忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

裏話:第一章#1~#2@ゲーム・オブ・スローンズ

第七章までの繋ぎとして、今までのエピソードの裏話を紹介します。
日本のwikiにも一部紹介されていますが、それ以外の裏話を。

◆第一章 第一話「冬来たる」
  • このエピソードでは、パイロット版で撮影されたシーンも含まれていることはご存知だと思います。そのパイロット版を使用したシーンは、ウィンターフェルの陰窩で、王ロバートが王の手にエダードを指名したシーン。宴会でのエダードとベンジェンの会話シーン。宴会でサンサがサーセイに挨拶をしたサンサ自身のシーン(キャトリンとサーセイは後からの撮影。パイロット版はエダードもベンジェンも髪型が違うのでわかります)
  • ティリオンがロスと一緒にいるシーンは、ティリオンが誰でどのような人物かを説明するために加えられた。本来の初登場シーンは、宴会の最中にジョンの前に現れる場面の予定だった。
  • 第一章では、ティリオンとシオンの髪の色が数パターンある。
  • 王ロバートがウィンターフェルに到着し馬から降りるシーン。彼の衣装はとても重く、三人がかりで馬から降りた。その部分は編集でカットして繋げた。
  • ドロゴとデナーリスの結婚披露宴で、ドロゴを演じたジェイソン・モモアはアドリブで「i te haka」と言った。その言葉には英語での字幕もありません。これは、マオリ族の言葉で「戦いの踊りをやめる」という意味らしい(モモアさんは、オーディション時に”haka”を披露しました。ラグビーの試合とかでご存知の方も多いでしょう)
  • ブランが塔から落ちるシーンは、数パターン撮影された。落下していくブランの姿は、女性のスタント。
  • ブランが落下した壊れた塔は、その後ブランの寝室のシーンで使用された。
  • ジョン・アリンの遺体が安置されていたシーンは、殺人の被害者を画面上に出すお約束として取り入れた(自然死・病死ではないという意図)

◆第一章 第二話「王の道」
  • サーセイがキャトリンにロバートとの子の話をしますが、原作ではサーセイはロバートの子を産んではいません。しかし、ドラマでは後にサーセイとロバートはその子供の話をするので、キャトリンに同情していると見せかけた作り話ではない。
  • 第一話のオープニングクレジットで、ジョラー・モーモント役のイアン・ギレンにはモーモント家の熊がなかったが、第二話から熊がついている。
  • 共演のキャストによると、ショーン・ビーンは他人のサンドイッチを盗み食いしていたことで知られていた(苦笑)
  • 王都への道中、ロバートとエダードが二人で話をしてるシーンでは、ジェイミーが傍で立っている設定だったが、スケジュールの都合でジェイミー抜きになった。
  • サーセイのカツラが傾いてるシーンがいくつかある。


次回は第三話と第四話の予定です(これで何とか7月まで繋げられるかな?)







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR