忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

素朴な疑問シリーズ:ブライエニー編@ゲーム・オブ・スローンズ

第七章の放送まであと半年もありますので(苦笑)、その繋ぎで「素朴な疑問」を取り上げていきたいと思います。
勝手に”シリーズ”と銘打ちましたが、どこまで続くかは私もわかりません(笑)

海外のサイトで「Quora」という、ユーザー同士によるQ&A主体のサイトがあります(「ゲーム・オブ・スローンズ」だけを扱っているわけじゃありません)
そこは疑問や質問のスレッドが立ち、ユーザーが意見などを書き込んでいます。
セオリーとは違いますので、個人的な意見が中心です。

その中から、私個人が注目したQ&Aを取り上げたいと思います。
今回は「ブライエニー」に関して。

◆なぜブライエニーは「ブライエニー・オブ・タース」と呼ばれてるの?

・タース家としてだけではなく、出身地であるタース島をも含めているため。

・騎士は「○○○の騎士」と呼ばれることが多いので、そういった類と同じで「ブライエニー・オブ・タース」と呼ばれているのだろう。


◆ブライエニーとジェイミーはお互いに恋愛感情がある?

※この疑問には沢山の意見が寄せられていました。二人の関係は案外注目されてるのかも。


◎肯定派の意見:
・サンサやアリアを捜しに出発したブライエニーを見送るシーンに表れている。
特にジェイミーの表情。

そして、ドーンへ向かうために乗った船からタース島を見たジェイミーの表情。それは、ブライエニーをリスペクトしてるだけではない感情がある表情だった。

・ブライエニーと接し、ジェイミーは大事なことをブライエニーから目覚めさせられた。
ジェイミーにとってブライエニーは特別な存在となったけれど、彼はサーセイ以外の女性を知らないため、それが「愛」だということを本人はわかっていない。
一方のブライエニーは、自分を過小評価している部分がある(特に女性としての魅力は皆無だと思っている)
女騎士になるということは、女としての生き方を放棄した。その生き方に徹しようとしている。
だから、女として抱く想いを押さえ込んでいる。

・原作者はラブロマンスを主に書いているわけではないので、二人の関係はロマンチックな表現にはならないが、互いに愛を抱いていると思える。


◎否定派の意見:
・ジェイミーは誰よりもサーセイを愛している。
ブライエニーは今でもレンリー・バラシオンを想い続けている。彼の王の楯になったのは、それだけ彼に対する愛が強かったから。

・ジェイミーはブライエニーをリスペクトしてはいるだろうが、それは「愛」ということとは違う。

☆☆☆☆☆
読んでいると、否定している人はジェイミーはブライエニーをリスペクトしているものの、サーセイへの愛情の方が強いという意見が多いです。

私は概ね肯定派の意見に同意(・・・というか、そうであって欲しいという願望)

ストレートに愛情を示せない二人・・・という感じがロマンチックじゃないですかぁ~(苦笑)

ジェイミーがドーンへ行く途中でタース島を見た時もそうですし、リヴァーランから舟で去るブライエニーを見送る彼の表情は温かく穏やかでした。
だからか、なんとなくジェイミー&ブライエニーを応援したくなっちゃう。

ちなみに、原作を読んでるという人からは「ジェイミーはブライエニーに強い愛を抱いている」という風に書き込まれていました。
その方曰く「ジェイミーはサーセイのオモチャ(操り人形?)でしかなかったと自覚する」とか。
具体的なことが原作には書かれているのかどうか私はわからないんですが、ドラマは文字での表現と違って、俳優による演技から推し量るしかないですからねぇ。

さぁ、ブライエニーとジェイミー・・・どう思いますか?






★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR