忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

裏話:第一章#9~最終話@ゲーム・オブ・スローンズ

地味に続けています(苦笑)

◆第一章 第九話「ベイラー大聖堂」
  • 原題のエピソードタイトルはエダードがヨーレンに叫んだ「ベイラー」です(邦題は大聖堂という場所を指していますが、原題はベイラーの像を指しています。大した違いはなさそうに思えますが、意図することが異なります)
  • ジョン・スノウがジオー・モーモント総帥からロングクロウを受け取ったシーンは、第八話に入れる予定だったらしい。
  • ティリオンがブロンや谷間の部族らと共に北部軍と戦うため出陣した直後、ティリオンにハンマーが直撃して気絶したシーン。本当はその「グリーンフォークの戦い」を撮る予定だったが予算の都合で割愛。それでティリオンを気絶させた。
  • ティリオン、ブロン、シェイがゲームをするシーンは、カット不足のために追加撮影。寒い夜のテントの中で撮影したとの監督談。

◆第一章 最終話「炎と血」
  • ショーン・ビーンは最終話にもクレジットされていた。登場したのは頭部の作り物だけ。
  • ブロン役のジェローム・フリンもクレジットされていたが、登場しません。
  • エピソードタイトルはターガリエン家の標語。
  • アリアが王都から北へ向かう最後のシーン。拘束された囚人の中にジャクェンがいるが、正式なキャスティングをしていなかったためにフードを深く被っている。
  • 北部はかつて跪いたターガリエン家がほぼ滅亡し、スターク家と結びついていたロバート・バラシオンの死により、借りのある南の王がいないということもあって、北部の諸侯はロブ・スタークを「北の王」と宣言した。
  • 訃報を聞いて黒の城から飛び出し、南へ向かおうとしたジョンを追いかけるサムたちのシーン。サムが木の枝に引っ掛かって落馬するのは脚本にはなかった。実は撮影時の照明が貧弱で、サムに扮した女性スタントがリアルに木の枝に引っ掛かって落馬してしまった。それで急遽、サムが落馬したという設定に変更して、付随するシーンを撮影し直した。落馬したスタントは大怪我をした。
  • ジョフリー役のジャック・グリーンソンは、自分で玉座に座る姿勢を必死に考えた(体を傾けるという座り方ですね)
  • タイウィン・ラニスター役のチャールズ・ダンスは、ワインを飲んでいるシーンでは葡萄のジュースを飲んでいた。
  • スタッフたちは黒の城と高巣城のセットを懸命に造り上げたが、第二章で使用しないことを嘆いた。
  • ドロゴを火葬しデナーリスが現れる最後のシーンは、日の出の時間帯に撮影しなくてはならなかったため、三日かかった。










★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR