忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

スピンオフのパイロット版情報@ゲーム・オブ・スローンズ

昨年、スピンオフ製作に関してお伝えしました。
第八章の放送もまだまだ先ですが、今回はそのスピンオフのパイロット版に関する情報が入ってきました。

※画像:キングスメンより

当初、スピンオフを担当する脚本家の名が挙げられました。
どうやら、パイロット版は「ジェーン・ゴールドマン」+GRRMということになりそうです。

以前出ていた情報として、「ゲーム・オブ・スローンズの終了後、一年間はスピンオフの放送はしない」ということでした。
その計画には変更がありませんので、スピンオフは早くても2020年の放送ということになります。
しかし、「ゲーム・オブ・スローンズ」最終章の放送終了後にキャスティング、パイロット版製作をスタートさせた場合、2020年の放送は厳しいかもしれません。

肝心のパイロット版の中身ですが、海外メディアによりますと―

・GOTの時代よりも数千年前で、英雄の黄金期から最も暗い時代が舞台。
・ウェスタロスの悲惨な歴史。
・ホワイトウォーカーの真の起源。
・東側の謎(※エッソスのことでしょう)
・伝説のスターク家に関して。
・多くのファンが知っている物語ではないこと。

――だそうです。
念を押しますが、これは正式なスピンオフの中身ではなく、パイロット版に関してです。

「ゲーム・オブ・スローンズ」は、物語として数年間のことを8年かけて描き続けています。スピンオフのパイロット版は長期間に渡る物語?
時代設定は、恐らく最初の人々と森の子らが協定を結んで争いが終了した後から続いた平和な時代、そして「長き夜」の訪れ、「夜明けの戦い」とその後かも。

スターク家は最初の人々が祖先ですので、ウェスタロスで最も古くから続く貴族です。北部以外の貴族は、「夜明けの戦い」の後にウェスタロスへやってきたアンダル人が祖先。
ですからアンダル人は登場しないのかもしれません(アンダル人の侵攻も含めば別ですが)

そして、東側の謎・・・ということでエッソスに関しても触れるようですけど、繁栄していたヴァリリアやターガリエン家について描かれるかは不明です。

で、「ホワイトウォーカーの真の起源」という部分ですが、「第六章でブランが見た通りなんじゃないのか?」という疑問もわきますよね。

さて、女性であるジェーンさんが脚本に加わったことで、GOTとは大きく異なる作風になるかもしれないです。
彼女が脚本を担当した映画で有名なのは「キック・アス」「X-MEN」「キングスメン」ですが、どれもテンポが良い脚本です。


D&Dが描き続けてきた、ドロドロ感が軽減されるかも(?)








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR