忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」をより楽しむことを目指しています。写真の合成加工作品も掲載。

第八章(最終章)は2019年?@ゲーム・オブ・スローンズ

第七章の放送がまだ一ヶ月以上も先で、散々待たされたような気分でいるのですが、第八章(最終章)は更に待たされる可能性が大きいようです。

「Entertaiment Weekly」はHBOのCasey Bloys氏にインタビューを行いました。
そこで第八章やスピンオフについて質問をしています。


「ゲーム・オブ・スローンズ」は妥協しないセット造りや海外ロケまで行い、壮大な映像と複雑に絡み合った登場人物によって描かれてきたドラマ。
そして、ドラマであろうと映画並みの完成度のものが製作できると示した先駆けのドラマだと語っています。
E.Wのインタビュアーの方は、それらの話から第八章は2018年ではなく2019年の放送になるのではないか?としています。

第七章の放送時期が夏になったのは、真冬の撮影を行ったためです。
第六章までは9月~12月が撮影期間でしたが、第七章は9月~(今年)2月まで撮影が行われました。それに伴い、放送開始時期は春ではなく夏になったわけです。

第八章の撮影も例年通り9月から始まるという話なんですけど、夜の王との戦いが中心になるでしょうから、真冬の撮影期間が増えるのかもしれません。
前々から第八章は2018年の冬(11月、12月あたり)に放送開始かも・・・と言われていましたけども、2019年にズレ込む可能性はあります。
新年早々からスタートなのか、もしくは春からなのかはわかりませんが、第七章以上に待つことになるのかなぁ。

第八章は6話ですが、ブラックウォーターの戦い、ナイツウォッチと野人の戦い、堅牢な家での戦い、落とし子対決のようなスケールで大半が描かれるということであれば、製作時間は確かに必要になりますね。
D&Dも以前から、最終章は最も制作費がかかると語っていたようですし。

んん~、第六章から第七章までのオフ期間、私はブログでネタ探しに明け暮れていたようなものですが(苦笑)、結構大変でしたので、第七章から第八章までブログとしてどうしようか、ちょっと悩んでます(-公-、)


ところで話は変わりますが、サーセイ役のレナさんがインタビューで語っていたこと。
印象的でしたので紹介します。

(サーセイは)子供たち全員を失ったことで人間性も消えた。彼ら(子供たち)が去り、父親が去り、ティリオンも去って、彼女に「愚かしい」と気づかせる者がいなくなった。

かつてサーセイはティリオンとの会話で「子供を持っても幸せではなかったが、生きる理由になった。子供たちがいなかったら、私はとっくに窓から飛び降りていた」と言っていたのを覚えてますか?
三人の子を亡くしたサーセイは、僅かに残っていた人間性が消えたということを想像できますね。
愚かなサーセイでも、少し同情してしまうわぁ~。  







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR