忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

裏話:第二章#3~#4@ゲーム・オブ・スローンズ

第七章まで100日をきりましたね♪

◆第二章 第三話「鉄の決意」
  • 原題のエピソードタイトルは、溺神のフレーズ「死せる者は死なず」です。
  • ティリオンが同盟を結ぶためにミアセラを結婚させるとパイセル、ヴァリス、リトルフィンガーに話した。これは誰がサーセイに情報を漏らしているかを調べるためでもあったが、「バリウムミールテスト」と呼ばれ、実際に諜報機関で使用されていたやり方。
  • ヴァリスがティリオンからミアセラをシオン・グレイジョイと結婚させると聞かされたシーンで、ヴァリスは困惑した表情だった。なぜなら、ティリオンが先にパイセルに話した「マーテル家に嫁がせる」という件を既に知っていたから。
  • サーセイに情報を漏らしたことで、パイセルがティリオンに捕らえられるシーン。パイセルは人前で弱った老人のフリをしてますが、この時ばかりは弱々しくすることを忘れ、素に戻って抵抗した。
  • パイセルがティリオンから捕らわれる直前、娼婦と一緒にいるシーンではパイセルは全裸の予定だったが、当人と彼の妻の反対で服を着ている設定になった。
  • サーセイがミアセラをドーンへ行かせるというティリオンの計画に腹を立て、ティリオンを責めるシーン。サーセイはティリオンを突き飛ばしたが、これは脚本にはなく、サーセイ役のレナ・ヘディのアドリブだった。ティリオン役のピーター・ディンクレイジは素で吹っ飛んだ。
  • キャトリンがロブの代理としてレンリー・バラシオンに会いに行くシーンは、ストームエンドで馬に乗っている予定だったが、予算の都合でストームエンドは導入されず馬もなしで徒歩になった。
  • キャトリンとレンリーがテントに戻る際、レンリーは「祈る」と言ったが、原作でも頻繁にロラスと一緒に過ごす時間を「祈る」と言い換えて使用している。
  • マージェリーがレンリーに迫るシーンは、マージェリー役のナタリー・ドーマーが初めて撮影したシーンだった(最初の撮影で裸になったんですね)
  • ロラスとブライエニーが武術試合をしているシーンは撮影自体が遅れていた。ロケ当時、北アイルランドはハリケーンの余波で暴風雨と寒さが厳しかったが撮影しなければならなかった。
  • その撮影では、襟ぐりが大きく開いた衣装を着ていたマージェリー役のナタリー・ドーマーは誰よりも寒さで大変だった。彼女が台詞を言った際、息がほんのり白かった。
  • ロケの際、強風によってテントや衣装が飛ばされた。
  • サムがジリに母親の指ぬきを渡したシーン。当初は「君のために戻ってくる」という台詞のみだったが、深みを与えるシーンにするよう製作側から言われ、書き加えられたもの。
  • レンリーが臣下の足の怪我について気遣っていたシーン。レンリーはジョフリーとは異なる性格を示したもの。
  • シオンがロブ宛の手紙を燃やしたシーンは、印象的なシーンを挿入するため追加撮影されたもの。
  • シオンが溺神の儀式を行うシーン。撮影監督は黒澤明をリスペクトして旗が早くたなびく描写にした(らしい)
  • 「力とは何か」を問いかけるヴァリスのシーンは、原作者ジョージ・R.R・マーティンが小説の中でも最も重要な場面であり、主題的な問いかけであると指摘した。
  • ジェンドリーを捜しにきた兵士との戦いのシーンは、大規模な戦闘シーンにするはずだったが予算の関係でカットされた。
  • ヨーレンがアリアに復讐したい相手の名前を唱えたという話は、D&Dによって書き換えられた。当初アリアはホットパイと対話するシーンの予定だった。
  • アリアの”ニードル”を奪ったポリヴァーの台詞とロミーを刺すシーン。後のシーズンで既に概説されていたため、伏線として導入された。

◆第二章 第四話「光と影」
  • 原題のエピソードタイトルは「Garden of Bones」(骨の庭)で、クァースが旅人に門を閉じるたびに骨の庭が広がる・・・という話からきている(邦題はメリサンドル関連になってますが)
  • メリサンドルが影を産んだシーンで、その意味がわからなかった視聴者はドラマ放送後に騒いだらしい。
  • ジョフリーの命名日祝いにとティリオンによって娼婦二人が贈られ、ジョフリーは娼婦のロスにもう一人の娼婦を叩くように要求するシーン。鞭の後に杖が渡されたが、撮影では枕を叩いていた。それで杖の枝角が枕に刺さり、いちいち枕から抜いていた。
  • メリサンドルはスタニス・バラシオンを「煙と塩の中で生まれた」と言っていたが、ドラゴンストーンがそういう場所であったにせよ、スタニスは他の兄弟と同じでストームエンドで生まれた。








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR