忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

裏話:第一章#3~#4@ゲーム・オブ・スローンズ

昨日に引き続き―

◆第一章 第三話「冥夜の守人」
(原題のエピソードタイトルは、”スノウ閣下”です)
  • 原題のエピソードタイトルは、アリザー・ソーンがジョンに嫌味として言った「スノウ閣下」からつけられた。
  • 主要キャストのうち、このエピソードにはシオンとハウンドが出ていません。
  • 王都の赤の王城に到着したエダードを出迎えた雑士を演じていたのは、ドラマのキャスティング・デレクターです。
  • このエピソードは、2011年2月2日に亡くなった”ばあや”役のマーガレット・ジョンの思い出に捧げられた。
  • デナーリスが発音として教わっていたドスラク語の「athjahakar」は「誇り」という意味。第三章でもミッサンデイから同じ「athjahakar」で発音を再度教わる。
  • 結局、ブランを殺害するための刺客は誰が仕向けたのか不明のまま。
  • 死人が出なかった最初のエピソード。第一章では唯一。
  • アリアがナイフでテーブルを刺している朝食のシーン。サンサ役のソフィー・ターナーが初めて撮影したシーンだった。
  • プロデューサーはシリオ・フォレル役の俳優に髪を剃って欲しいと思ったが、結局モサモサ頭でOKとなった。


◆第一章 第四話「壊れたものたち」
(原題のエピソードタイトルは”不自由、落とし子、壊れたもの”です)
  • 第一章の主要キャスト全員が登場するエピソードです。
  • このエピソードで初めて「グレイジョイの反乱」「マンス・レイダー」について言及された。
  • アリア役のメイジー・ウィリアムズとサンサ役のソフィー・ターナーは馬上試合のリハーサルに出てなかったため、ジョン・アリンの従士だったヒューの血塗れを見た反応は演技ではなくリアル。
  • 高所恐怖症のサムが初めて壁の上へ来たシーン。撮影は暑い日で、凍えそうなほど寒そうに見せるのは苦労したらしい。
  • ジョンとサムが黒の城のエレベーターに乗っていた時、機械的な故障で一時間以上閉じ込められた。怪我をした場合に備えて、スタッフは看護師をスタンバイさせた。ジョン役のキットは看護師を見て不安になったらしい。
  • エダードとサーセイが会話をするシーンは、第一章で最初に撮影したシーンだった(パイロット版は別として)









★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR