忍者ブログ

awesome的な

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を深く掘り下げ、ドラマをより楽しむことを目指しています。

裏話:第一章#7~#8@ゲーム・オブ・スローンズ

第七章までの繋ぎ的に紹介してます。

◆第一章 第七話「勝つか死ぬか」
  • このエピソードタイトルは、サーセイの台詞からつけられた。
  • ラニスター軍のキャンプシーンは、第八話のシーンを使用。そのため、冒頭に谷間の部族が映っている。
  • タイウィン・ラニスター役のチャールズ・ダンスは、実際に鹿をさばいている。
  • ティリオン・ラニスターが出ていないエピソードのひとつ。
  • 「ジェイミーとタイウィン」「オシャ、シオン、メイスター・ルーウィン」のシーンは、エピソード全体のカット不足で追加撮影されたもの。

◆第一章 第八話「進軍」
  • エピソードタイトルの原題は「尖った先端(The Pointy End)」で、ジョンがアリアに”ニードル”を贈った時のアドバイスからつけられた。
  • アリザー・ソーンはジョン・スノウを嫌っている。彼はターガリエン側でロバートの反乱を戦っていたので、ロバート側で戦ったエダード・スタークに反感を抱いていた。そのエダードの落とし子であるジョンを蔑視していたと言われている。
  • 元々このエピソードでは、投獄されたエダード・スタークが登場する予定はなかった。しかし、多視点の物語ながらもエダードは主人公であると視聴者が認識するため、登場させることになった。
  • 原作では、シリオ・フォレルと戦うマリーン・トラントたちはガッチリと鎧などで装備していなかったため、シリオは彼らに大怪我を負わせることが可能だった。その点をドラマでは変更し、木製の剣を持つシリオが不利であると容易にわかる設定にした。
  • アリアが城から脱出するシーンは、時間の都合で大幅にカットされた。
  • エダードが拘束されてた牢獄は、ウィンターフェルの陰窩と同じセット。
  • このエピソードの脚本を書いたのは原作者であるジョージ・R.R・マーティンだが、彼はコストがかかる脚本を書くことで有名。だからか、ロブ・スタークの呼びかけでウィンター・フェルに集まる北部の諸侯たちの諸々のシーンは、コストがかかり過ぎるものだった。そのため、大幅に割愛された。
  • ティリオンがブロンや谷間の部族たちを連れてラニスター軍のキャンプ地に到着するシーン。ティリオンとブロンは本来馬に乗っているはずだったが、予算がなかったために徒歩になった。
  • ティリオンがワインに手を伸ばし、タイウィンがワインをわざと遠ざけるようなシーン。脚本には書かれていないアクションだったが、ジョージ・R.R・マーティンは彼ら父子の関係を端的に表しているとして気に入ったらしい。








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

PR