忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

裏話:第五章 #7~#8@ゲーム・オブ・スローンズ

裏話は、月イチのペースで掲載中。



◆第五章 第七話「贈り物」
  • エピソードタイトルは、ジョラー・モーモントによるデナーリスに引き渡すティリオン、リトルフィンガーがオレナ・タイレルに対して提供したサーセイ・ラニスターを陥れる情報を指している。北の壁の南側にある”ギフト”は含めていない。
  • このエピソードでティリオンは原作を通り越した。
  • ジョラーとティリオンがミーリーンではない場所で奴隷として売買されたように、ミーリーン以外では奴隷制度が続いていた。
  • 奴隷商人湾に面する都市では、親方の呼び方が異なる。ミーリーンは「偉大なる親方」、ユンカイでは「賢明なる親方」、アスタポアでは「善き親方」
  • 予選の闘技場のシーンで、ジョラー役のイアン・ギレンは左目付近に怪我を負った。そのため、そのシーンの前に撮影した闘技場の後のジョラーのシーンは、デジタル修正をしなくてはならなかった。
  • メイスター・エイモンはドラマ上、初めて自然死を迎えたキャラクター(キャトリンの父親の場合は、生前のシーンはなく死後に登場しただけなのでカウントしない)
  • ゴーストに扮している狼はカナダのカルガリーの動物プロダクションに所属しており、大型の動物を国際輸送することは制限があるため、ゴーストのシーンはカナダで撮影された。これは、第三章で熊と決闘するブライエニーのシーンで、熊はアメリカにいたため俳優がアメリカに行って撮影したことと同じ理由。
  • ウェスタロスでは落とし子に合法的に家名を与えたとしても、相続人としては正当な夫婦の間で生まれた子の下に位置づけられる。ルース・ボルトンと妻ウォルダの間に子供ができたことで、サンサは遠まわしにラムジーの立場の弱さを指摘している。
  • ラムジーがサンサに、ジョン・スノウがナイツウォッチの総帥になったことを教える。このエピソードの時点で、サンサにとって居場所と生存がわかる唯一の身内。
  • ドラマの1シーズンは時間経過として約一年としているが、ジリの赤ん坊は第三章で生まれたにも関わらず、第五章でも赤ん坊のまま。
  • タイエニーを演じた女性は、オーディションを受けた時点で「ゲーム・オブ・スローンズ」を見たことがなかった。
  • サーセイがマージェリーに会うため大聖堂へ行ったが、サーセイはハイ・スパローによって捕らえられた。サーセイには王の楯などの警護がいなかった点を指摘する視聴者もいた。
  • オレナ・タイレルが着ていた服の色がラニスター家を考慮した色合いから、タイレル家の色になったことで、彼女がラニスターを完全に敵視し出したことがわかる流れ。



◆第五章 第八話「堅牢な家」
  • 原作では視点としてのジョン・スノウは「堅牢な家」には出向いていない。
  • 堅牢な家でのバトルシーンのシークエンスは、大掛かりな脚本の書き直しを経たため、シーズン撮影の終盤に行われた。
  • 今まで壁の北側はアイスランドで撮影されていたため、堅牢な家も同様にアイスランドで撮影する計画だった。しかし、脚本の書き直しにより大規模なシークエンスになると決まり、北アイルランドの黒の城のセットがある採石場で撮影が行われた。
  • 脚本の書き直しにより、第五章の後半、ナイツウォッチのストーリーラインでいくつかの連続エラーが生じている。
  • 堅牢な家でのバトルシーンは15日費やした。エキストラは約400人中、戦闘アクションのテストを行い220人が選ばれ撮影に臨んだ。スタントマンは50人参加。
  • 亡者が現れ、野人たちがパニックになり海岸のボートに乗ろうとして殺到し、舟の一部が転覆するが、これはスタッフがロープを引っ張り転覆させた。そのため、水中にはレスキューのダイバーが待機していた。
  • 亡者が襲いかかり、逃げ出そうとする野人たちを出入り口を塞いで締め出したシーン。最初は野人たちのパニックになった声が響き渡り、やがて無音になるという展開はホラー映画からのアイディア。実際にその場面が映し出されない故に、恐ろしさを引き立てる。
  • 堅牢な家にいた野人の衣装は6種類の異なる衣装を着ている。これは6つの大きな部族に分かれていることを示す。
  • このエピソードで、ヴァリリア鋼の剣でホワイトウォーカーを倒せることを示した。
  • トアマンド役のクリストファー・ヒビュは、鎧骨公を殴りつけるシーンの撮影でスティックを4本壊した。
  • 野人の上の者を集めジョンが話をしていたシーン。マンス・レイダーをジョンが弓で撃ったと告げた後、野人たちが騒ぎ出した時に後方にいた野人役の女性が「You fucking cunt!」と大きな声で叫んだ。あまりにもクリアに聞こえるため、その音声を後で消した。
  • 野人のカーシに襲い掛かった亡者の子供は、ティリオンのスタントをやっている23歳の男性。撮影にかかる時間が長時間になるため、子供とは違って制限を受けないから。
  • このエピソードで、初めて明確に夜の王の姿が示された。
  • ティリオンがデナーリスに姉のサーセイは夫を殺したと話したが、サーセイが直接ティリオンにそのようなことを話したシーンはない。
  • ティリオンとデナーリスの共通点。母親は出産後に死亡し、父親はラニスターに殺された(ティリオンは自分で父親を殺害したためだが)デナーリスは兄から、ティリオンは姉から蔑視されていた。
  • サーセイが地面にまかれた水を直接飲むシーン。地面はプラスチックでできており、衛生面の配慮がされていた。







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR