忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」をより楽しむことを目指しています。写真の合成加工作品も掲載。

終わりなき「MGSV:TPP」ヴェノムよ、永遠なれ

我が家の「MGSV:TPP」はストーリーがストップ、FOBもやってません。しかし、連れはサイドオプスを含めフリーミッションを続けています。
コントローラーの不具合が生じたりしましたが、何か少し直ったっぽい。
勝手に左へ動いてしまう動作が軽減した模様。

もうTPPのストーリーは関係ありません。
連れはコツコツと動物保護や優秀な兵士回収、拠点・監視所の制圧などを続けている状態ですね。
ガッツリとゲームに取り掛かってる時間がないからってのもありますし。

でも私は、そういう楽しみ方もアリな気がしました。
報復とか復讐とか、そんな要素はもういらない。
ヴェノムさんはヴェノムさんでいい。


※「真のボス」ヴェノム…ってイメージで作成。

連れはメタルギアのストーリーを全然知りませんから、「アウターヘブン蜂起」も知りません。連れにとって、ビッグボスは完全にヴェノムさんなんですよ。

そして思ったんですけど、私がヴェノムさんを好きなのは、彼が寡黙であることと連れのプレースタイルによるのかも。

羊を追いかけて体当たりされるヴェノム。
MBで雑談してる部下にデコイを投げて気絶させるヴェノム。
MBでデコイ人形を出しまくり「待たせたな」「いいセンスだ」とうるさくするヴェノム。
やたら「クワイエット」と声掛けするヴェノム(DDの時も声掛けしてやれよ)
アフリカンピーチを命がけで採取するヴェノム。

…これらによって独自にキャラが形成されているんだと思います。
プレーヤーによってヴェノム像が作られる要素もあるな、と。

敵兵の会話で「角が生えた人間が~」というのを聞いて、ご満悦な連れ(笑)
「どうやら俺は恐れられてるようだな」って自分のことのように…。

連れがこのゲーム自体に飽きるまで、プレーし続けそうです。
各班のレベルは頭打ちになるでしょうけどね。

ダイヤモンドドッグズは声帯虫の件が収まり、割と平穏な状況(子供の一部が逃げ出したままですが)
でも、カズ、オセロット、クワイエット、ヒューイ、コードトーカー、(生意気な)イーライはMBにいる状態です。我が家のMBはこれでいい。

そう言えば、ウォーカーギアを使ったことがないな(苦笑)








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR