忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

裏話:第二章#1~#2とおまけ@ゲーム・オブ・スローンズ

第二章に突入しました。

◆第二章 第一話「王の乱立」
  • 原題のエピソードタイトルは「北部は覚えている」です。これは北の王ロブ・スタークを筆頭に、エダード・スタークを処刑したラニスターに対する北部の反乱を指していて、「冬来たる」や「ラニスターは常に借りを返す」と同じで、警告として用いる(相変わらず邦題は雰囲気重視ですねぇ)
  • 第二章から主要キャストが25人に増えた。
  • オープニングクレジットには、新たにサム、ジオー・モーモント、ブロン役などの俳優が追加表記された。
  • ティリオンが赤の王城へ到着し、ジョフリーの命名日の祝いの席に登場したシーンでは鎧を身につけていた。それは、ジョフリーがエダードを処刑したことによって、ラニスター軍が北部軍と戦わねばならなくなったことを示すもの。そのため、ティリオンは「戦場で(ジョフリーを)見かけなかった」という嫌味を言う。
  • メリサンドル役のカリス・ファン・ハウンテンは第一章で別のキャラクターを演じる予定だった(サーセイ役とも言われている)が、彼女のスケジュールと撮影日が合わせられず断念。第二章の撮影中、再び彼女にオーディションを頼んでメリサンドル役が決定した。
  • ティリオンが王の手の部屋に入った時、ジョン・アリンの死後に引き継いだエダードも死ぬまで短期間であったと象徴するように、鳥の絵が壁に描かれたまま。
  • メリサンドルらがドラゴンストーンで燃やしていた七神の像は、木製のように見えるが石膏でできていた。
  • クラスターの砦には、監督の娘が二人出ていた。

◆第二章 第二話「粛清」
  • 原題のエピソードタイトルは「ナイト・ランド」で、ドスラク人が死後に行くとされている場所。
  • 偵察に行ったドスラク人の青年が殺害され、頭部だけが戻ってきたシーンは、第三話に入れる予定だった。
  • スタニス・バラシオンの娘シリーンを登場させるかどうかは議論された。
  • ナイツウォッチからの手紙が届いて小評議会に披露されたが、本当はアリザー・ソーンが直々に届けるシーンを入れる予定だった。しかしスケジュールの矛盾があったため削除した。

【おまけ】
HBOのプロモらしいです。
GOTからも何人か登場してますよ。さぁ誰が出てるでしょう?

相変わらず、ブランは白目むいてます(苦笑)







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR