした。


人間をやみくもに殺す目的なら、最初にドロゴンに向かって槍を投げていたはずです。

次はドロゴンを狙うように槍を構えましたが、「さっさと立ち去れ」という意味もあったでしょう。槍を投げてもドロゴンには命中しないことは知っていた。
ジョンは湖に落ちましたが、タイミングよくベンジェンが現れた。
すべては計算されていたこと。
ヴィセーリオンを湖から引き上げるための鎖も予め用意していたことがわかります。

そして、やはりこの件でも、死の軍団との戦い方を人間は学びました。
ホワイトウォーカーを倒せば、それと繋がっている亡者も一緒に崩れるということ。

ブランは見たヴィジョンを詳しく理解してない

夜の王は計画性があるようです。
「ブラン=夜の王」は、ブランが腕につけられた印が大いに関係しているかもしれない。しかも、洞窟にいた三つ目の鴉はブランが印をつけられることがわかっていました。
彼の役目は、夜の王からブランが印をつられるようにすることだったのかも。

木の根が絡みついていた三つ目の鴉にできず、ブランができることは、
・壁を越えて人間の住む場所へ行けること。
・人間と直接コンタクトが取れること。



三つ目の鴉は一度たりとも「人間を救う」とは言ってません。
夜の王から斬られた三つ目の鴉は、課せられていた長い長い時を終らせてもらったのかもしれません。
森の子らは亡者に襲われましたけど、亡者は襲うことが仕事(?)ですから、ブランを無事に逃さなければなりませんでした。

さて現在のブランは自分が見ているヴィジョンが断片的であり、時間軸やその背景などは理解できていないようです(第七章時点では)

これはメリサンドルが炎の中に見ていたヴィジョンを正しく解釈できていなかったことと同じかもしれません。
スタニスを約束された王子だと思い込んでいたのと同じ。
ブランはジョンがレイガーの落とし子だと思い込んでいました。
そこへサムが登場したことで、ブランのヴィジョンと本の記録を併せていくことができるかもしれませんね。


現時点で私が想像してるのは・・・
夜の王が動き出したのは、ゴールデンカンパニーのウェスタロス上陸と何か関係があるのかなぁ~とか思ってみたりして(苦笑)






★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR