忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」をより楽しむことを目指しています。写真の合成加工作品も掲載。

最終章 #5@ゲーム・オブ・スローンズ

最終章スタート前から予想はされていた展開ですが・・・。


以下はネタバレです。
最終章未見の方は注意。



デナーリスはミッサンデイを失ったことで、憤怒を抱き始めていました。
しかしそれはサーセイに向けたものだけではなかった。
グレイワームも怒りに支配されている状態。

ジョンの出生の真実に関して「誰にも言うな」とデナーリスはジョンに口止めしていましたが、結局ジョンがサンサとアリアに話し、それがティリオンに伝わりヴァリスも知ることとなりました。
それによってヴァリスは、玉座に相応しいのはジョン(エイゴン・ターガリエン)だということで画策し出した。

そんなヴァリスの思惑を知ったデナーリスは、第七章で言ったように生きたままドラゴンの炎によって処刑。
ってことは、視聴者はヴァリスの謎がわからぬまま終焉しちゃうんでしょうか?
魔術師に去勢された時、青い炎は何を言ったのか?とか。
ヴァリスは平和な世を望んでいました。誰も虐げられない世界をと。

何故ヴァリスはウェスタロスで崇高な世界を望んでいたのかさえ、わからないまま。ヴァリスは何か小鳥や手紙を使って動いていたようなので、彼が目指していた崇高な世の中への足がかりになるのかな?

そして、王都へ向かってたジェイミーはデナーリスらに捕まり囚われていた。
サーセイのために王都へ戻るジェイミーは、北部で共に戦っても敵扱いに。そんなジェイミーをティリオンは逃がします。
すべては生まれてくる新しい命を守るため。

王都ではゲート内に住民を閉じ込め始めていました。
罪もない市民を巻き添えにしないだろう・・・というのがサーセイの目論見。
海やゲートの上では、ドロゴンを狙う「サソリ」が数多く待機。



ゲート前にゴールデンカンパニーが整列し、デナーリス側も穢れなき軍団、ドスラク、北部の兵士が整列。互いに睨み合う。
そこへドロゴンに乗ったデナーリス登場。

ユーロンの艦隊を撃破し、王都のゲートも爆破。その爆破によりゴールデンカンパニーは吹き飛ばされた。
これでデナーリス側の陣営は突進します。
王都の中に入るとラニスター軍が控えていましたが、彼らは武器を捨て降伏。
「降伏」の鐘が王都に響き渡った。

ジョンにしてみればほぼ無血での終わりですし、これで赤の王城を占拠できるので安堵していた様子でした。
ティリオンもジェイミーがサーセイを城から連れ出し、無事にエッソスへ亡命できると思ったでしょう。
ところが!!

デナーリスは目的を達成しながらも、様々な感情に襲われたようです。そして彼女は憤怒に突き動かされてしまった・・・。
デナーリスの無差別攻撃が開始された。

兵士だけじゃなく、王都に住む住民たちも犠牲となった。
もうこれは殺戮です。

ジョンは衝撃を受けた。

サーセイを抹殺するため、アリアはハウンドと共に王都内にいました。
しかしデナーリスの攻撃により、ハウンドから逃げるよう強要される。
アリアの「サンダー、ありがとう」という言葉。ハウンドの本名を言ったことに意味がありますね。
「ハウンド」はアリアがキルリストに入れてた名前。
だからこそ、彼に対する感謝は本名を言ったのでしょう。

そのハウンドは兄マウンテンとの対決。
クァイバーンは「自ら創造したものに滅ぼされる(フランケンシュタイン)」を地でいき、呆気なく終了。
ハウンドとマウンテンは戦ってる最中、共に城から落下し炎に包まれ終了。兄弟の確執の発端が「炎」であり、二人一緒に炎の中へ・・・という展開は唸れました。

ジェイミーはサーセイを連れて、城の地下から脱出を試みるも、脱出経路は崩れて塞がれていた。崩壊が始まっている中、二人は一緒に終了(?)

アリアは逃げ惑う人々に押し潰されそうになる。
ある母子を連れて逃げようとしましたが、二人とも犠牲になってしまった。
アリアはそんな人々の無残な死を目にする。

瓦礫の中からアリアは立ち上がり、目の前に(恐らくゴールデンカンパニーのリーダーが乗ってた)白い馬が現れ、アリアはその馬に乗って走り去る。
その白い馬に乗ったアリアは第四章最終話のラストを彷彿させますね。

デナーリスは父親同様、マッド化したようです。
恐怖によってウェスタロスを支配する・・・と決意したのでしょうか。
守るべき市民までも巻き込んだのは、受け入れてもらえてない憤りもあったからでしょうか。
予想はしていましたが、残念です。
エミリア・クラークは脚本を読んだ際に混乱したと語っていたのですが、恐らくこの展開に衝撃を受けて戸惑ったんだと思います。

夜の王はこうなるとわかっていましたね。
(北部でのバトル当時)ここで生き残った人間は、亡者と同様に王都で殺戮を始めるということを。
何とも言えぬ皮肉です。



原作者のGRRMが事前にD&Dに語っていた3つの衝撃的なことのひとつは「デナーリスは市民を巻き込んで攻撃する」だったそうです。
他の2つはシリーンの死とホーダーのこと。

今回のデナーリスの件も、小説で描く内容だそうです。
経緯は違うにしろ同じだそうですよ。

反戦主義者であるGRRMの皮肉に満ちたデナーリスの攻撃です。
日本も先の大戦で全国各地、空爆を受けました。
米兵は眼下に非武装の市民が数多くいることを知りながら、焼き尽くしました。
日本人ならそれを想像してしまうシーンだったと思います。

ベトナム戦争でもそうでした。
米兵はアメリカの正義の名の下に殺戮を繰り返してきたのです。
本当の敵は何なのか・・・幼い子供も敵なのか。

デナーリスのファンは落胆してることでしょう。

アリアは凄惨な場面を眼にしました。
彼女は矢を放ってデナーリスを抹殺するかもしれない。
デナーリスが一本の矢で狙われる・・・というような伏線は第七章にありました。
それと白い馬はアリアにとって新たなる目的への出発を意味するのかも。

余談:
クロアチアにて。サーセイとジョンが赤の王城で会ってるような撮影は、カモフラージュだったのかぁ~~~。


■関連記事■
最終章#5「The Bells」を解説してみる


最終話の予告


恐怖で支配しようとするデナーリス。
ここからどうなるんでしょうかね?
彼女は七王国の正式な女王の座に就くかもしれませんが、民はそれを許さない・・・って流れになりそう。
ところが、そんな予想を裏切りデナーリスが玉座に座って終了だったり?







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR